「ミコノスタウン散策」ギリシャのミコノス島は猫だらけ。猫写真多め!

更新日:

ギリシャ旅行に来たら…やっぱり島観光は外せませんよね。たくさんある島の中、サントリーニ島かミコノス島どっちがいいのかなぁ、と迷っている方も多いのでは。僕たちはサントリーニ島とミコノス島両方に行ってみたのですが、断然推したいのはミコノス島。おすすめですよ!超絶景でした!

「白い壁」「青い屋根」「石畳」「風車」「リトルベニス」などなど…ミコノスの見所は尽きません。あ、忘れてはならないのが、最近「猫島」としてもミコノス島は話題沸騰中なんですよね。

もちろんサントリーニ島も絶景なのですが、よりフォトジェニックな写真が撮れるスポットが多いのがミコノス島なんです。そんなエーゲ海に浮かぶミコノス島の中心部「ミコノスタウン」をじっくり観光して写真をたくさん撮ってきましたのでどうぞごらんください。絶景写真を撮って、インスタに載せよう!

ミコノスタウン

どこを切り取ってもおしゃれで絵になる街「ミコノスタウン。」そんなミコノスタウンの観光は朝早くからゆっくり見て回るのがオススメです。

まずは、ミコノスタウンの入り口のビーチ「Ag. Anna」へ朝焼けを見に行きます。

この日は、中秋の名月。ちょうど満月が海に沈む寸前でした。(太陽のように見えるのは満月です。)

ちなみに、太陽は海とは反対方向から上がってきます。なので、写真で撮ると色合いがとても綺麗に出ます。

まんくまり
ミコノス島の朝焼け・夕焼けは、日本じゃ見たことのない色合いだったよね〜。

のんびりとベンチに座って眺めていたいのですが・・朝日が出てくる前にもう一つ写真を撮っておきたいスポットがあるので急ぎます。

それは、「カトミリの風車」

太陽が昇ってくる前だからこその美しい景色。

もう少し明るくなるのを待ってみます。

めっちゃ綺麗で、カメラのディスプレイ見ながら大興奮!空のグラデーションの色合いがたまりません。

まんくまり
ほんと、地平線が「虹」になっていて感動したね。

ちなみに日が照り出すと・・こんな感じ↓↓

これはこれで綺麗なんですが・・空のグラデと絡めて撮りたいなら日が当たる前に行かれることをオススメします。

カトミリの風車から後ろを振り返ると「リトルベニス」

こんな感じの景色が広がります。

本当は海がもう少し満ちてて波がバシャッてなってるところが撮りたかったんですが残念。

リトルベニスから小道に入って適当に街を散策します。

まずは木の上でまだ眠そうなネコちゃんにご挨拶。

のんびり歩いてるおじいちゃんにもご挨拶。

ちなみに、ギリシア語での挨拶は「カリメーラ」。「カリメーラサス」と言うと、ニコニコしながら頷いてくれました。

ちなみにこのおじいちゃん・・。

にゃんこを引き連れて歩いてました。この後、何匹ものにゃんこが合流。みんなで朝の散歩が習慣なのかな〜。

そんなおじいちゃん&にゃんこたちの、ほのぼの後ろ姿を見送りこんな感じの道を歩いていきます。↓↓

ミコノスの街はどこを撮っても絵になります。

「青」と「白」と言うイメージが強かったんですが・・意外と「赤」とか「緑」さらには「クリーム色」など色彩豊か。新しい発見です。

扉もおしゃれ。「電気メーター」までおしゃれに見えます。「Artist - Painter」中が気になります。

またまた、にゃんこ登場。

街のいたるところでネコが自由にうろうろうろうろ。みんなに可愛がられてるので、人懐っこいです。

ブーゲンビレアの鮮やかなピンクが白壁に映えますね。

石畳の模様も可愛いです。日本とは違うセンスを感じます。

街中いたるところにこんな感じのタベルナがあります。

朝は誰もいないので写真撮り放題です。

ちょっと細い路地に入ってみます。赤い扉がおしゃれです。

上を見上げてもおしゃれ。これは教会かな?鐘が付いてます。

ブーゲンビレアのトンネルをくぐり進んでいきます。

なにやらおしゃれなロゴ?

どの家も緑を飾ったり、ブーゲンビレアを育てたりしてて綺麗におしゃれしてます。

全然ゴミも落ちてません。

どんなに細い路地でもきちんと石畳が敷かれており、白で統一されています。この魚のイラストも可愛かったな〜。

いろんなお店のショーウインドウを見るのも楽しいですね。まだお店も開いてないのでじっくり見物〜。

ここは食べ物屋さんかな?配達用のバイクも青で可愛い!

