100均ダイソーで揃えるトラベルグッズ23選。本当におすすめできるか実際に使って検証してみた!

旅に持っていくトラベルグッズ。最近では100円均一でも良い商品が揃っているので、近所の大きなダイソーに行っていろいろ買ってきました。そして実際に使えるのか奥さんと試してみました。

ダイソーで揃えるトラベルグッズ23選

快適グッズ編

①  ネックピロー

まずは飛行機内で快適に過ごすグッズから。長距離移動の伴う海外旅行の場合は特に機内の快適グッズは必要ですよね。

快適グッズの定番ネックピロー。

落ち着いた赤色のボーダー柄の可愛いネックピローです。こちらは300円の商品です。100円の商品と比較してやはり値段分作りがしっかりしています。

手触り?肌触りは100均の商品と思えないほど良い感じです。サイズは少し小さめです。男性の僕が着けてみるとちょっときつい感じ・・。デザインも含め女性向けかもしれません。

ただし、無印良品のネックピローなどと比べると、着け心地・気持ち良さが全く違います。長く愛用したいなら、ちょっと高いネックピローがおすすめです。「今回の旅行で使えれば良いかな」という方にはおすすめです。

②  耳栓

続いては耳栓。機内でぐっすり休むための必要アイテム。意外と飛行機のエンジン音って大きかったりします。また寝ていると赤ちゃんの泣き声が気になったりします。

着け心地フィット感は・・普通です。完全にシャットアウトすることはできませんが、かなりの音を遮断出来ます。

こちらは2ペア入りなので、カップルや夫婦の旅行でも使えます。ケース付きなので無くす心配がありません。ギューギューに詰め込めば4つ同じケースに入ります。

③  折りたたみスリッパ

続いて、けっこう機内での重要なアイテムだったりする折りたたみスリッパです。こちらはデニム素材のスリッパ。巾着も同じ生地(デニム)で作られていてなかなかお洒落。お値段は200円。

実際に履いてみるとこんな感じ。トゥ部分にはリボンが付いており可愛いデザインです。

思ったより生地が厚めなので履いているとあったかいです。機内はけっこう寒いので厚手のスリッパはありがたいですね。縫製もしっかりしておりこれはかなり使える感じでおすすめです。

長く使えるネックピローやアイマスクなど機内快適グッズについてはこちらの記事にまとめています。合わせてお読みください。↓
飛行機で快適に寝るための安眠グッズ|長時間フライトやトランジットも快適に。

パッキング用品

④  衣類圧縮袋

こちらも定番のトラベルグッズ。

圧縮袋を使うことでスーツケースのスペースを開けることができ、限られたスペースでもたくさんの荷物を入れることができます。

ダイソーにはMサイズ(縦42cm × 横35cm)とLサイズ(縦60cm × 横50cm)と2種類サイズがあります。

おすすめは手で押して空気を抜くスタイルの圧縮袋です。掃除機で吸うバルブが付いているタイプもあるんですが、旅先に掃除機があるとは限りませんので・・。

⑤  ジップロック

続いてはフリーザーバッグ。ジップロックです。

実はこのジップロック、旅行の際すごく便利なんです。

  • 濡れたものを運べる
  • 大切な書類など濡らしたくないものを入れれる
  • 機内持ち込みの液体用に必須

洗面用品やお風呂用品など完全に乾ききってない状態で次の目的地へ移動しなければいけないとき、ジップロックがあればバックパックやスーツケースを濡らすことなくパッキングすることができます。また、パスポートのコピーや海外旅行保険のコピーなど濡らしたくない大切な書類を入れておくと安心です。

国際線の機内持ち込みルールで液体を持ち込む時には、必ず透明のビニールに入れるようにしなければなりません。

サイズ違いを何枚か持っておくと重宝します。

⑥  透明化粧ポーチ

中身の見えるポーチも重宝します。いちいち開けなくても外から何が入っているのか見えるのでごちゃごちゃせずに済みます。

こんな感じで化粧品や衛生用品を入れるのに便利です。※国内線の場合ジップロックに入れなくてもOK。

手荷物検査のときに見せるように言われても見せやすいですしね。

⑦  100ml小分けボトル

先ほどの透明ポーチの中に入っていたアイテム。100mlの詰め替え容器です。

なぜ詰め替え容器が必要かというと、国際線の場合、持ち込める液体は1つあたり100ml以下で合計1ℓ以下に制限されています。

なのでローションやヘアスプレーなどの液体はこのような詰め替え容器に移し替えて持って行きましょう。

スプレータイプとキャップタイプがあるので用途に合わせて選びましょう。

⑧  ピルケース

こちらのピルケース。お薬を入れるのに使う人も多いですが、女子にとってとても便利なアイテムなんです。

このように、アクセサリーの収納にすごく便利なんです。旅先でもお洒落を楽しみたい。

⑨  ポーチ

こちらはスクエア型のポーチ。収納力がかなり高いので便利です。

ガジェットをまとめるのに使えます。デジカメの充電器2つ、MacBookの電源アダプター、ハードディスク2つ入れてもまだまだ余裕。かなりの容量です。

かなりしっかりしているスクエアポーチ。お値段はちょっとだけお高めの150円です。

⑩  折りたたみエコバッグ

海外は日本以上にエコ意識が高いところも多く、レジ袋を禁止しているところもあります。

お土産などを買ったときに使えるエコバッグも1つカバンの中に入れておきましょう。

こちらのエコバッグは、広げるとかなり大きくなります。2ℓのペットボトルも余裕で入っちゃいます。

ただ惜しいポイントは、取っ手が小さいので肩にかけることができないこと・・。女性は大丈夫なんですが、男性は入らないので、重たい物を入れると持ち運びに疲れそうです。「ダイソーさん、もう少し取っ手のサイズを大きくして欲しいです!」

