ミャンマー観光ビザ免除!10月から日本人観光客対象

投稿日:

2018年10月から、ミャンマーへ観光ビザ免除での入国が可能になるというグッドニュースが飛び込んできました。

今まで、思い立ったらサクッとチケット取って行ける国じゃなかったので旅行先の候補から除外していた旅人も多いはず。

今回面倒なビザ申請が廃止されたということで、行くなら今がチャンスです!

  • 観光ビザ免除への一連の流れとは?
  • 観光ビザなしでミャンマー入国する条件は?
  • 日本からの直行便はある?

ミャンマー、観光ビザ免除へ。

タナカが印象的なミャンマー女性。近年「若い女性」にも人気の国。

これまでは、事前にまたは現地空港でビザを取得しなければ入国が認められませんでした。

私も友人に頼まれて実際にビザを申請したことがあるのですが、けっこう面倒だったんですよね。

ツーリストにとっては一手間かかる国の一つでした。

それが、今回2018年10月から、日本と韓国の観光客相手に観光ビザの免除が認められる流れとなりました。

これには、観光客の減少に歯止めをかけたいミャンマー政府の狙いがあるものと思われます。

というのも、近年のミャンマー軍によるロヒンギャ弾圧などの報道を受けて欧米からの観光客が数十パーセント減・・。

それを何とか回復したいというミャンマー政府の切実な願いが、今回の「観光ビザ免除」という形で現れたものと考えられます。

実際、日本からの観光客はここ数年で数倍にも増えているんですよね。日本や韓国からの観光客数にはさらなる伸び代があるとミャンマー政府が判断し、今回の決定につながったようです。

いずれにせよ、わたしたち観光客としてはありがたいビザ免除の決定。

では、ビザ免除で入国する条件を詳しく見ていきましょう。

ビザなしで入国する条件とは?

ビザなしで入国するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

  1. パスポートの残存期間:入国時6ヵ月以上
  2. パスポートの未使用査証欄:入国時2ページ以上
  3. 1ヵ月以内に出国するための有効な航空券を所持していること。
  4. 観光目的での30日以内の滞在に限る。
  5. ヤンゴン国際空港、マンダレー国際空港、ネーピードー国際空港、もしくはヤンゴン国際港からの入国に限る。
  6. ミャンマー政府の定める旅行制限区域への立ち入りは不可。
  7. ミャンマー政府の定める法律を遵守すること。

参考:ミャンマー大使館

ミャンマー政府による当初の発表では、1,000USD(アメリカドル)の現金を「見せ金」として提示する必要があるとのことでしたが、反発が多かったためなくなりました。

また帰りの航空券の提示や、入国カードの記入も必要ないというアナウンスが。

旅行者にとって面倒だったものが全て取り払われた感じですね。

まとめ

朝日を浴びて飛ぶ気球。バガンの遺跡とともに。

ミャンマーは観光客がどんどんと増えている今注目の国!

今回の観光ビザ免除の決定は大歓迎ですね。

ただ、この決定は暫定的なものではなく、1年間の試用期間という触れ込みも付いています。

この1年はミャンマーへビザなしで観光に行けるチャンス!ぜひ、旅行計画を立ててみてはいかがでしょうか。

成田空港から直行便も出ています。

ミャンマーへの格安航空券なら「スカイスキャナー」での検索が便利です。

Copyright© たびハック , 2018 All Rights Reserved.