そうこうしてると路地を抜けて港に出てきました。

この港沿いはたくさんのタベルナが並んでおり、お昼になると多くの人で賑わいます。この時間は本当に人がいません。観光客はナイトクラブとか行って朝はゆっくり寝てるのかな〜。

おしゃれな青いバイクとギリシャ国旗の青がいい感じ!

しばらく歩くと砂浜に気持ちよさそうに日向ぼっこしてるにゃんこ発見。

舌ぺろにゃんこ。まだ眠そう。

ギリシャのネコだよ〜って分かるように後ろにそれっぽい建物を入れてパチリ。

後で分かったんですが、あの「世界ネコ歩き」で有名なカメラマン岩合さんも2012年にミコノスに猫写真撮りに来られてました。岩合さんには遠く及びませんが・・今回ミコノス島で撮った猫写真の中ではこれが一番のお気に入りです。

まんくまり
わたしの一番のお気に入りは宿にいたにゃんこだなぁ。その写真はまた別記事で!

港にはこんな場所も。そう、水揚げされた魚介類を洗う洗い場です。

まんくまり
水道?のところ、貝殻をオブジェにしてておしゃれ!ギリシャ人てセンス抜群。

ミコノス島って観光地のイメージが強いですが、もともとは漁師の島。地元の人たちは普通に生活しているんですよね。

そして、あの青いおしゃれなバイクの正体は、魚とかを運ぶやつだったみたいです。

港を一通り散策して、また路地裏に入ります。

赤い屋根の小さな教会。

ミコノスタウンの中には本当にたくさんの教会がありました。ギリシア正教会やカトリック教会などなど。ギリシャ人ってみんな信仰心が厚いんですね。

やっぱりミコノスタウンの路地裏はどこを見ても美しい!植物の緑が生き生きしてます。

しばらく進んでいくと、またテイストが違うタベルナを発見。

「Maria's」という名前のタベルナ。

ここにも猫。看板猫かな?と思いながら撮ってたら・・後ろ!日本語じゃん!

アットホームな家庭料理のお店で美味しいみたいです。日本人観光客すごく少ないのに、日本語の看板があるってのはビックリ。

残念ながら食べる機会はありませんでしたが、気になるお店でした。

「Maria's」から海へと至る道がこれまたカラフルでおしゃれ。かなり歩いて回ったけど、ずっと写真撮り歩いてても全然飽きません。

Ag.Annaビーチに出てきました!

このベンチに座ってぼーっと海を眺めるのもいいですね。

だいぶ日が高くなってきました。

朝見つけたお気に入りの写真スポットにもう一度向かいます。

ちなみに朝撮った写真はコチラ↓↓

両側白い壁。開けた先に海。最高のスポットです。まるでおとぎ話の中に迷い込んだような素敵な場所!

まんくまり
手前の建物や道の暗さと奥の朝焼けがコントラストになっていて最高!わたし的タイトルは「夢の世界への招待状」かなぁ。

ここが日が昇ってくるとこうなります↓↓

コバルトブルーの世界!美しすぎます!朝も昼も両方素敵!いやぁ〜ミコノスに来てよかった〜。

みなさんも是非ミコノスに行かれる際はこのスポットに写真撮りに行ってみてくださいね。地図を貼っておきますので参考にしてみてください。

さてさて、楽しかった写真散歩の時間は終わりです。だいぶ日も高くなり、お店もオープンし始めたので、ショッピングタイムといきましょう。

まとめ

いかがでしたか?じゅんじゅんの「ミコノスタウンお散歩編」。

みなさんも是非ギリシャに行かれる際はミコノス島に足を伸ばしてみてくださいね。そして朝からカメラ片手にのんびり散策してみてください。

 

関連記事:今回使用したレンズはコチラ

僕が旅するレンズとして超広角レンズ「SIGMA12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」をおすすめする4つの理由

神レンズ!|僕が旅するレンズとして単焦点「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」をおすすめする5つの理由|海外旅行にも!

Olympusオリンパス Penシリーズ 次買うならどのレンズ?おすすめは?

 

関連記事:じゅんじゅんオススメのカメラはコチラ

【決定版】プロが教える|海外行くならこのカメラ!おすすめ

海外行くならこのカメラ|僕が旅する一眼にCanon6Dをおすすめする7つの理由!

 

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.