ギリシャミコノス島〜サントリーニ島|移動手段はフェリーがおすすめ。SEAJETSフェリーのレビュー&注意点まとめ。

更新日:

ギリシャ観光に行かれる方で、ミコノス島とサントリーニ島両方をまわるように計画を立てておられる方も多いと思います。

「ビーチはミコノス」「夕日はサントリーニ」それぞれの良さがあるので、両方ともおすすめです。

今回は、ミコノス島とサントリーニ島のおすすめの移動手段について書いてみたいと思います。

ミコノス島のオールドポート・ニューポートの取り違え注意点も・・。

ミコノス島・サントリーニ島の移動手段はフェリーがおすすめ

飛行機の場合

ミコノス〜サントリーニの直行便は飛んでいません。

なので一度アテネ空港まで飛んで乗り継ぎでサントリーニへ向かうことになります。

乗り継ぎのタイミングがうまく揃うと2時間程度で行けるかもしれませんが、便によっては4時間〜6時間かかることも。

しかも料金は格安航空会社(LCC)を使ったとしても、12,000円くらいかかります。

フェリーの場合

フェリーの場合は幾つかの島を経由しながら約2時間ほどでサントリーニ島へ到着します。

料金はシーズンと時間によって異なりますが、僕らは2人で135ユーロだったので、1人8000円くらいでした。

フェリーの予約についてはこちらの記事をどうぞ

【ギリシャ旅行準備③】サントリーニ・ミコノスなど島間の移動にはフェリー検索サイト・ダイレクトフェリーとAフェリー.jpがオススメ!

以下、ミコノス島→サントリーニ島間のフェリーの注意点とレビューまとめです。まずは、注意点から。

「ミコノス島〜サントリーニ島」フェリーの注意点。

注意ポイント

・出発港を間違えるな!
・チケットの発券はものすごい行列!
・時刻通りに来ると思うな!

・出発港について

ミコノスにはOld Port(オールドポート)New Port(ニューポート)と2つの港があります。

上の地図の赤いポイントがNew Port、青いポイントが Old Portdです。両方とも現在でもバリバリ現役で使われています。

多くの観光客がこの2つの港に惑わされて慌てています。

2つの港は距離にして2.6kmほど離れています。急ぎ足で歩いても30分かかります。タクシーで行くにしても余分な出費が痛いですね・・。

僕らは、ラフィーナからミコノスに着いた際は、オールドポートに着きました。サントリーニ島へ行くフェリーはニューポートからの出航でした。

必ず、予約する際に確認し、チケットを発券する際にもう一度どっちの港なのかを確認するようにしましょう。

・チケットの発券について

ネットで予約したチケットは現地で発券してもらわなければなりません。スマホなどでチェックインできるようになったら便利なのですが・・。

このチケット発券所が大混雑なんです。

写真の黄色い屋根のコンテナみたいなのがチケット発券所です。

あまりにも人が多く混雑しており、フェリーの時間に間に合うのか?と焦ります。

僕らは事前に、「港のチケット発券所は激混みだからミコノスタウンに行く時にミコノスタウンにあるチケット発券所で発券しときなさい」とAirBnBでお世話になったホストから言われていたので並ぶことはありませんでした。

ミコノスタウンのチケット発券所はコチラです↓

引用:Google Street View

皆さんも、ぜひミコノスタウンを観光するついでにチケット発券しておかれることをお勧めいたします。

・出発時刻について

ミコノスのフェリーはなかなか定刻通りに出航しません。僕らの便は1時間近く遅延しました。

それはミコノスが始発ではないからだと思われます。ほとんどのフェリーがピレウスからいろんな島を経由してミコノスへ来て、サントリーニへ向かいます。その関係で遅くなるのではないかと思います。

港にはベンチが置いてある休憩スペースがあるので、そこでコーヒーでも飲みながらのんびり待ちましょう。

待つこと1時間、ようやく僕らの便がやってきました。

では、ここからは実際に乗船してみたレビューをお楽しみください。

「ミコノス島〜サントリーニ島」Seajets2フェリー乗船記。

僕らが乗ったのは「Seajet2」という高速フェリーです。

高速船だけあってなかなかかっこいいですね。浮いてます!

