飛行機で快適に寝るための安眠グッズ|長時間フライトやトランジットも快適に

旅行はとても楽しいものですが、長い長いフライトで疲れてしまって、目的地に到着したらぐったり疲れてるということも。せっかくの旅行、滞在中は思いっきりフルに楽しみたいものです。

今回は、行き帰りの飛行機や移動時のバスの中で、ゆっくり休める快適グッズ・安眠グッズのご紹介。

安眠グッズ

長時間のフライトですることの筆頭に上がるのは、睡眠をとることです。

限られたスペースしかないエコノミークラスでも、快適に睡眠をとりたいものです。

① アイマスク

長時間のフライトでは、現地の時間に合わせて、機内のライトが落とされます。

それでも、非常灯は点いていますし、周りで映画を見ている人もいます。

快適な睡眠をとるためのアイマスクは必需品です。

ただアイマスクといえど、百均のような安いものだと、安物買いの銭失いになる可能性があります。

長時間つけていると、圧迫感があったり、耳やこめかみ部分が痛くなったり、快適に過ごすとは程遠い作りのものもありますので、注意が必要です。

こちらのアイマスクは、よくある耳に引っ掛けるタイプではなく、後頭部に回したマジックテープで止めるタイプですから、耳やこめかみ部分が痛くなることはありません。

また、通常のマジックテープよりも細かいため、髪の毛を引っ掛けてしまい、ひっぱられることもありません。

何より、目にあたる部分はくぼんでいるので、圧迫感を感じず、非常に柔らかなつけ心地です。

② 耳栓

機内では、飛行機のエンジン音が耳につきます。また、いびきをかく人もいます。

快適な睡眠をとるために、耳栓も必要不可欠です。

安価でありながら防音性能に優れているこちらの耳栓がおすすめです。

耳栓はよく失くしてしまいがちですが、こちらは使い捨てできるので、次回の長時間のフライト往復用に2セット持っていきたいです。

③ フットレスト

狭いエコノミークラスでは、足の置き場にどうしても頭を悩ませてしまいます。快適な睡眠のためにも、エコノミークラス症候群にかからないためにも、フットレストを準備したいものです。

フットレストは置き型タイプと吊り下げタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。

置き型タイプは

  • 前の人に気兼ねしない。
  • 折りたたんでもコンパクトサイズにならない。
  • 足を置くだけで、ふくらはぎを置いたりできない。
  • 高さを調節できない。

という特徴があります。

吊り下げタイプは

  • テーブル部分に吊り下げるため、前の人に振動が伝わりやすい。
  • 足を置く部分が平ではないので、足が重なりやすい。
  • ふくらはぎを置くこともできる。
  • コンパクトサイズに畳やすい。

という特徴があります。

それぞれ理解し納得した上で購入すべきですが、わたしのおすすめは吊り下げタイプです。

個人的には、やはりふくらはぎも置けるのが楽でいいです。体がフラットに近くなります。

④ ネックピロー

飛行機のシートは直線的で、寝るときにどうしても首や背中が疲れてしまいます。

ネックピローは、ビーズが入っているものと空気で膨らませるものがありますが、やはり空気タイプがわたしはおすすめです。

使わないとき、省スペースになるのがいいです。

こちらは口で膨らませるのではなく、手でプレスして空気を入れることができるので衛生的です。

また工学的にデザインされていて頚椎を支えてくれるので、快適に過ごすことができます。

暇つぶしグッズ

LCCでは、機内のエンターテインメントが充実していません。

睡眠以外にも、読書や映画・ドラマ鑑賞、音楽鑑賞などできると、快適に過ごすことができます。

① Kindle

Kindleがあると、本をたくさん持ち歩くことができ、機内でも退屈しません。

Kindle専用端末を持っていなくても、好きな本を iPadにダウンロードして読むこともできます。

② Amazonプライム・ビデオ

Amazonのプライム会員の特典として見ることのできるAmazonプライム・ビデオ

ダウンロードしてオフラインで楽しむこともできるので、長時間のフライトの前に何本かダウンロードして持っていくようにしています。

③ イヤホン

タブレットで映画を見るときやスマホで音楽を聞くときには、周囲の邪魔にならないようにイヤホンを使いましょう。

おすすめはこちらのイヤホンです。カナルタイプなので、周りの音を完全にシャットアウトでき、騒々しい機内でも集中して音楽や映画を楽しむことができます。

また、ブルートゥースに対応しているので、コードが絡まることもなく、使いやすく、ストレスフリーです。

④ モバイルバッテリー

長時間のフライトやトランジットでは、途中で電子機器の充電がなくなる場合があります。

そうなるとショックが大きいので、ぜひモバイルバッテリーも準備しておきましょう。

おすすめはこちらのモバイルバッテリーです。

こちらは、iPadを2回充電することができるので、長時間のフライトでも電池切れの心配がありません。

また、外国では100Whを超えるモバイルバッテリーは没収されることがあるのですが、このモバイルバッテリーは99.16Whなので没収されることなく安心して機内持ち込みできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。↓
RAVPower 26800mAh 大容量モバイルバッテリーを導入してみたのでレビューしてみる。旅にもおすすめ!

まとめ

今回は長時間のフライトや移動時に快適に寝て過ごせるグッズ、暇つぶしできるグッズをまとめてご紹介しました。いかがでしたか?

安眠グッズをしっかりと準備して、到着した瞬間からフルに観光やグルメを楽しむことができるようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です