花火の撮り方、設定方法。一眼レフ初心者講座。

 

一眼レフカメラを購入して初めての夏を迎えるという方も多いと思います。やっぱりカメラ買ったら夏の風物詩である花火撮影にチャレンジしてみたいですよね。

  • 花火撮りたいけど難しそう
  • 花火撮ってみたけど、真っ白な写真になった。
  • ブレブレの写真になった。

僕もカメラを買って最初に花火を撮りに行った時はこんな気持ちでした。

でも、花火撮影は難しそうに見えて、ポイントさえ抑えてしまえば簡単です。

今回は、僕が花火大会で実際にやっている撮り方と、カメラの設定方法をご紹介します。この設定通りにやってみると初心者でも簡単に綺麗な花火を撮ることができます。

花火の設定と撮影方法

①  ピント合わせ

花火の撮影で一番重要なのは、ピント合わせです。

ピントはマニュアル(MF)で合わせます。

レンズにAF(オートフォーカス)/MF(マニュアルフォーカス)の切り替えボタンが付いていますので、これをMFの方に動かします。

そしてレンズのピントリングをくるくる回してピントを合わせるんですが、暗い中ファインダーを覗いて目視でこの作業をするのは大変。

そこで、ライブビュー画面を使ったピント合わせを行ってみましょう。

ライブビュー画面を表示します。

遠くにある目立つ建物や光の部分を拡大します。

この状態だと、建物がぼけているので、はっきり、くっきり見えるようにピントリングを回して調節します。

バッチリ合いました。これでピント合わせはO.K.です。

ピント合わせはライブビュー画面で拡大してマニュアルで合わせよう!

ここからはカメラの中の設定をしていきましょう。

②  設定

・バルブ(BULB)モード。

まず、花火撮影のときに使うモードはBULBモードです。

バルブモードとは、マニュアル(M)モードの一部で、自分がシャッターを押している間撮れるというモードです。

一眼レフカメラのモードダイヤルに B という表示があります。

Bモード が無い場合は、Mモードを選択し、シャッタースピードを30秒より長くしていくと、BULBという表示が出てきます。

・絞りは F11から。

花火撮影の場合、絞りは明るさに関係してきます。最初はF11くらいで撮り始めてみて、明るさを見ながら調整してみましょう。

詳しくは下の露出の項目をご覧ください。

・ISOは100。

ISOは、カメラの設定できる一番低い値に設定しましょう。

ほとんどのカメラはISO100、ミラーレス一眼や入門機などでは、ISO200が一番低い値という機種もあります。

・露出

僕が初めの花火撮影で、バルブモードで撮ろうとしたとき、「あれ露出は?明るさ調整する項目がないんだけど!?」とパニクりました。

実は・・バルブモードでは露出の ± ボタンはありません。

と言うのも、バルブモードでは、シャッターを押している時間と花火の明るさ、絞りやISOなどの設定によって露出が変わってくる設定なんです。

では、どうやって写真の明るさを変えたら良いか?簡単に書いてみます。

シャッタースピードと絞りとISOの関係性

写真 シャッタースピード 絞り ISO
明るすぎる場合 短くする 絞る 下げる
暗い場合 長くする 開ける 上げる

写真が明るすぎて白っぽくなっている場合、3つの解決方法があります。

それぞれの原理を説明するとこんな感じです。

❶  シャッターボタンを押す時間を短くする。

シャッターの時間を短くする→光を取り込む時間が短くなる→暗くなる

❷  絞りを絞る。

絞りを絞る→光を取り込む穴の大きさが小さくなる→暗くなる

絞りを絞るとは変な表現ですが、カメラをする人たちの間では普通に使われます。

F2.8  開ける ←  F8 → 絞る  F11

Fの値を小さくしていくことを開ける、大きくしていくことを絞ると言います。

絞りについてはこちらの記事で詳しく説明しています。↓
絞りとは?【一眼レフカメラ初心者必見!】絞りで写真は劇的に変わる!

❸  ISOを下げる。

ISOを下げる→光を取り込む能力を抑える→暗くなる

ISOは、「カメラの性能を無理やり上げてくれる魔法」と考えると良いです。ISOを上げると暗い中でもブレずに撮れるようになりますが、上げすぎるとザラザラとした写真(ノイズののった写真)になってしまいます。

魔法の使いすぎには注意が必要です。

花火撮影の場合は、花火自体がかなり明るいのでISOを上げることはまず無いでしょう。一番低い値に設定しておきましょう。

・WB(ホワイトバランス)はオート。

花火大会では、いろいろな色と種類の花火が打ち上がります。花火の種類に合わせてホワイトバランスをいじるのは至難の技です。いじってるうちにもバンバン上がるので、花火を撮り損ねることに・・。なので、ホワイトバランスに関しては、編集の時にいじるという方法が一番簡単です。

例えば、こちらの花火。

WB(ホワイトバランス)3150K RAW撮り後編集ソフトで編集。

WB(ホワイトバランス)5250K RAW撮り後編集ソフトで編集。

このように色鮮やかな花火の場合は、ホワイトバランスは低め(蛍光灯側)の方が綺麗に色が出ます。

一方、クライマックス時の柳系の花火の場合。

WB(ホワイトバランス)3150K RAW撮り後編集ソフトで編集。

WB(ホワイトバランス)5250K RAW撮り後編集ソフトで編集。

このようなしだれ系の花火は、ホワイトバランスの色温度を高めにすると豪華に見えます。

花火の種類により、ホワイトバランスは異なる。編集で合わせよう!

