朝日夕日の撮り方、設定方法。一眼レフ初心者講座。

一眼レフカメラに関する質問の中で、特に多いのが設定についての質問です。

今回は、朝日や夕陽の美しい撮り方、撮影のコツについて書いていきます。

  • どんなモードで撮ったらいいの?
  • どうやったらオレンジの綺麗な色を出せるの?

その答えは、ずばり設定にあります!

朝日・夕陽のカメラ設定

SONY DSC

Avモード

まずは、どのモードで撮ればいいの?と悩む方も多いとおもいます。

カメラを始めたばかりで、どう設定したらいいか分からないという方。まずはAvモード(絞り優先)で設定していきましょう。

慣れてきてカメラの設定を理解してくるとMモード(完全マニュアル)で綺麗に撮ることができますが、まずは簡単なAvモードから始めてみましょう。

Avモードを使いこなせるようになると、だんだんとなんとなくカメラの設定が分かってきます。

絞り値

朝日、夕日を撮る場合、絞り値(F)は、どれくらいに設定すればいいのでしょうか?

絞り値の設定は少し絞って、F6.3-F11くらいにしておきましょう。

カメラ用語解説

絞るF値を大きくする

開けるF値を小さくする

開放F値を最小にする

 

露出

露出とは、写真の明るさのことです。

朝日や夕日を撮るときに露出をオートにしていると、撮れた写真が明るすぎて空の色が白っぽくなって綺麗なオレンジ色にならなかったりします。

それで綺麗で落ち着いた写真を撮るためには、露出をマイナス側に設定しておきましょう。

IMGP0030

ISO感度

フィルムカメラを触ったことなく、デジタル一眼レフカメラから始めた方。ISO感度って何?って方も多いかと思います。

ISO感度とは説明が難しいのですが、カメラの基本性能を無理やり全部あげる魔法みたいなものです。

性能が上がるのなら高めに設定しておいた方がいいのかというと、そういうわけでもありません。

無理やり上げるということは、必ず弊害も生じてしまいます。

このISO感度を上げすぎると、ノイズが発生してしまうのです。

ノイズが目立ってくるとザラザラ、チラチラした写真になってしまいます。

そのため、ISO感度は出来るだけ低いほうが好ましいです。

三脚を据えたり、しっかり固定して撮る場合は、ISOは100に。手持ちで撮る場合は、しっかり構えてISOは200~400くらいに設定しましょう。

WB

WBとはホワイトバランスのことです。色温度とも呼ばれます。ホワイトバランスはオートではなく、マニュアルにしておきましょう。

6000K(ケルビン)くらいに設定すると、実際よりオレンジに写り、綺麗な夕日色になります。

IMGP0022

撮影に必要なもの

❶  三脚はなぜ必要か?

出来れば、朝日夕日の撮影には三脚を使用しましょう。なぜ三脚が必要なのでしょうか?

それは、昼間の撮影に比べて、暗くなるので、シャッタースピードが遅くなります。

昼間なら「カシャッ」っと撮れてたのに、朝日夕日になると「カァーシャッ」くらいな感覚になります。ちょっと分かりにくい・・(笑)

シャッタースピードが遅くなるとどうなるか。

もし手持ちで撮影している場合、ブレブレの写真になってしまうということです。

手持ちでブレないシャッタースピードの限界は1/30秒~1/50秒と言われています。(1/レンズの焦点距離とも言われています。)

意外と短い時間でもブレてしまうんですね。

それで三脚を立ててしっかり固定して撮影することをお勧めします。

僕が夕日撮影におすすめする三脚はこれ

この三脚はアルミ製でとても安定性が高く、かなりしっかりしているので、夕日や夜景の撮影に最適です。

また、たたんだ状態で40cmとコンパクトながら、伸ばすと144cmの高さになります。

これだけの高さがあればガードレールや手すりなど障害物があっても、上にカメラが出るのでしっかり撮影することができます。

重量も1.4kgと持ち運びもラクラクです。

かなり使い勝手がいいので、三脚に迷ったらコレを選んでおけば間違いありません。

❷  レリーズって?

