ミコノスの観光スポット|アルメニスティス灯台に行ってみたら絶景だった!

ミコノスのおすすめ観光スポットであるアルメニスティス灯台についての情報をまとめてみました。
この灯台の景色はとても綺麗なんですが、なかなかネットにも情報が載ってなかったので実際に足を運んで撮ってきた写真とともにアクセス情報や注意点などを書いてみたいと思います。

アルメニスティス灯台ってどんなとこ?

ミコノスに行ったらぜひ足を伸ばして欲しいスポットの一つにアルメニスティス灯台があります。

断崖絶壁の上に建てられたこの灯台。絶景スポットとして人気の灯台です。灯台からの眺めは最高です。

目の前に広がるキラキラ輝く海と、エーゲ海に浮かぶキクラデス諸島の島々が美しく見えます。

また夜になると、静寂の中に航海の安全を守るため光り続ける美しい灯台の景色を眺めることができます。
灯台の灯りと海越しに見える島の夜景が重なりなんとも言えない素敵な風景が広がります。

実際に行ってみた!

僕らは、ギリシャ旅行の準備でおすすめの観光スポットを検索していたところ、偶然この美しい写真を見つけました。

Flickrの写真はコチラ

この景色に惹かれ、ぜひ写真を撮りたいと思い、行くのを心待ちにしていたスポットです。

ということで早速、宿をバイクで出発。

あまり舗装されていない凸凹な急坂を登っていきます。結構な急坂です。
登りきると砂と石のボコボコした道になり、景色が開けてきます。

いよいよ見えてきました。念願のアルメニスティス灯台です!

多くの観光客が絶景を眺めながら思い思いの時を過ごしています。

カップルでまったりしている人もいれば、岩の上に座ってじっくりと読書を楽しんでいる人も。

黄昏るまんくまり。

僕らは、灯台の下の方に降りていき、岩の上に座って、AirBnBの宿でエアロプレスを使って淹れて持って来た「じゅんじゅん特製のコーヒー」を美味しくいただきました。

ダイナミックな美しい自然の中でいただくコーヒーは最高でした!

 

エアロプレスの記事についてはこちら↓↓
エアロプレス淹れ方基本編|美味しいコーヒー最高!旅に持って行って良かったー!

母なる大地に抱かれるじゅんじゅん。

この美しい景色は、夜灯台が灯ってからも綺麗だろうなということで、一度宿に帰って日が暮れる頃にもう一度来ることに。

夜になると道は本当に真っ暗。
途中から街灯もない感じなので、バイクのヘッドライトだけが頼みの綱です。

転ばないように慎重に運転します。

すると、目の前を動く物体が!
ちょっと近づいてみると・・。

なんと、「たびハック」のマスコットキャラクターである「hedgehog(ハリネズミ)」ではありませんか!
暗くて、一瞬の出来事だったので写真は撮れてませんが、間違いなくハリネズミでした。

いるんですね!野生のハリネズミが。
けっこう荒野っぽい感じなのでいろんな動物がいそうです。ミコノス島恐るべし。

もし灯台に行かれる方いらっしゃったら、ハリネズミいないかな〜って探してみてくださいね。

そんなこんなで夜の灯台はこんな感じ。

いかがですか?
奥に見えるのは「ティノス島」
できれば灯台の先に海が開けてたら、もっとかっこいい写真が撮れそうと思いながらも・・。
なかなかティノス島の夜景も綺麗でいい雰囲気出してます。

お昼もいいけど、ぜひ夜も見て欲しいなと思わせるスポットです。

場所は?

場所はミコノス島の北端に位置しています。

ミコノスタウンからは約8キロほど。
バイクで20分ちょっとで行くことができます。

注意点

灯台へ向かう道は途中からアスファルトの道ではなく凸凹の道になります。

またアスファルトの敷いてあるところでも、ボコボコ穴が開いていたりするので運転には注意が必要です。
灯台へ登る道はそれに加えてかなりの急坂です。

実際僕らの目の前で走っていたバイクがこけました。
けっこうきついカーブだったので曲がる時にバランスを崩したのかな・・。
幸い大きな怪我もなく、すぐにバイクを起こして走り去って行ったので良かったですが。

運転にはくれぐれもご注意ください。

夜に行かれる方は、もし可能なら一度お昼に道を走ってみておくことをお勧めします。
夜は街灯もなく、とても暗いので非常に危険です。

まとめ

ミコノス島に行かれる際はぜひ島の北端まで足をのばしてみましょう。
白い灯台と青い美しい海の絶景が待っていますよ。くれぐれも運転には気をつけて!

以上 じゅんじゅんのミコノスおすすめ灯台でした〜!

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です