海外旅行で実際に役立つ簡単なスリ対策と効果的なグッズ6選

更新日:

これからの旅行シーズン、10連休のGWなどを利用して海外旅行の計画を立てている方も多いかもしれません。

海外旅行は楽しみな反面、気がかりなのは現地の治安ですよね。

当たびハックも、ライター陣が実際に訪れた国の最新の治安情報を定期的にアップしておりますが、かなりの人数の方が読んでくださっています。

それだけ、海外旅行時の治安は気になるものです。

多くの人が海外旅行時に遭遇する「一番身近な犯罪」、それはスリです!

以前「【実録】スリの犯行の手口を大公開!人はこうやってスられている|海外在住者要チェック!」の記事で、海外のスリのプロたちの犯行がいかに巧みかご紹介しました。

今回は海外で実際に役立ったスリ対策グッズについて書いてみたいと思います。

海外旅行のスリ対策グッズ6選。

①  マネーベルト

だいたいどこの国へ行っても、「日本人はお金を持っている!」というのが現地の人たちの共通認識です。ということは、スリのターゲットになる確率もものすごく高いということを常に頭に入れて行動する必要があります。

手持ちの現金は必要最小限にし、持ち歩く際には必ずマネーベルトを使うようにしましょう。

男性の場合、後ろポケットに財布を入れている方が多いですが、海外では絶対にやってはいけません。どうぞスってくださいと自ら悪い人たちをおびき寄せているようなものです。

おすすめのマネーベルトはこちら。

こちらのマネーベルトは腰に巻くタイプで、貴重品を服の下に隠すことができます。

②  ファスナーロック

海外に持って行くバッグのファスナーは、すぐに開けられないようダイアル式の南京錠でロックすると効果的です。

ただ南京錠でロックしていても、プロの手にかかればペン1本でファスナーは一瞬で開きます。その衝撃的な動画がコチラ↓↓

この動画はスーツケースですが、僕らが海外旅行の街歩きに使っているショルダーやリュックなども同じように開けることができるということです。

ということで、街歩きの際は、「南京錠+前抱っこ」で絶対に目を離さないという対策が一番有効です。リュックであっても荷物は前に持って歩くようにしましょう。かっこ悪いとか恥ずかしがることはありません。治安の悪い場所では現地の人たちもリュックを前にして歩いています。

ちなみに南京錠は、鍵で開けるタイプではなくダイアル式がおすすめです。

まだ海外旅行に不慣れだった頃に、100円均一で買った鍵式の南京錠をファスナーに取り付けて出かけました。しかし、現地に到着してバッグパックを開けようと鍵を探すものの見つからず・・。

ポケットの中に入れていたはずの鍵は、どうやら空港の保安検査場に忘れてきたようです。

けっきょく、その時はハンマーで砕いてことなきを得たのですが大変でした・・。鍵だと失くす危険性があるので、ダイアル式の南京錠が絶対におすすめです。

③  スーツケースベルト

先ほどの動画にあったように、スーツケースのファスナーは簡単に開けられてしまいます。なのでその対策としてスーツケースベルトを着けるようにしましょう。

ベルトの着いているスーツケースとベルトの着いていないスーツケース。2つ並んでいたら犯罪者はどちらを狙うと思いますか?答えは簡単ですね。

スリ犯は、少しでも手間がかかりそうなものは敬遠します。

スーツケースベルトは、TSAロック付きでも比較的安くで手に入れることができます。1000円以下で出来る防犯対策、海外旅行の際には必ずやっておきましょう。

目立つ可愛らしいベルトをつけておくと、預け荷物の場合でも自分の荷物の目印にもなりますよ。

④  ワイヤーロック

海外の空港では、スリや置き引きの被害が多発しています。トイレに行く間に、少し目を離した隙にスーツケースなどの荷物が狙われます。

対策として、自転車用のワイヤーロックを使うのがおすすめです。

どうやって使うかというと、こうやって使います。

⒈  ファスナーにはダイアル式の南京錠。
⒉  スーツケースベルトでしっかりロック。
⒊  テーブルや柱などにワイヤーロックで固定。

この3段構えは鉄壁です。このおかげで今まで一度も盗難の被害にあっていません。空港泊(空港野宿)をされる方には、特におすすめしたい方法です。

⑤  スキミング防止グッズ

現代社会において、スリに遭うのはなにも物に限ったことではありません。最近では、情報も盗むスキミングという犯罪が多くなっています。実際クレジットカードなどの情報がスキミング被害によって流出し、不正使用されるというケースが後をたちません。

スキミング対策にはこういったグッズが効果的です。

こちらはクレジットカードや、キャッシュカード対応のスキミング対策カードです。このカード1枚で表側と裏側の計2枚のカードをスキミング被害から守ることができます。

こちらは大事なパスポートの情報を守るスキミング対策パスポートケースです。パスポートにはICチップが入っておりその中には大事な個人情報が入っています。このパスポートケースはICチップの情報を犯罪者からしっかり守ってくれます。

クレジットカードを入れるポケットもついているので、まとめて保護することができ便利です。

⑥  防犯ブザー(要注意!)

「防犯ブザーをお守りに持っておくと良い」という記事がネットの中にたくさん出てきますが、個人的には安易におすすめしません。

逆に防犯ブザーの音で犯人を刺激してしまい命を奪われる危険もあるからです。防犯ブザーを持っていくかどうかは行く国の治安情報をよく調べて決めるようにしましょう。特に銃社会の国では危険かもしれません。

まとめ

今回は、今までの旅において役立ってきたスリ対策グッズをご紹介しました。安心安全の日本で育った僕らは海外へ行くと、隙だらけで犯罪者の良いカモです。

対策グッズももちろん効果がありますが、まずは防犯に対する意識付けの方が大切です。決してビクビクおどおどする必要はありません。堂々としながら、周囲への警戒を決して怠ることのないようにしましょう。

海外で危険なのは、スリだけではありません。ホテルやゲストハウスも決して安心できません。こちらの2つの記事もあわせてご覧ください。

 

 

 

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.