ギリシャアテネ観光②|プラカ地区のおすすめスポット・見所は?地球の歩き方に載っていない穴場も!

シンタグマ周辺の観光スポットを巡ったあとは、プラカ地区へ足を伸ばしてみましょう。おすすめスポットを一挙紹介いたします!

まずは観光スポットから行ってみましょう!

プラカ地区のおすすめ観光地

1. パナギア・カプニカレア教会  Church of Panaghia Kapnikarea

シンタグマ広場から出発です!

まずは、国会議事堂や無名戦士の墓を背にして、道路を渡った向いの中央に見える路地「Ermou(エルムー)通り」をひたすらまっすぐ進みます。

目指すはパナギア・カプニカレア教会。

「ちあるき(地球の歩き方)」にも掲載されてない穴場スポットなんですが、個人的に超おすすめ!

近代的な街と歴史感じる重厚な建物が共存している素敵な景観を楽しむことができます。

しばらく両側に、カフェやお土産屋さんなどの続く人ごみ溢れる路地を歩いていきます。

観光客など行き交う人通りの多い通りなので、身の危険を感じることはありませんがスリには十分注意が必要です。

バッグを後ろにかけてたら、お店のおばちゃんに「ちゃんと前に持ちなさい!」と注意されました。

ギリシャ人優しい・・。けど、もちろん観光客を狙う優しくないスリ犯もうろついてますので気をつけて!

300mほど歩いて行くと、見えてきました!

まるで道を塞ぐかのように建っています。

このパナギア・カプニカレア教会。情報が少ないので調べてみると・・↓↓

十一世紀後半(1060-70)に建造された教会。アテネの繁華街エルムー通りの中央に立つ。ギリシャが独立して、アテネが首都になったときの都市計画で破壊されそうになったが、国王オットーの父であるバイエルン王ルードヴィヒの意見で保存が決まった。

引用:Gate to Greece

11世紀からこの街をずっと見てきた建物なんですね!なんか感慨深いですね。

日本史でいうと「院政時代」平等院鳳凰堂もこの頃建てられていますね。

日本建築も、ギリシャ建築もそれぞれの良さがありますね。

それにしても、バイエルン王ルードヴィヒさんナイスです!破壊されなくて良かった〜。

後ろに揺らめく「H&M」の旗が面白いですね。時代の移り変わりをずっと見守り続けているカプニカレア聖堂。

ぜひアテネ観光の際には足を伸ばしてみてくださいね。

内部は神聖な場所のため撮影禁止の張り紙が・・。

礼拝されている方たちの邪魔にならないようにしましょう。

場所はこちら↓↓

2. ミトロポレオス大聖堂  Mitropoleos Cathedral

次にご紹介するのは、アテネ一の大聖堂。「ミトロポレオス大聖堂」です。「生神女福音大聖堂」という名前でも知られています。

ここは、アテネ及び全ギリシアの大主教の主教座聖堂になります。

1840年から20年近くの歳月を要し建造されたこの大聖堂、現在では「大統領の宣誓式」などの国家行事もここで行われます。

ミトロポレオスの隣に建つ小さな教会も見ておきましょう↓↓

3. アギオス・エレフテリオス教会 Church of Agios Eleftherios

大聖堂の右隣に小さな小さな教会があります。

「アギオス・エレフテリオス教会」またの名を、「ミクリ・ミトロポレオス」ミクリとは、小さなという意味。

木々に囲まれ可愛らしい感じの教会です。外壁には壁画も刻まれています。

そして、もう一つおすすめのスポットは・・

ミトロポレオス大聖堂とアギオス・エフテリオス教会の裏にある「名もなき公園

木陰に入ると涼しい風が心地よく時間を忘れます。

ギリシャは街中でも緑が豊かです。こんな感じの気持ちいい公園がいたるところにあります。

観光で歩いて回ったときに、ちょっとくつろげる公園ってありがたいですよね!

場所はこちら↓↓

まとめ

いかがでしたか?

シンタグマ周辺の観光が終わったら、プラカ地区の「パナギア・カプニカレア教会」「ミトロポレオス大聖堂」「アギオス・エレフテリオス教会」を見に行きましょう。

さぁ、歩き疲れてそろそろお腹が減ってまいりました・・。

次は、とっておきのおすすめのタベルナへ!美味しいギリシャ料理を食べに行きましょう!

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です