マレーシアのお土産にもらったナシゴレンの素でチャーハンを作っていただく!これは美味しい!

投稿日:

久しぶりの深夜の飯テロネタです。

夜な夜なブログを書いているとお腹も減るわけです。ということで、今回はマレーシアのお土産にもらった「ナシゴレンの素」で炒飯を作っていただいてみたいと思います。

これがまた美味いんだ!

ナシゴレンの素

今回いただくのはこちらのナシゴレンの素。

なんと味の素が作っています。これは間違いないでしょう!

だって「世界のAJINOMOTO」ですから。

あ、ナシゴレンというのはマレーシアのチャーハンのことです。

ナシ(ご飯)+ゴレン(炒める)=ナシゴレン(チャーハン)

マレーシアのナシゴレンは、民族によっていろんな味付けがあります。

このナシゴレンの素は「CINA(チナ)」と書いてあるので、中華系マレー人たち好みの味付けです。

中華系の人たちが好きということは、もちろん日本人の口にも合うはず!

では早速作ってみましょう!

 

ナシゴレンの作り方

裏を見ると、マレーシア語と英語で作り方が書いてあります。

簡単なんでイラスト見ればわかります。

①  好きなものを炒める。

②  卵を投入。

③  白ご飯を投入。

④  ナシゴレンの素を投入。

ざっくり言うとこんな感じです。

説明ではミックスベジタブルと鶏肉を使うようになっていますが、家にあるもんでOKです。

材料は、冷蔵庫の中にあった使いかけの玉ねぎと人参に決定。

あと鶏肉がなかったので、ツナ缶を使ってみました。

そして出来上がったのがこちら。

なかなか美味そうでしょ?!

あ、そうそう。冷凍庫にあったコーンも入れてみましたよ。

とっても良い香りです。

お味は?

ではでは、いただきます!

うん。間違いない美味さです。普通にめっちゃ美味しい炒飯です。

中華風ナシゴレンなので、変にスパイシーだったりすることなくとってもマイルド。

パクパクっといくらでも食べれてしまう味です。

味付けは、このナシゴレンの素だけ。

なので誰が作っても間違いなく美味しい炒飯(ナシゴレン)になります。

後日、鶏ハムと桜えびのナシゴレンを作ってみたのですが、これまた絶品でした。

基本どんな材料でも美味しく仕上がるんじゃないかなと思います。

このナシゴレンの素は、炒飯だけでなく他の料理にもアレンジできるようです。焼きそばなんかにも合いそうですね。

残念ながら、この味の素の「ナシゴレンの素」は、日本では手に入りません。

マレーシアに行かれる方はぜひお土産に買ってみてくださいね。

マレーシアのお土産にいただいたこちらのミーゴレンも最高レベルの美味さでしたよ!

まとめ買い推奨です。笑

マレーシアのお土産でもらったインスタント袋麺のミーゴレンが激ウマだった件

Copyright© たびハック , 2018 All Rights Reserved.