ネパール旅行ベストシーズン&時期別おすすめ観光スポット|実際に行ってみた写真多数。

ネパール旅行に来るなら、ベストシーズンは外せませんね。それで、今回はネパール旅行のベストシーズンをご紹介します。

また、世界一周中の方など、ベストシーズン以外にネパールを訪れる予定を立てている方も中にはおられますよね。そんな人も必見のネパールの時期別・気候別のおすすめ観光スポットもお届けします。意外と、ベストシーズン以外でなければ見られない・行けないところもあるんですよ。

ベストシーズンにはベストシーズンならではの、それ以外の時期もその時期ならではの観光地・見どころがあります。ネパール観光をより楽しいものにするための参考にしてくださいね。

ネパールの気候

ネパール観光のベストシーズンを語る前に、まずはネパールの気候について知っておかなければなりません。

亜熱帯気候に区分され、一年の中に雨季・乾季が訪れます。例年大抵5月末〜9月中旬までが雨季で、残りの月が乾季となります。

雨季と言っても、日本の梅雨のようにシトシトとした雨が続くのではありません。基本は明け方もしくは夕方〜夜にかけてドサーっとスコールのような雨が降ります。時たま、日中にも降ることがあります。

反対に乾季には全く雨が降りません。そして、12月〜1月にかけて、ネパールで最も気温が下がるプス月が訪れます。

雨季と乾季の変わり目には、大気が不安定な日が多く、突風や砂嵐・竜巻が起こりやすくなります。

一年のうち一番気温が高い月は雨季の直前の5月です。

もちろん、これはカトマンズの天気を目安にしています。日本も北海道と沖縄では全く気候が異なるように、ネパールも標高の高い北部と平地の南部では気候が異なります。タライ平原は真夏の温度が50度近くなることもあります。

では、以上を踏まえて、ベストシーズンを見ていきましょう。

ネパール観光のベストシーズン

スコールがなく、寒さの厳しくない10月11月や3月4月がベストシーズンとされています。この時期は、観光立国ネパールらしく、観光客がたくさん訪れ、国全体が活気づきます。

※注意!ネパールでは毎年10月11月にダサインとティハールというヒンズー教二大祭りがあります。ネパールの暦によって決まるので、日付は毎年異なります。祭りの日はレストランが閉店したり、交通機関が動かなくなることもあるので、観光にお越しの際はご確認ください。

ベストシーズンにとにかく見逃さないでほしいのは、何と言っても雄大なヒマラヤです。

トレッキング

ヒマラヤを身近に感じることのできるこの時期一番のおすすめは、やはりトレッキングです。

カトマンズの北東方向のエベレストサーキットトレッキングもありますが、わたしのおすすめはポカラを拠点とするトレッキングです。ポカラからアンナプルナやダウラギリ方面のトレッキングを楽しむことができます。

トレッキングというと、登山未経験者が挑戦するにはハードルが高そうと思う人もおられるかもしれませんね。でも、登山経験者ではなくても、トレッキングを楽しむことは十分可能ですよ。

  • 特別な装備はいらない。
  • 低コストで行ける。
  • 衛生面も問題のないゲストハウスがある。
  • 1泊2日や2泊3日で行ける。

というトレッキングも中にはあるんです。旅の選択肢も広がりますよね。

例えば、以前わたしの書いた記事で、「ジョムソン街道のトレッキングルートを貸し切りジープで行く。」というものがあります。

これなら、全行程2万円以内で行くことができました。ジープでいきますので、歩く必要はなし。特別な装備も必要なし。さらに、ジョムソン街道は観光客が多いため、他のトレッキングルートより道の整備がされています。道中のゲストハウスも、カトマンズより質良く清潔なところばかりでした。

初心者でもかなり行きやすいルート・手段だと思いますので、参考にしてくださいね。

ジョムソンの先のムクティナートにて。

ヤクを見ることもできる。温厚な動物だった。

また、ポカラからガンドゥルックまで行く1泊2日のトレッキングもおすすめです。こちらも途中までジープを使い、そこから1〜2時間かけてガンドゥルックを目指します。ハイキング気分で楽しむことができますよ。

ガンドゥルックで朝を迎え、真っ赤に燃えるヒマラヤを見たときは、感動しました。ガンドゥルックの宿もあっつあつのシャワーが出る、とても清潔なゲストハウスでしたよ。

ガンドゥルックのゲストハウスとヒマラヤ。

マウンテンフライト

それでもやっぱりトレッキングはちょっとハードルが高いかなぁ、という方には、マウンテンフライトで飛行機の中から感動的に美しいヒマラヤを望むこともできます。

カトマンズのトリブヴァン空港から、エベレスト方面へ周遊飛行ができますので、要チェックです。

ただ、マウンテンフライトは、少々お値段がするのと天候によって飛べない日も多いですので、お気をつけ下さいね。

ポカラに観光に行くという人なら国内移動を飛行機に変えるというのも手です。飛行機の中からヒマラヤを見ることができますよ。

カトマンズを出発してすぐ。下に見えるのはエベレストを含むヒマラヤ。

都市部近郊からヒマラヤを見る

カトマンズやポカラといった都市部近郊からも、ヒマラヤを見ることができます。

ナガルコット、カカニ、ドゥリケル(カトマンズ近郊)

ネパールではよく、「朝日のナガルコット、夕日のカカニ」と言われます。これはナガルコットがカトマンズの東側に、カカニが西側に位置しているからです。

もちろん、どちらも見逃してほしくないのですが、わたしのおすすめはナガルコットの朝日です。

乾季はどうしても大気が汚くなりがちですが、明け方であれば夜間からの気温差により非常に空気が澄んでいるんです。1日のうちで一番ヒマラヤが綺麗に見える時間帯ですので、お見逃しのないように。

