ギリシャ旅行の基本情報|航空券・ホテル・物価・食事・治安などまとめ。

ギリシャ旅行の基本情報をまとめました。

今回の記事は、今まで書いてきたギリシャ情報のまとめ記事になります。気がつくとギリシャの観光情報の記事が50記事以上。

書いた記事を見てくださって、実際に観光スポットやお店に足を運んでくださった方からコメントなどいただいたりして、とても嬉しいです。感謝です。

このページに貼ってあるリンクをクリックすると、たびハック内のより詳しい記事にとびます。

ギリシャ旅行を計画されている方は、ぜひこのページをブックマークして目次みたいな感じで活用してくださいね。

ギリシャへの航空券

現在日本からギリシャへの直行便を運行している航空会社はありません。乗り継ぎ便を利用して行く必要があります。

ツアーで行く場合、23万円〜
個人で航空券のみ手配した場合、5万円〜

主な行き方

  • 中国経由
  • 中東経由(カタールやドバイ経由)
  • ヨーロッパ経由(フランスやオランダ経由)

どの行き方でも、移動時間はほとんど変わりません。

時期にもよりますが、料金は中国国際航空が最も安いです。

その次は中東のカタール航空やエミレーツ航空が安く、ヨーロッパのエアフランスや、オランダ航空などを利用する場合はもう少し高くなります。

ギリシャ行きのチケットを探すなら、こちらの記事「【ギリシャ旅行準備①】ツアー料金の半分以下でギリシャ個人旅行に行く方法!Skyscannerがオススメのわけとは?」の中でもご紹介していますが、スカイスキャナーが便利です。

ビザ

ギリシャの場合、90日以内の観光の場合ビザは必要ありません。空港で入国スタンプを押してもらえます。

アテネ空港での入国の流れはこちらの記事をご覧ください。↓
アテネ国際空港(ATH)ギリシア入国の流れ|入国審査は厳しい?パスポートコントロールとは?

 

SIMカード・ネット事情

ギリシャ空港、カフェレストランや、ゲストハウスなどは無料WiFiが飛んでいます。

が、観光中にGoogleMapなどを使おうと思う方は、SIMの購入をおすすめします。多くの国では空港にSIMショップがありますが、ギリシャのアテネ国際空港にはSIMショップはありませんでした。(2016年9月の情報です。)

シンタグマ広場まで出ると、Vodafoneショップなどがあり、SIMを購入する事ができます。手持ちのSIMフリー携帯をギリシャ語にして、店員さんに渡すと設定まで全てやってくれるようです。

僕らは、着いてすぐに使えるようにと日本からイモトのWiFiを持って行きました。空港に着いた瞬間から使用できるので便利でした。ただし現地でSIMを買うより割高になります。

イモトのWiFiをギリシャで使用してみた感想、良かった点と残念な点はこちらの記事で書いています。↓
イモトのWi-Fiヨーロッパ旅行レビュー!口コミ・評判と実際に使ってみて感じたこと。

アテネ国際空港ではSIMが買えない!
シンタグマまで出てから購入しよう。

ホテル・宿

宿を決めるにあたってまず考える必要があるのは、治安の良い場所かどうか?です。安い宿もありますが、その多くは、治安の悪い場所・アクセスの悪い場所にある場合が多いです。

一般的なホテル

アテネ

シーズンにもよりますが、1部屋1万円以上は覚悟しておいた方が良いでしょう。アクロポリスの丘が見えるホテル・部屋は人気があり他のホテルと比較して高くなります。

ミコノスやサントリーニなど

ギリシャの島はハイシーズンとなると、4〜5万円ほどは覚悟しておきましょう。

Agodaでギリシャの宿をチェックしてみる。→ 海外ホテル予約のAgoda

Airbnb

ギリシャは、Airbnbに登録している物件がたくさんあります。僕らもギリシャ旅行の宿は全てAirbnbを使いました。

一般的なホテルと比較して、かなり格安で泊まることができます。ただし中には期待外れな物件もあるので口コミなどをしっかり読んで、人気のある物件を選びましょう。

僕らの泊まった Airbnbの宿のレビュー記事はこちら。

 

