[Osmo Pocket アクセサリー]8ヶ月使って分かった一緒に揃えるべきおすすめアクセサリーは?

更新日:

※ 2019年8月9日最新の情報に更新しました。

超小型ジンバル付き4Kカメラとして話題沸騰中の「DJI OSMO POCKET(オズモポケット)」

当たびハックでも、度々登場しているので気になっている方も多いと思います。

関連記事

「DJI OSMO POCKET」は買い?価格・性能徹底検証!GoPro HERO7とのスペック比較も!
OSMO POCKET レビュー|これは凄いぞ、実際使って大感動!けど不満点もあるよ。

手元に届いて約8ヶ月、毎日のように持ち出しては使い倒しています。

今年の入りベトナム、シンガポール、ネパール旅行に持って行き様々なシーンを撮影してきました。

ということで、今回は「実際に使ってみて分かる!一緒に揃えたいアクセサリー」について書いてみたいと思います。

僕が実際に使用しているアクセサリーを中心にセレクト。

  • 絶対に必要なものは?
  • タイムラプス撮影に必要なアクセサリーは何?
  • 発売されたら買うべきおすすめアクセサリーは?
  • 用途に合わせてあとあと揃えたいアクセサリーは?

「OSMO POCKET」アクセサリー、最初に揃えるもの4つ

必須アイテム

❶  OSMO POCKET 本体
❷  マイクロSDカード
❸  レンズ・液晶ディスプレイ保護フィルム
❹  モバイルバッテリー

❶「OSMO POCKET」本体

まずは本体。僕はいつもDJI製品は「公式サイト」から購入するようにしています。

理由は、初期不良などきちんと対応してくれるから。安心感が違います。

Amazonや楽天は、出品者によっては、初期保証さえついていない場合があるので注意が必要です。

❷  マイクロSDカード

「OSMO POCKET」を購入する際に一緒に買ったマイクロSDカード。

SDカード安いものから高いものまで色々ありますが、このカードを選べば間違いなしです。

「OSMO POCKET」は4K対応なので、書き込み速度が速いものでないと途中で固まって撮影が止まってしまいます。

推奨されているのは【UHS-I U3】規格。この表示があるカードなら書き込み速度が速いので固まることはありません。実際僕も使っていますが一度も固まることなく快適です。

あと容量ですが、旅行に出かける場合は余裕を持って【128GB】がおすすめですよ。

❸  カメラ・液晶ディスプレイ保護フィルム

「OSMO POCKET」は、持ち歩いて使うのでそのままテーブルに置いたりしちゃいがち。

誤ってバランスを崩して、落下なんてこともあり得ます。僕自身、何度かヒヤッとした経験があります。

一番壊れやすいところである、レンズ部分と液晶モニターの保護フィルムは絶対に付けておいた方が良いです。

むしろ標準セットでついていて欲しいくらい。

タッチパネルに傷が入ってしまうと、使うたびに気分が滅入るだけでなく、手放す時にも価格が一気に下がってしまいます。

購入時には、必ず保護フィルムを貼っておきましょう。

❹  モバイルバッテリー

フル稼働140分と、思った以上にバッテリー持ちの良さを見せてくれる「OSMO POCKET」

ですが、最大の問題点は内蔵バッテリーだというところ

そう、電池が切れたら予備バッテリーで再撮影!って使い方ができないんです。

旅行などで1日中撮影してまわると、当然バッテリー切れになっちゃいます。

そこで絶対に必要なのがモバイルバッテリー。

充電しながらの撮影も可能なので、長めのUSB Type-Cケーブルとセットで持っておくと便利です。

はじめに揃えるべきアクセサリーはここまで。

・おすすめの大容量モバイルバッテリーはこちら↓

Anker PowerCore 20100レビュー!コスパ最強の大容量モバイルバッテリー

タイムラプス・モーションラプスを撮るのに必要なアクセサリー

この動画(タイムラプス・モーションラプス)は、次のアクセサリーを使って撮影しています。

タイムラプス撮るなら

①  三脚ネジ用アダプター
②  小型三脚「ゴリラポッドマグネティックN」
③  三脚「insta360バレットタイム用」

①  2WAY 三脚ねじ用アダプター

「OSMO POCKET」本体にはネジ穴が付いていないため、三脚に取り付けようとするとアダプターが必要になります。

こちらのアダプターを購入し2週間使用しましたが、かなり使い勝手がいいです。

タイムラプス撮影・モーションラプス撮影・定点撮影などやってみたい方は、ぜひ揃えておきましょう!