「ラフィーナ→ミコノス」のフェリーに比べてかなり大きなフェリーです。

物凄い人数が大きな荷物を抱えて乗船していきます。

乗船すると両側の壁に棚が設置されており、それぞれの行き先の港ごとに荷物を置けるようになっています。

僕らはバックパックだったのでそのまま担いで座席まで乗り込めたんですが、ゴロゴロの人たちはここで置いていくように言われていました。

乗り込んでみると、なんともゴージャス!ラフィーナ港〜ミコノス島間で乗ったフェリーと明らかにデカさが違います!

まるでホテルマンのような乗務員さん達の出迎えを受けます。

階段上はさらにお高い席の模様・・。僕らは階段の脇の席へと案内されました。

座席もフカフカでものすごく快適でした。

フェリーの大きさがかなりデカイので、揺れもそんなになく船酔いも全く気になりませんでした。

後ろを振り返ると立派な売店。

前回の「ラフィーナ〜ミコノス」のフェリーでは、コーヒーを飲んで、物凄い船酔いして気持ち悪くて大変だったので・・

教訓を生かして、今回はコーヒーではなくオレンジジュースにしました。

このオレンジジュース、丸のままの綺麗なオレンジをじゃんじゃん潰して搾りたて100%!どうやらこの船のイチオシみたいで、次から次へと飛ぶように売れていました。

ほどよい酸味と甘みで大満足のオレンジジュースでした。皆さんもSeajets2に乗られる際はぜひオレンジジュースをオーダーしてみてくださいね。

しばらく走るとNaxos(ナクソス)島へ寄港。せっかくなので、甲板に出てみました。

ナクソス島も街並みがとてもおしゃれですね。今度は上陸してしばらく滞在してみたいなぁ〜。

反対側にはナクソス島のシンボルでもある神殿の扉が。このとき望遠レンズをバックパックの奥深くにしまってたので準備してなかったことが悔やまれます・・。

フェリーでの旅の醍醐味はいろんな島に寄港するので、それぞれの島の景観を楽しむことができるところが大きいですね。

そんなこんなで、フェリーに乗ること2時間ほどでサントリーニ島の港へ到着しました。

サントリーニ島の崖の下の港で、AirBnBホストの「ロセッラ」の迎えを待ちます。あまりの暑さにカフェタイム。港だけあって高かったな〜。

まとめ

ギリシャで島間の移動はフェリーがおすすめ。途中でいろんな島を見れるし、なかなか快適でしたよ!ただ時間通りには行かないので余裕を見てスケジュールを立てましょう。

関連記事

ギリシャラフィーナ港|アテネ国際空港からの行き方・チケットの買い方・メリットデメリット総まとめ

ギリシャ旅行の必需品「レンタルWi-Fi」

ギリシャのレンタルWi-Fiおすすめは?サントリーニ島でも使える?

グローバルWiFiお申し込みはこちら

わくわく楽しみなギリシャ旅行。Wi-Fiの準備はもうお済みですか?

古代都市アテネの街や、サントリーニやミコノスなど自然豊かな絶景の島を巡るにはレンタルWi-Fiがあると安心です。

レンタルWiFiがあると

・Googleマップで道案内!
・美味しいタベルナを探せる!
・美しい絶景をその場でインスタに!

入り組んだアテネの路地もGoogleMapがあれば平気ですし、美味しいお気に入りのタベルナを探したり、インスタに旅の写真をその場でアップできたりと大活躍。

旅の楽しさが広がります。

私たちのおすすめは グローバルWi-Fi 。アテネでもサントリーニ島でもサクサク繋がりとっても便利です。

グローバルWiFiお申し込みはこちら

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.