レリーズというのは、シャッターを押す外付けのボタンケーブルです。

こんなやつ↓↓

レリーズを使うと良いのはなぜか?

それは、シャッターを押すと、カメラに力が加わり、わずかにカメラが動いてずれてしまいます。そうすると、ここでもブレブレの写真が出来上がる原因になってしまうわけです。

その点、このレリーズを使うとカメラに力が加わらないのでブレる心配がありません。

レリーズを持っていない方は、カメラの設定でタイマーがある場合、タイマー設定を使いましょう。

2秒タイマー、10秒タイマーなどを使うとシャッターボタンを押して、カメラに力がかかってから、しばらくしてから写真を撮ることになるのでブレにくくなります。

朝日・夕日の撮影に適したレンズは?

朝日や夕日の撮影に、特別高いレンズは必要ありません。広角〜望遠までこなせるキットズームレンズなどでも十分綺麗な朝日・夕日の写真を撮ることができます。

ダイナミックな夕日の写真を撮りたい場合は、キットズームレンズよりも広範囲に写すことが出来る広角レンズがあるといいかもしれません。

・広角レンズ

ギリシャ・サントリーニ島イアの夕陽。

これは、フルサイズ換算12mmという超広角ズームレンズを使って撮った一枚です。街と夕陽を一緒に撮るとなると、普通のレンズでは難しかったので、超広角レンズを持っていて良かったなと思った瞬間です。

この広角レンズの詳しいレビュー記事はこちら。↓
僕が旅するレンズとして超広角レンズ「SIGMA12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」をおすすめする4つの理由

・明るいレンズ

あと、夕陽が沈んだ後のトワイライトタイムに街のあかりと絡めて撮りたい!という場合は、少し明るめのレンズがあるとクリアで綺麗な写真が撮れます。

明るいレンズとは、F値(絞り値)の最小絞り値の値が小さいレンズのことです。例えば、Canonのキットレンズ(EF-S18-55mm)などは、絞り値はF3.5〜5.6となっています。このF3.5という値が最小絞り値になります。

ここの値が小さいレンズを使うと、暗い中でも比較的クリアに明るく撮ることができるようになります。

イアの街のトワイライトタイム。

この写真は、先ほどの夕陽の写真のちょっと後暗くなってきてから撮った一枚です。使用しているレンズはSIGMAのArt35mmというレンズなんですが、F値の最小絞り値はF1.4というとても明るいレンズです。

F値が小さく明るいので、ノイズも少なくクリアな夕景写真を撮ることができました。

 

このレンズの詳しいレビュー記事はこちら。↓
神レンズ!|僕が旅するレンズとして単焦点「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM」をおすすめする5つの理由|海外旅行にも!

ということで、カメラを手にして、しばらくはキットレンズで設定を変えてたくさん撮ってみましょう!

そして、慣れてきたら、さらに超広角レンズや明るいレンズなどにトライしてみるのもいいかもしれません。

まとめ

設定のおさらいをしてみましょう!

モード Avモード(絞り優先)
絞り F6.3-F11くらい
露出 マイナス側に
ISO 三脚なら100 手持ちなら200−400
WB マニュアルで色温度高めに6000Kくらい

カメラの機種によっては、WBを調整する際に、色を加えることができる機種もあります。

マゼンタを少し強くすると、幻想的で目を引く朝日、夕日の写真を撮ることができます。これは個人的な好みですが・・。

いろいろ試してみて、自分好みのお気に入りの設定を見つけてください。

ちなみに夕陽の撮影の場合、太陽が完全に沈んでしまったあと、しばらくしてから空が爆焼けすることがあります。

日が沈んだ後も少しだけ粘ってみましょう。美しいトワイライトタイムを堪能できるかもしれません。

またNDフィルターなどの撮影小道具を使うと、よりダイナミックで迫力のある夕景写真を撮ることができますよ。

さらに詳しい設定や、撮影テクニックを知りたい方はこちらの本がおすすめです。とても勉強になります。

それではみなさん、楽しい写真ライフを!質問などありましたら、コメントにてどうぞ。

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です