・記録モードはRAWで。

花火を撮る場合は、後から編集することを考えて、必ずRAWで撮るようにしましょう。RAWで撮っておくと、色温度(WB)や明るさなどを編集しても画質が落ちにくくなります。

花火の編集方法についてはこちらに詳しく書いています。↓
花火の写真の編集方法|CameraRAWを使ってドラマチックに仕上げよう!

・ノイズリダクションはOFFに。

一眼レフカメラには、1秒以上シャッターを開けると、自動的にノイズを少なくする機能が付いている場合があります。これをノイズリダクション機能と呼ぶのですが、花火撮影の場合はこの機能を必ずオフにしておきましょう。

なぜかというと、ノイズリダクションをオンの状態で撮影すると撮り終わった後、ノイズリダクションの動作に入り、数秒間から数十秒間シャッターが切れなくなってしまいます。

ノイズリダクション中に綺麗な花火が上がって撮り損ねるということが起こってしまいますので、必ずノイズリダクションはオフにしましょう。

花火撮影に必要なもの

  • 三脚
  • レリーズ
  • 大容量のSDカード
  • 黒いうちわ
  • 虫除けスプレー

①  三脚

このような花火を撮る場合、三脚は必須です。長い時間(数秒〜数十秒)シャッターを開けるので三脚がなかったら間違いなくブレブレの写真になってしまいます。

三脚はプラスチックのものではなく、安定性の高いしっかりしたもの(アルミ・カーボンなど)を選びましょう。

花火撮影ってベストスポットを求めて山道を歩いたり坂を登ったりと大変。僕も最高の1枚を求めて毎回汗かいてます。

ただでさえ重たいカメラ機材を抱えていくので、三脚は持ち運びしやすいものがおすすめ。

僕が花火大会におすすめする三脚はこれ

マンフロット社のBefreeは、アルミ製でとても安定性が高く、かなりしっかりしているので花火撮影にぴったりです。

また、たたんだ状態で40cmとコンパクトながら、伸ばすと144cmの高さになります。

これだけの高さがあればガードレールや手すりなど障害物があってもしっかり撮影することができます。

重量も1.4kgと持ち運びもラクラクです。

かなり使い勝手がいいので、花火撮影の三脚に迷ったらコレを選んでおけば間違いないです。

②  レリーズ

レリーズとは、カメラ本体でシャッターボタンを押す代わりに、手元でシャッターを切ることができるアイテムです。

花火撮影の場合は、シャッターボタンを押し続ける必要があるのでカメラに力が伝わりブレやすいです。そのブレを軽減してくれるレリーズは必須アイテムです。

メーカーや機種によって、適合するレリーズが異なりますので、買われる際はご注意ください。

 

③  大容量 & 高速のSDカード

花火大会では、次から次にシャッターを切っていきます。なので、容量の大きなSDカードが必要です。

また、書き込み時間の遅いSDカードだと、書き込んでいる間はカメラが使えません。サクサクっと花火撮影を楽しみたいので書き込み時間の速いSDカード(class10)を持っていきましょう。

僕がいつも使ってるSDカードはこれ

花火の撮影はシャッターチャンスを逃さないために、立て続けに連写することが多いんですが、このSDカードは書き込み速度も十分。

ストレスなく花火の撮影を楽しむことができます。

SDカードの、書き込み時間の速い・遅いの見分け方はこちらの記事にまとめています。↓
SDカードの選び方【一眼レフカメラ初心者必見!】どのSDカードがおすすめ?安いのでも大丈夫?

④  黒い団扇

黒いうちわは、自分の好きな花火だけを写真に入れ込むのに使います。

画面のいろんな場所にいろんな種類の花火があった方が華やかに見えますよね。

花火大会では、同じ場所に同じ花火が連続して打ち上がるパターンがほとんどです。何個も何個も重なってしまうとガチャガチャした花火写真になってしまいます。

また自分の望むところに花火が上がるまで、ずっとシャッターを開けておくと、今度は明るすぎる真っ白な写真になってしまいます。

そこで登場するのが、この黒団扇です。(今回自作したのは若干茶色ですが・・問題ありません!)

使い方は簡単。

自分の狙っている花火が上がってくるまで、黒い団扇をレンズの前にかざすだけ。

そうすることにより、団扇でレンズを隠している間は何も写らなくなります。(暗いので団扇の影も全く写りません)

これで、長い時間シャッターを開けながら、自分の好きな花火だけを選んで撮ることができます。

もちろん細切れで撮影して、編集で自分の好きな花火だけを重ねて、華やかな一枚に仕上げるということもできますが、「いや合成はダメでしょ!花火は一発撮りじゃなきゃ!」という方は、黒団扇撮影にトライしてみましょう。

⑤  虫除けスプレー

花火撮影においてのもう一つの重要アイテム、虫除けスプレー!場所取りの待ち時間も含めて長期戦になるので、虫除けスプレーは必須です。最近ではマダニの被害もあるので忘れずに持っていきましょう。

まとめ

もう一度基本設定を簡単におさらい。

ピント MF(マニュアルフォーカス)
モード BULB(バルブ)モード
絞り F 11 から
露出 シャッターボタンを押す時間か絞りで調整。
ホワイトバランス オート。編集ソフトで調整。
記録 RAWモードで記録。
ノイズリダクション 必ずオフ。

 

ポイントと設定さえ抑えてしまえば、花火撮影はとても簡単で楽しいものです。皆さんもぜひカメラを持って花火大会に出かけてみましょう。

人気のある花火大会だとカメラマンがたくさん来るので、三脚の置ける見通しの良い場所はすぐに埋まってしまいます。早めに会場に行くこともお忘れなく!マナーを守って花火撮影を楽しみましょう。

それでは良い夏を!


花火の撮影技術をしっかり学びたい方はこちらの本もおすすめです。

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!



Booking.com

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です