②  三脚・ゴリラポッドマグネティックN

タイムラプスや動きのあるモーションラプス撮影をする場合、しっかりと固定できる三脚が必要になります。

そこで便利なのが、どんなところにも「巻きつけて」「くっつけて」使えるこちらの三脚。

「ベトナム・ハロン湾で夕日タイムラプスを撮影中」

こんな感じで手すりなどにしっかり固定することができるので、場所を選ばずに使えます。

しかも足の先端(赤い部分)は、強力なマグネットになっているのでかなり安定します。

ベトナム・ホーチミン。新年で賑わう大通りを俯瞰撮影。

なので、こんな感じで「高いビルから俯瞰撮影!」といった使い方もできるのでオススメです。

斜めの前傾姿勢がちょっと怖いですが・・。(笑)

ゴリラポッドマグネティックN」の詳しいレビューはこちら。

レビュー記事

アクションカム用におすすめ!「ゴリラポッドマグネティックN」使用レビュー

ハンドバッグに以下の三点セットを忍ばせておくと、いつでもどこでも素敵なタイムラプス動画が撮影できちゃいます。

タイムラプス用セット

①  OSMO POCKET 本体

②  ゴリラポッドマグネティックN

③  2WAY 三脚ネジ用アダプター

③  三脚・insta360 バレットタイム撮影キット

ゴリラポッドじゃちょっと高さが足りない。どこにも巻きつけれる場所がない・・。という場合はこちらの三脚がおすすめ。

これ、insta360っていう360度カメラ用の三脚(自撮り棒)なんですが、「OSMO POCKET」にかなり使いやすかったのでご紹介。

小さい方は足を開くと安定性のあるテーブル三脚として使用できます。

高さが欲しい場合は、自撮り棒(底部にネジ穴が付いています)を接続して、こんな感じで使うことができます。これが思ったよりもかなり安定感があります!

ちねみに、これ作ってるの「SIRUI」という中国の三脚メーカー。信頼性・評判ともに高いブランドです。

insta360用のアクセサリーとして購入しましたが、「OSMO POCKET」のタイムラプス撮影に大活躍でした。

普通の三脚と違いコンパクトで、持ち歩き用のサブバッグにも入るのでおすすめです。

発売されたら絶対買うアクセサリー。

①  延長ロッド(専用自撮り棒)

これ発売されたら絶対買う!と決めてるやつ。

けどなかなか発売されないんですよね。

似たような自撮り棒はたくさん出てるけど、大きく違うのは手元にボタンがあるかないかということ。

やっぱり手元のボタンでサクッと撮れちゃうのじゃないと自撮り棒買っても意味ないじゃん!と思って保留中。

公式さん、早く発売してください!せめて発売日だけでも教えて・・。

2019.8.9 追記

ついに、こちらの「延長ロッド」が発売になりました。

新しいアクションカム(Osmo Action)とかいろいろ新製品が出ていたので、もう発売されないのでは・・と危惧していたのですが、ついに発売!

実際使ってみると、これ超おすすめ!

【Osmo Pocket 延長ロッド 使用動画】

今まで狭い狭いと言われていた、Osmo Pocket の画角問題も一気に解消できます。

自撮りする際の顔の圧が全く違います。笑

そして、何より手元で簡単に操作ができるので便利!

もはやこれ「Osmo Pocket」を使う人の必需品と言ってもいいくらいのレベルです。

②  Osmo Pocket コントローラーホイール

こちらは、動画撮影のときに手元でパン・チルトを滑らかに行えるダイヤルコントローラー。

本体のみで使用する場合、タッチパネルでも操作出来なくはないのですが、物理ダイヤルがあるとやっぱり便利です!

2019.4.30 追記

こちらも購入しました。

実際に使ってみるともう手放せません。Osmo Pocket が段違いに使いやすくなります!

かなり滑らかに動かせるので、動画メインで使っている方には必須アイテムですね。

③  Osmo Pocket 充電ケース【純正】

こちらは「収納ケース × バッテリー」一体型になったアイテム。

収納時に自動で充電することができるので、持ち運び時に便利です。

また、スイッチを押すと自動で回転しながらOPENする様が、ガジェット好きの心を鷲掴みに。

早く販売開始されないか楽しみです!

