アテネ国際空港(ATH)からアテネ市内へ行く方法〜地下鉄で行ってみた!

更新日:

アテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)からアテネ市内へはバスやタクシー、鉄道といろんな行き方があります。

今回は地下鉄に乗って行く方法をご説明したいと思います。実際に乗ってみて感じたメリット・デメリット、注意点などをご紹介します。

地下鉄は危ない危ないと言われてるけど実際どう?バスと比べてどっちが早い?気になる情報まとめてみました。

関連記事

アテネ国際空港(ATH)からアテネ市内への行き方は4つ。おすすめは?

メトロ(地下鉄)の基本情報

シンタグマまでの時間 40分※
シンタグマまでの料金 9ユーロ※

06:35~22:35の約30分毎

メトロの路線図はこちらからダウンロードできます。

Greece Metro Map Download

※所要時間について・・地球の歩き方では40分となっていましたが、今回実際に乗ってみたところ、50分以上かかった気がします。さらに待ち時間も含めると空港駅から1時間15分近くかかりました。

※料金について・・僕らはシンタグマの一つ手前のEvangelismous駅まで乗ったのですが、2人のグループチケットで18ユーロでした。事前にチェックしていたガイドブックやホームページなどでは1人8ユーロとなっていたので、値上がりしたのかもしれません。

地下鉄を使うメリット

待ち時間を考慮せず、スムーズに行くと、バスや郊外鉄道よりも早くアテネ市内に着くことができます。

地下鉄を使うデメリット

一番の注意点はスリが多いというところです。アテネのメトロは本当にスリが多いことで知られています。Air BnBでお世話になったホストからも、地下鉄で来るなら、スリに十分注意してね!とメッセージが来ました。

アテネ在住のギリシャ人も地下鉄でけっこうスリの被害に遭っているそうです。

もう一つは、エアポートバスに比べて、30分に1本と便が少ないのでけっこう混み合います。また、座席数がバスに比べて少ないので立ち乗りになる可能性が高いです。立ち乗りになると疲れるだけでなく、スリの被害にも遭いやすくなるのでかなり神経を使います。

具体的なスリ対策については、こちらの記事にまとめています。

関連記事海外旅行で実際に役立つ簡単なスリ対策と効果的なグッズ6選。

さらに、アテネ市内に近づくにつれて、どんどん人が乗って来てキツキツになります。大きなスーツケースなど持っているととても邪魔になり乗り降りも大変です。

途中で地下鉄に乗り込んで楽器を使って演奏しながらお金を集めにくる人たちがいます。お金を渡す気がないならハッキリと無視しましょう!

メリットとデメリットが分かったところで、地下鉄の乗り方についてみていきましょう。

アテネ空港の地下鉄乗り場

まずは地下鉄の乗り場について。乗り場はココです↓↓

空港のExitを出て、道路を挟んだ向こう側にメトロの駅があります。

メトロの駅の名前は「Proastiakos Stathmos Aerodromiou」です。普通に「Airport Station」が分かりやすくていいのにな〜。

まず空港を出て横断歩道を渡りましょう。

これはExit3から出てきたところです。

この横断歩道を渡るとこんな感じのサインボードがあります。

案内板のTo Trainsに従い、左のほうへ向かいます。

実は、メトロと郊外鉄道は同じ駅、同じプラットフォームを利用しているんです。なので To Trains の表示の方へ進んで正解です。

写真奥に見える階段の方へ向かい2Fへ上ります。階段にはエスカレーターがありますので、重たいスーツケース持っていても大丈夫です。

階段を上るとすぐに連絡橋があるので右へ向かいます。

連絡橋の中はこんな感じのエスカレーターがあります。

このまままっすぐ進むと広い空間に出ます。

左奥のほうにチケット売り場を発見。

ギリシャの地下鉄メトロの乗り方

注意ポイント

セルフ刻印機での刻印を絶対に忘れないこと!

ここで行き先の駅の名前を伝え切符を買います。

頭上の表示板に「METPO」という表記があるところが地下鉄メトロの窓口になります。

チケットを買ったらプラットフォームへと向かいます。

プラットフォームへの入り口にこんな機械があります。

この機械はセルフ刻印機です。ギリシャの場合地下鉄やバスなどの公共交通機関を利用する際は自分で刻印するシステムが一般的です。

チケットを差し込んで必ず刻印しましょう。

こちらが刻印されたチケットです。日時が刻印されています。

この刻印が実はとても重要なんです!この刻印をしてないと正規料金の60倍の罰金を取られる可能性があります。たとえ買ったチケットを持っていたとしてもです・・。

ツーリストだから分からなかったという言い訳も通用しませんので絶対に刻印を忘れないようにしましょう!

刻印を終え改札を過ぎエスカレーターで下へおります。

エスカレータを降りて右側が地下鉄(Metro)ライン。

左側は郊外鉄道(Suburban Railway)のラインになります。

間違えないようにしましょう。

あとは、来た電車に乗り込むだけです!

地下鉄と言っても、途中までのけっこう長い区間、地下ではなく地上を走ります。乗り間違えたか?と焦らなくても大丈夫です。

各駅の壁には駅名が、きちんと英語表記でも書いてあります。また電車のアナウンスも、ギリシャ語の後に英語でアナウンスがあるのでそう難しくありません。

もし途中で検査官が来たら、刻印したチケットを見せましょう。

以上が地下鉄乗車の流れです。

まとめ

地下鉄に乗られる際は、プラットホームに入るときに自分で刻印することを忘れないようにしましょう。

また乗っているときは、自分の荷物に最新の注意を払いスリにあわないように注意しましょう。

そこまでキツキツの予定を組んでない方であれば、地下鉄よりもエアポートバスを使われることをおすすめいたします。エアポートバスは地下鉄同様シンタグマまで乗り換えはありませんし、地下鉄に比べ便数も多いので荷物もそばに置いてゆっくり座ることも可能です。

さらに、待ち時間などを考えると、市内までかかる時間があまり変わらないことも・・。

ということで、エアポートバスが一番のおすすめです。

エアポートバスについての詳しい情報はコチラ↓

関連記事

アテネ国際空港(ATH)⇄市内のアクセス・移動はエアポートバスが便利!

ギリシャ旅行の必需品「レンタルWi-Fi」

ギリシャのレンタルWi-Fiおすすめは?サントリーニ島でも使える?

グローバルWiFiお申し込みはこちら

わくわく楽しみなギリシャ旅行。Wi-Fiの準備はもうお済みですか?

古代都市アテネの街や、サントリーニやミコノスなど自然豊かな絶景の島を巡るにはレンタルWi-Fiがあると安心です。

レンタルWiFiがあると

・Googleマップで道案内!
・美味しいタベルナを探せる!
・美しい絶景をその場でインスタに!

入り組んだアテネの路地もGoogleMapがあれば平気ですし、美味しいお気に入りのタベルナを探したり、インスタに旅の写真をその場でアップできたりと大活躍。

旅の楽しさが広がります。

私たちのおすすめは グローバルWi-Fi 。アテネでもサントリーニ島でもサクサク繋がりとっても便利です。

グローバルWiFiお申し込みはこちら

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.