スリ対策・防犯グッズ

⑪  スーツケースベルト

これもスーツケース利用者にとっては定番のアイテムですね。

僕もスーツケースを持って行く時には必ずスーツケースベルトをするようにしています。空港で危険物チェックで開けられてファスナーが壊されたりしたときなど応急的にベルトで抑えることができるので持っておくと安心です。

また防犯面でも付けておくと安心です。

100均のスーツケースベルトは果たして使えるのか?答えはYESです。実際僕もネパール旅行に行く時など100均のスーツケースベルトを使っていますが全く問題なく使えています。

⑫  貴重品ウェストポーチ

こちらはスリ対策グッズとして使える、超薄型のウエストポーチです。薄型なので服の下に入れることもできます。

2つポケットが付いており、奥の大きめのポケットはお札や航空券のチケット、手前の一回り小さいポケットはパスポートがぴったり収まるサイズになっています。

ただ、ちょっとベルト部分がちゃちい感じなので、長持ちするアイテムではないかもしれません。

⑬  財布

海外旅行のとき、どうでもいい財布ってかなり重宝します。どうでもいいって失礼な表現ですが。

支払いのたびに、カードや大金の入ったお財布を出したりしまったりしているとスリに狙われやすくなります。

こんな感じで少額の紙幣とコインを入れてポケットに入れておけるので便利です。メインの財布は安全な場所に置いておきましょう。

これなら、もしスリにあっても、被害も最小限に抑えることができますし、愛着のある財布ではないので諦めがつきます。

100円の財布は絶対に持って行くべきおすすめアイテムです!

⑭  カラビナ

カラビナを使って貴重品や鍵など繋いでおくと安心です。

このダイソーのカラビナはネジ式ロック付きなので、普通のカラビナと比較して外すのに時間がかかり防犯面でも効果が期待できます。

⑮  南京錠・ワイヤーロック

南京錠はバックパックやカバンのファスナーを止めるのに使えスリ対策に有効です。ただし鍵を無くしてしまうと開けることが出来なくなるので最悪です。出来ればダイアル式のものがおすすめです。

そしてワイヤーロックは、空港などでスーツケースごと盗難にあうのを防止することができます。

詳しい使い方はこちら。↓
中国の空港で寝る時に注意すべきこと4つ!&お役立ちアイテム!

おすすめの防犯・スリ対策グッズについてはこちらに詳しくまとめています。合わせてお読みください。↓
海外旅行で実際に役立つ簡単なスリ対策と効果的なグッズ6選。

衛生用品

⑯  除菌ウェットティッシュ

可愛らしいディズニーのウェットティッシュが置いてありました。小分けで小さいサイズになっているので、バッグのポケットにも入り便利です。

⑰  綿棒

いろんな場面で活躍する綿棒。こちらは個別包装になってるので衛生的にも安心。

⑱  コップ付き歯ブラシ

外国の水道水は基本的に飲用不可。口をゆすぐだけでも危ない国も多くあります。

ミネラルウォーターで歯磨きをする際、コップがあると便利です。

⑲  シリコン製たためるコップ

もう一つコップつながりで、以前ご紹介したのですが、ダイソーのシリコン製たためるコップです。使わ無いときはペタっと平べったくなり場所を取りません。

空港での歯磨きコップなどに便利です。

詳しくはこちら。↓
百均 折りたたみコップ|ダイソーのシリコン折りたたみコップが旅に便利と僕の中で話題!

⑳  ボディータオル

ボディータオルって海外でなかなか手に入らないところも多いんですよね。そもそも欧米人はタオルなどで体を洗う習慣がなかったりする場合もあるので・・。

旅行先で使って、帰りは捨てて帰ってくることもできるのでおすすめです。

㉑  コンパクトタオル

こちらも以前ご紹介したアイテム。水で戻して使うタイプの圧縮タオルです。

サイズ的に全身を拭くタオルとしては使えませんが、顔を拭いたりおしぼり的な感じで使ったりと便利です。

詳しい使い方はこちら。↓
百均 旅 便利グッズ|ダイソーの”コンパクトタオル”が何気にすごかった件

㉒  洗濯ロープ

こちらは海外旅行者の中で特に人気の高いアイテム。「ハンガーが横ずれしない洗濯ロープ」です。

普通のロープにハンガーをかけると重みで真ん中付近に滑り落ちてきてしまいますが、このロープはハンガーを固定することができるのでしっかり間隔をあけて洗濯物を干すことができます。

実際僕らも使っていましたが、かなりおすすめです。

電源コンセント

㉓  変換プラグ

日本の電化製品を海外で使おうと思うと、コンセントの形状が違うので、変換プラグ(アダプター)が必要になります。※国によって形状が違うので確認しましょう。

ダイソーなどの100均でも変換プラグが手に入りますが、こちらはあまりおすすめしません・・。実際何個かネパールへ持って行ったんですが、けっこうグラグラですぐに抜けてしまったりします。

また日本と海外では電圧が違うので、変圧機能が付いているものが安心して使うことができます。

詳しくはこちらの記事もご覧ください。→ 海外変圧器コンセント|旅行に持って行くならBESTEK!おすすめの変換プラグも。実際の使用感を正直にレビュー。

まとめ

ダイソーで揃えるトラベルグッズ。いかがでしたか?

最近の100円均一はすごいですね。もう消耗品は100均で全部まとめて揃えてもいいですね。コスパ最強です。ただお値段分耐久性に難がある商品もあります。

長く使いたいお気に入りアイテムは、無印良品で揃えるのがおすすめ。こちらもどうぞご覧ください。↓
無印良品で揃える旅行便利グッズの中で、特におすすめ10つを総まとめ

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です