気候

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
寒く風が酷い     観光シーズン  寒く風が酷い
 ほとんど降らない

 

  • 5月〜9月が観光シーズン。
  • 一番暑いのは、7月8月。
  • 11月から3月までは冬季。

 

観光に一番適したシーズンは、5月から9月です。この時期は雨はほとんど降りません。ただし7、8月は日差し強いので日焼け対策が必要です。

11月〜3月にかけては冬季。エーゲ海特有の激しい風が吹き荒れます。観光シーズンに運行している船や飛行機もこの時期には路線自体が運行していない場合が多くあります。アテネだけの観光ならこの時期でも大丈夫ですが、エーゲ海の島々を訪れたい方はこの時期は避けておいた方が懸命です。

僕らは9月の半ばから後半にかけて旅行しましたが、本当に素晴らしい季節でした。気持ち良い青空のもと海でも泳ぐことができ、カラッとしているので、日本の夏のような暑さはなく非常に過ごしやすかったです。

ただ、最後の日は明け方に雨が降りました。9月も後半となってくると、だんだん雨の降りやすい天気に変わっていくのかもしれません。

観光のベストシーズンは 5月〜9月!

 

交通事情

空港から市内への行き方

アテネ国際空港からアテネ市内までは、バス地下鉄タクシーで行くことができます。全ての手段を試してみておすすめはエアポートバスです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

アテネでの移動手段

①  路線バスとトローリーバス

アテネ市内を走るトローリーバス

アテネ市内は多くの路線バス・トローリーバスが走っています。初心者にはルートを把握するのが困難です。僕らもハードルが高かったので利用しませんでした。

観光案内所に行くと路線図の書かれたマップをもらうことができるようです。

②  地下鉄

一番簡単で分かりやすいのは地下鉄です。アテネは地下鉄の路線も3つしかないので、迷う心配もあまりありません。

ただし、スリが非常に多いので手荷物への警戒を怠らないようにしましょう。

地下鉄の路線図はこちら。→ ATHINA METRO MAP

③  タクシー

アテネ市内はタクシーがたくさん走っているのですぐにつかまります。ただし、日本とタクシーの止め方が違います。ギリシャでは手の平を相手に向けるのは侮辱の意味があります。なので、手のひらを下にして水平方向に手を差し出し合図しましょう。

料金もべらぼうに高いという訳ではありません。ただし、スーツケースなどの荷物を詰む場合追加料金がかかります。

④  路面電車(トラム)

アテネ市内には、このような路面電車も乗り入れています。ピレウス方面へ移動する場合はこちらも便利です。

トラムの路線図はこちら。→ ATHINA TRAM MAP

 

アテネからサントリーニやミコノスなど島への移動方法

アテネからエーゲ海への島への移動方法は2つ。

①  飛行機で移動する

飛行機での移動のメリットは、短時間で移動できることです。ただし、天候による欠航や遅延が多いので、スケジュールに余裕を持ち代替手段としてフェリーでの移動も視野に入れておきましょう。

LCCでの移動になるので、手荷物の重量チェックもお忘れなく。

僕らが利用したのは、欧州最大のLCC。ライアンエアー。レビュー記事はこちら。

②  フェリーで移動する

フェリーでの移動は、時間はかかりますが、島々の景色を眺めながら旅行を楽しむことができおすすめです。また飛行機の場合と違い荷物の重量制限もないのも助かります。

飛行機が欠航したとしても、フェリーは動く場合が多いので、一番信頼性の高い交通手段です。

フェリーのチケットの予約方法・買い方はこちらの記事に詳しく書いています。

行く島によっても異なりますが、アテネには大きな港が2つあります。観光客がよく利用するピレウス港と、あまり知られてないけど、空港から近く便利なラフィーナ港

僕らはラフィーナ港からミコノス・サントリーニへ向かいました。なかなかおすすめなので、旅行を計画されている方はぜひ参考にしてみてください。

 