カトマンズを夜に出てナガルコットへ向かい、一泊。翌朝、朝日を見て帰ってくるという素泊まりプランがおすすめです。朝日を浴びるヒマラヤは本当に感動的です。

また、早朝4時ごろにカトマンズのホテルを出発しても朝日に間に合いますので、ぜひ一度行ってみてください。カトマンズから近く簡単に行けるというのがいいですね。

ナガルコットの朝日。息を呑む美しさ。

ドゥリケルもカトマンズから簡単に行くことができます。ナガルコットに向かう道よりも綺麗なので、車酔いしやすい方にはドゥリケルの方がおすすめです。

ドゥリケル・ロッジリゾートからの眺め。朝日が昇りきった後。

サランコット、ダンプス(ポカラ近郊)

サランコットは、ゲストハウスの集中するレイクサイドから車で30分ほどで到着します。非常に近く、簡単にヒマラヤを見ることができます。

わたしが初めてヒマラヤを見たのも、このサランコットからでした。朝日とヒマラヤを初めて見、鳥肌が立ちましたよ。

ダンプスは、ポカラ中心部から車で1時間半ほどかかりますが、サランコットから見るよりも一層眺めがいいです。朝日の時間帯に訪れるなら、忘れられない光景が見えることでしょう。

ダンプスの展望台に向かう道の途中。ここも抜群の撮影スポット。

ダンプス展望台からの眺め。

ベストシーズン以外でも見どころあり!

これだけ散々ヒマラヤを押してきましたが、ネパールの見どころはヒマラヤだけではありません。それ以外のシーズンでも、ネパールの楽しさは尽きないんです。

12月1月冬の時期には。

この時期にネパールを訪れる方は、寒さに覚悟しなければなりません。

カトマンズであれば、氷点下になることはほとんどありませんが、なんせ電気のない停電大国ですので、防寒手段が限られてきます。

この時期、ネパールを訪れる方はベストシーズン時より少ないですよね。でも、この時期におすすめの観光地があります。

それは、チトワン国立公園です。カトマンズから南西に位置し、車で6時間ぐらいかかります。

なぜ、このチトワンがおすすめかというと、チトワンは標高・緯度共に低いため、カトマンズより暑いんです。なので、この寒い時期以外に訪れると、結構蒸し暑くて体力的にきついんですよね。(もちろん、その時期もおすすめではありますが。)

チトワンでは、エレファントライドで国立公園内を探索することができます。中々できない体験ですよね。

こちらも参考に。ネパール チトワン国立公園でアクティビティー体験。エレファントライド&ジャングルサファリ!

エレファントライド。

野生のサイの親子。

また、チトワンに行かれた際に、「ワイルドハニー」というが売られていたら、ぜひお土産に購入してくださいね!カトマンズでは手に入らないものなんです。

このワイルドハニー、色が真っ黒で甘みも苦味もすごく濃厚なんです。舐めると、ほのかに花や木のような植物の香りも香ってきます。

プロポリスを飲んだ時と同じように、喉の奥が熱くなりピリピリとしてきます。普通のハチミツってそんなことないですよね。わたしは専門家でもなんでもありませんが、殺菌効果がすごくありそうだし、体を温める効果もありそうです。

それに、このハチミツを舐めると、体がポカポカするからか、コロンと眠ってしまうんです。恐るべき自然の力、恐るべきワイルドハニー。

ぜひぜひチトワンで見かけたら、買ってみてください。

4、5月には。

トレッキングのベストシーズンとも一部重なっていますが、この時期にはホタルを見ることができます。

日本でホタルというと綺麗な水源のあるところにしかいない生き物ですよね。でも、ネパールでは案外その辺りの空き地でも見られるんです。

もしかすると、ヒメボタルの一種なのかもしれません。ゲンジボタルなどよりも点滅の間隔が狭いんです。

わたしは排気ガスもひどくゴミのポイ捨ても多いカトマンズのリングロード内に住んでいましたが、そんな場所でもホタルを見ることができました。

2015年4月25日に起きたネパール大震災。その地震のすぐ後にも、家の前をホタルが飛んでいたんです。地震で辺りはすっかり変わってしまったけど、ホタルは変わらず綺麗なまま飛んでいて、恐怖感から一瞬解放されました。

カトマンズのゲストハウス付近でもきっとこの時期見られるはずです。探してみてくださいね。

大規模なホタルの乱舞を見たいという方にはポカラがおすすめです。この時期、ポカラのフェワ湖沿いでは夕方〜夜にかけてホタルの乱舞が見られますよ。

4月には。

4月には、藤色の桜・ジャカランダが咲き誇ります。カトマンズのダルバールスクエアやリングロード沿いに植わっていますので、ぜひ見てくださいね。

7月には。

7月には、幻の花・ブルーポピーが咲きます。標高4500メートル以上でないと咲かないという花。

雨季ゆえに花弁がうっすらと透けて見えるのが、何とも儚く、「幻の花」であることを感じさせます。わたしもまだ見たことがないんです…。一生に一度は見てみたいなぁ。

こちらのサパナさんという日本のトレッキング会社が、ブルーポピーを見るツアーを催行しています。ブルーポピーの咲く天空の花園を偶然発見されたのだとか。

こちらのスタッフブログを見ているだけで、癒されます。あぁ、いつか見てみたい。

通年おすすめ観光地

カトマンズ近郊の、スワヤンブナートやカトマンズ・ダルバールマルグ、パタン・ダルバールマルグ、バクタプル、ティミなどはどの時期に訪れても楽しめると思います。

またポカラもいつ訪れても、癒されますよ。リラックスできる都市です。

ではでは、ネパール観光を楽しんでくださいね〜。

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です