一眼レフカメラの写真に写る黒いゴミ。その原因と対策(メンテナンス)について。

今回はカメラのお掃除(メンテナンス)のお話。

デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラで写真を撮っていると、黒っぽい丸いものが写真に写ることがあります。

綺麗な大空に無数に浮かぶ黒いポツポツ・・。せっかくの美しい写真が台無しです。

  • 写真に写る黒いポツポツの正体は?
  • 出る時と出ない時があるけどなぜ?
  • どうやったら取り除けるの?
  • 自分で掃除出来る?

気になる質問の答えを見ていきましょう。

写真に写る黒いゴミの原因は?

写真に写り込んでいる黒っぽい丸の正体は、ずばりレンズやセンサーなどに付着したチリや埃。つまりゴミです。

でもあれって出る時と出ない時とあるよね?
ゴミの写り込みを確認するにはどうすればいい?
絞りF値を最大値に。(F16とかF22とか)
露出を高めに。
青空や白い壁などを撮ってみよう!

ゴミが付いている場合、まずはカメラのどの部分にゴミが付着しているのかを把握する必要があります。

①  レンズのゴミ?

もし交換レンズを持っている場合は、他のレンズに交換してみて、先ほどの設定で写真を撮ってみて同じようにゴミが写るかどうか確認してみましょう。

もしゴミが消えたら、レンズ側に問題があることになります。

まずは、レンズにゴミが付着していないかチェックしてみましょう。

前玉(表の部分)

光に当ててみると、埃や手垢が付いてるのが分かりますね。

カメラ用のクリーニングクロスなどを使って、丁寧に拭きあげましょう。メガネ拭きでも代用可能です。力を入れてゴシゴシと強く拭くとレンズに傷が入る危険性があるので、優しく拭くよう心がけましょう。

後玉(裏の部分)

まずは、ブロアーなどを使って埃を吹き飛ばします。

ブロアーはメンテナンスの必需品です!

100円均一などにも売っていますが、安いブロアーは勢いよくペコペコすると、先端部分が外れて飛んでいきイメージセンサーを傷つけることがあるので力加減にお気をつけください。

おすすめのブロアーはこちら。

 

カメラアクセサリーメーカーHAKUBAのブロアー。ブランド品だけあり信頼性が高いです。強力噴射は伊達じゃありません。

ブロアーで埃を吹き飛ばした後は、前玉と同じようにクリーニングクロスで軽く拭きあげましょう。

ただ、前玉と違い、後玉の方には、カメラ本体とつながる接点などがあります。接点部分には決して触らないよう慎重に作業しましょう。

もっと綺麗にレンズを清掃したい場合は、こちらのレンズペンがおすすめです。

 

レンズの前玉と後玉を綺麗に清掃したら、レンズの中を覗いてみましょう。

もしレンズの中に大きな埃や、カビなどがある場合は、メーカーに送ってクリーニングしてもらいましょう。

今度はカメラのセンサーをチェックしてみましょう。

②  センサーのゴミ?

センサーとは、写真を焼き付ける素子のことです。

この緑に輝く部分がセンサーです。ここに埃やチリが付着すると、写真に写り込んでしまいます。

デジタル一眼レフカメラの多くは、このセンサーをカメラ自身がセルフクリーニングするセンサークリーニング機能が付いています。

カメラメニューの中からセンサークリーニングを選択し、センサークリーニングを実行してみましょう。

これで軽く付着している程度のゴミであれば取り除くことができます。

センサークリーニングやってみたら、先ほど書いた設定でもう一度ゴミをチェックしてみよう。

ここまでしても、ゴミが写りこむようであれば、今度は人の手でセンサーをクリーニングする必要があります。

センサークリーニングの方法

①  サービスセンターでのクリーニング。

一番確実で安心なのは、メーカーのサービスセンターでクリーニングしてもらう方法です。

それぞれ以下のメンテナンス料金がかかります。

メーカー クリーニング費用 引き取り送料
キヤノン 3,240円 1,620円
ニコン 2,160円 無料
ペンタックス 1,620円 1,000円
オリンパス 1,080円 不可

 

申し込みページはコチラ。

大都市であれば、各メーカーのサービスセンターがあるので持ち込むことができますが、僕のような地方住まいの場合、送料もかかるのでけっこうな金額になりますね。

②  クリーニングキットを使って自分で行う。

サービスセンターに送付しなくても、実は自分でもセンサークリーニングを行うことができます。

ただセンサーは、写真を焼き付ける言わばカメラの心臓部。とても繊細なパーツです。クリーニングを行う際は、必ず自己責任で行いましょう。

僕がいつも使っているのはコチラ。

PENTAXイメージセンサークリーニングキット。

PENTAX(ペンタックス)と書いてありますが、ペンタックス以外のカメラにも使用できます。僕が使ってるのはCANONの6Dですが、問題なく使えています。

このキットは実際にペンタックスのサービスセンターで使われているクリーニングキットなので安心して使うことができます。

3年ほど愛用して定期的にペタペタやってますが、ゴミをくっつけて取る感覚が非常に気持ちよく気に入っています。そして思った以上にゴミが取れるので満足です。

いちいちサービスセンターに送っていたら、その間カメラ使えないですしね。そもそも、長い間ネパール生活を送っていたのでメンテナンスは自分でしないといけない状況でしたし。

詳しい使い方については、また書きますね。

 

まとめ

今回は、レンズとカメラのイメージセンサーのメンテナンスについて書いてみました。いかがだったでしょうか?

レンズ交換の出来る一眼レフカメラやミラーレスカメラにとって、埃やチリの混入はもはや宿命です。定期的なメンテナンスをしっかり行って長く大切に使いましょう!

一眼レフカメラはメンテナンスが大事ですっ!
スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です