サントリーニやミコノスなど島内での移動方法

島の中での移動手段は、レンタルバイクバギーがおすすめです。サントリーニ島は、主要道路であればバスは走っていますが、ミコノス島などはほとんど公共の交通機関がありません。

タクシーも数が少ない上に料金が高いので、レンタルバイクがおすすめです。

ミコノス島でレンタルバイクを借りて観光したときの記事はこちら。

レンタルバイクを借りるには、国際運転免許証が必要になります。日本で警察署に行って手数料を払えば簡単に取得することができます。

 

貨幣と両替

貨幣はユーロです。 2017年9月27日時点で、1ユーロ=132円。

両替は、空港の両替屋さんで行なうことができますが手数料が高額です。今回僕らはギリシャ旅行中に、両替・クレジットカードキャッシング・クレジットカード払いの3つの方法で一番お得なのはどれか検証してみました。参考にしてみてください。

 

物価

  • タベルナ(食堂) 20ユーロくらい〜(2,600円程度)
  • コカコーラ 1ユーロ〜(130円程度)
  • コーヒー 1.5ユーロ〜(200円程度)
  • ガソリン1ℓ 1.8ユーロ(230円程度)

物価は日本とほぼ変わらない印象でした。ただ観光地の割に、サマードレスや帽子などの服飾品の値段は安く感じました。

あと、街の至る所にコーヒースタンドがあり、かなり安く本格的なコーヒーを楽しむことができます。

 

食事

Googleで、ギリシャ料理と検索すると、予測候補に「まずい」という単語が出てくるのですが、今回のギリシャ旅行で食べたものは美味しいものばかりでした。

海に面しているので、海産物も豊富ですし、地中海沿岸は美味しいオリーブや、ワインなども育ちます。

僕らがギリシャ旅行で食べて美味しかった料理はこちらに写真付きでまとめています。

ギリシャ行ったらカラマリとラム肉はマストだよ!

 

治安

治安については、明るい時間に出歩く分は特に危険を感じることはありませんでした。ただし、場所によっては夜になるにつれ危ない人たちが出てくるスポットもあります。

治安についてはこちらに詳しくまとめています。

 

おすすめの観光スポット

①  アテネ

こうやって見ると、僕らあまり遺跡系の観光をしていませんでした。古代遺跡を観光したい方は、他にも素敵なブログがたくさんあるので検索してみてくださいね。

②  ミコノス島

ミコノス島は白壁のかわいいお家とコバルトブルーの海が印象的な島でした。食事よし、自然よし、ビーチよしと最高の島です。

2週間くらいゆっくり滞在したいなと思わせてくれる素敵な島でした。

③  サントリーニ島

サントリーニ島はなんといってもイアの世界一の夕日です。断崖絶壁に建てられた街並みと海に沈みゆく美しい夕陽。これはぜひ皆さんにも見て欲しい最高の景色です。

サントリーニ島は全体的にミコノスよりも観光地化している印象を受けました。ビーチもたくさんありますが、個人的にはミコノス島のビーチの方が綺麗でした。ゆっくりした時間を楽しみたいならミコノス島の方がおすすめです。

 

お土産

ギリシャには、日本に買って帰ると喜ばれるお土産がたくさん。美味しいものからオリーブの木を使った実用的なキッチン道具まで、いろんなものが揃います。

僕らが実際に買って帰ったお土産はこちらの記事にまとめています。

 

まとめ

今回は、ギリシャ旅行の基本情報をまとめてみました。

歴史あり、ビーチあり、美しい夕日あり、美味しい食事あり。ギリシャは観光にもってこいの国です。一度訪れるとまた行きたくなりますよ。

この記事が、ギリシャ旅行を計画している方にとって少しでも役立てば嬉しく思います。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です