2019.4.30 追記

ようやく在庫が入ったとの連絡があり、購入しました!

期待通り、いや期待以上のカッコ良さで大満足です。近未来的なガジェットが所有欲を満たしてくれます。

レビュー記事

OsmoPocket充電ケース【純正】買いました!スタイリッシュでめちゃくちゃカッコ良い!

その他、用途に合わせて揃えたいアクセサリー

❶  iPhone(スマホ)固定金具

こちらは「OSMO POCKET」と「iPhone(スマホ)」を固定する金具。

僕は、動画撮影の際も「OSMO POCKET」単体で使うことが多いのですが、スマホを接続した状態で使いたい人には必須なアイテムです。

というのも・・

こちらがスマホと接続したところ。

Lightning端子ひとつで繋がってる状態。(他に何も支えはない)ちょっと安定性に欠けます。

実際に使用している人の声を見てみると、この端子が割れてしまったという口コミも。

普段からスマホと接続して使う場合は、しっかりと固定できる金具(クオリティーの高いやつ)を用意しておきましょう。

❷  Osmo Pocket ワイヤレスモジュール

WiFiやBluetoothで、スマホと「OSMO POCKET」を接続できるモジュール。

「OSMO POCKET」は、操作系はスマホの方が有利。

例えば、モーションラプス撮影の場合、本体側では2点(始点→終点)しか選択できませんが、スマホアプリだと4点指定することができます。

【スマホで設定→録画ボタンを押すと同時に引き抜く】という荒技でもできなくはないんですが、ワイヤレス接続できるモジュールがあるとやはりスマート。

しかもUSBで本体充電しながら撮影ができるというのも魅力ですね。長時間タイムラプスだとバッテリーの心配もありますし。

ただ、平たい場所にしか置けないというのがどうにも難点。三脚に取り付けれるようにしてくれたら良かったのに・・と思っちゃいます。

買うかどうかちょっと悩み中のアクセサリーです。

❸  Osmo Pocket アクセサリーマウント

こちらは、アクションカムの代表「GoPro」のアクセサリーを使用できるようにするアダプター。

単純な構造なので、サードパーティー製でも十分かなと個人的には思います。

こちらは先ほど紹介した2WAYアダプターの3WAYバージョン。クオリティーも悪くなかったのでオススメですよ。

「GoPro持ってて流用できるアクセサリーがたくさんある!」という方はぜひ。

❹  NDフィルター

こちらは、明るい屋外での動画撮影で白飛びを防ぐのに有効なNDフィルター。

実際どれほどの効果があるのかは未知数ですがちょっと試してみたいかも。

2019.4.30 追記

こちらも購入してみました。

ND4・ND8・ND16・ND32の4枚セットです。

実際の使用感など、また追ってレビューしてみたいと思います。

❺  首かけストラップ

2週間ベトナム旅行に持って行って「これ必要だな!」と思ったのが、首かけストラップ。

いちいちカバンの中に収納するのが面倒臭いんですよね。それに「あっ!撮りたい!」ってなった時にすぐ使えない。

ということで旅行中は、ポケットに突っ込んで持ち歩いてました・・。

ストラップで首からかけておくと、落とす心配もないし、すぐ使えるし、使ってないときは両手あくし。

しかもこのネックストラップは、カラビナ部分で取り外せるのですごく便利そう。今後ぜひ揃えたいなと思います。

❻  OSMO POCKET 携帯ケース

バッテリー内蔵の純正充電ケースは要らない。ただ持ち運びに便利なケースがほしいという方はこちらがおすすめ。

こちらは、本体だけでなくマイクロSDや、NDフィルター、アダプター、ケーブルなど一気に収納できるケースです。

以前、GoProの収納ケースでこの「Smatree」ブランドのものを使ったことがあるのですが、かなり丈夫でクオリティーも高かったです。

全部まとめて旅行に持って行きたい方はぜひ。

まとめ


その他、自分好みにデコレーションできるステッカーや、「OSMO POCKETのスタンド」など、いろんなアクセサリーがありますがあまり必要性を感じなかったため割愛。

とにかくいろんなアクセサリーがあるので、まずは実際に使ってみて、必要だなと感じたら後から徐々に揃えていくのが絶対に良いです!

また面白い便利なアクセサリー見つけたら追記していきたいと思います。

この記事が、みなさんのアクセサリー選びの参考になれば嬉しいです!

 

 

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.