ミャンマーのおすすめビーチ5選!実はアジアNo.1ビーチがあるって知ってた?

更新日:

ミャンマーと聞いて「ビーチ」を連想される方は少ないと思います。

ですが!!

実はミャンマーには「アジアNo.1」に選ばれたビーチを筆頭に、美しいビーチリゾートがいくつか存在します!

今回は、ミャンマー旅行でいけるおすすめのビーチ情報をまとめてみました。

リゾート旅行にぴったりなビーチから、在住者ならではの地元民大好き穴場ビーチまで。どうぞご覧ください。

ミャンマーおすすめビーチ①  アジアNo.1 ガパリビーチ NGAPALI

トリップアドバイザーで「2016アジアのベストビーチNo.1」を獲得した、ミャンマーを代表する美しいビーチです。

欧米人も多く訪れるリゾートで、今世界中で注目されています。

ガパリビーチの魅力は?

1 大自然!

 

View this post on Instagram

 

The Travel Bibleさん(@_travelbible)がシェアした投稿 -

全長5kmほど続く浜辺に、美しい海。

ビーチのスケールが大きいので、混み合い過ぎることなくのんびり楽しむことができます。

また、海が西側に位置しているので夕陽がうっとりするほどきれいです。

沖合いにはいくつか島もあり、シュノーケリングなどが楽しめます。その透明度は抜群です!

2 静かで素朴でのんびり!

タイのビーチは、世界的に有名になりすぎて、人人人で溢れ汚されているようですが・・

ここは、発展途上のミャンマーの田舎にあるリゾート。

まだまだ知名度は低く、観光客は少ないです。

人里離れた所でとにかく“ゆっくり”したい方に超おすすめです。

3 オンザビーチのホテル!

どのホテルも浜辺沿いなので好立地です。

浜辺のデッキチェアーでのんびりするもよし、プライベートビーチで泳ぐもよし。

バンガローやヴィラタイプの客室で優雅な休日を楽しめますよ。

↓ガパリビーチのホテルを見てみる↓

booking.com

4 新鮮なシーフードとミャンマービール!

早朝に水揚げされた新鮮な魚介類が楽しめるのが嬉しいところ。しかもローカルレストランは驚きの安さ!

ミャンマービールと共に贅沢な一夜を過ごせます。

関連記事

絶対に食べたい「ミャンマー料理」10選!おすすめのお店は?

5 意外と便利なアクセス!

ミャンマー中心都市ヤンゴンから飛行機で最短50分!

サンドウェ(Thandwe)空港からガパリビーチまで車で約20分前後!

ホテルが送迎してくれるのでストレスがありません。

日本からでも比較的アクセスが良いので、おすすめです!

ミャンマー海水浴ベストシーズンは?

A:11月~3月!

ミャンマーの乾季は絶好の海水浴シーズン!

年末年始のお正月休みを利用して行くのがベストです。

乾季以外の時期はホテルも閉まり、空路も絶たれてしまうので要注意です。

ガパリビーチの場所

ガパリビーチへの行き方

(1)飛行機で行く方法← おすすめ

ヤンゴン国際空港から国内線飛行機でサンドウェ(Thandwe)空港まで約1時間。

サンドウェ空港からホテルの送迎車で約20分です。

↓ヤンゴン国際空港からサンドウェ空港までのフライト検索はこちら↓

スカイスキャナーの航空券比較

注意ポイント

国内線での移動ですが、サンドウェ空港到着後、パスポートを提出して “入国チェック(immigration)”を受けることになります。パスポートをお忘れなく!

(2)長距離バスで行く方法

ヤンゴン長距離バスターミナルから約16時間。

日中バス:午前7時発、午後11時ごろサンドウェ着。

夜行バス:午後5時頃出発して車中泊、午前9時ごろサンドウェ着。

深夜バスはクーラーが効きすぎて寒いので防寒対策をお忘れなく。リゾート気分で薄着して来たら寒すぎて死にます・・。

ミャンマーおすすめビーチ②  グエサウンビーチ NGWESAUNG

グエサウンビーチは、ガバリビーチ、チャウンタービーチと共に数えられるミャンマー3大ビーチリゾートの一つです。

ミャンマーに来たらぜひ訪れたいビーチスポットです。

グエサウンビーチの魅力は?

1 解放感あふれる!

砂浜が10km以上続く、美しきロングビーチは、手つかずの自然が残り、空気も景色も感動の美しさです。

人混みも少なく、静かで落ち着いた雰囲気が魅力です。

木陰に座って波の音を聴きながらゆっくりするもよし、木のパラソルの下昼寝するも良し。最高のロケーションです!

 

View this post on Instagram

 

Myanmar Private Holidaysさん(@myanmarprivateholidays)がシェアした投稿 -

こちらが、グエサウンビーチのシンボル、ストゥーパ。

2 ビーチで乗馬!?

グエサウンビーチはアクティビティーも充実しています。

シュノーケリングや釣りなどはもちろん、なぜか浜辺で乗馬体験できます。

アクティブ派にはうれしいリゾートです。

 

View this post on Instagram

 

@mk__diがシェアした投稿 -

3 お値段がちょうど良い!

ミャンマーの高級ビーチリゾートのガパリビーチに比べるとリーズナブル。

でも近くのチャウンタービーチよりも洗練されています。

ちょっとリゾート地は・・と敬遠してるバックパッカーにもおすすめの安宿もありますよ。

↓グエサウンビーチのホテルを見てみる↓

booking.com

4 南国生活を見学!

ビーチの裏手には民家が軒を連ねており、地元の人々の生活を垣間見ることができます。

メインストリート沿いには、レストランやお土産屋さんも。

貝殻やヤシの実で作られた南国チックな雑貨やアクセサリーをお土産にできます。

5 不便さを楽しむスローライフ!

村には電気が供給されておらず、高級ホテル以外のホテルでは夜間しか電気は使用できません。

有名リゾート地のようなバーやクラブもありません。

夜は波音を聞きながら早めに就寝して日の出とともに目覚める、という究極のスローライフを楽しめます。

グエサウンビーチの場所

グエサウンビーチへの行き方

ヤンゴン長距離バスターミナルからバスで約7~8時間

日中バス:午前9時発、午後4時半ごろグエサウンビーチ着。

夜行バス:午後9時頃出発して車中泊、午前5時ごろグエサウンビーチ着。

深夜バスはクーラーが効きすぎて寒いので防寒対策をお忘れなく。

ミャンマーおすすめビーチ③  チャウンタービーチ CHAUNG THAR

 

View this post on Instagram

 

Ro_Annahさん(@from_nko)がシェアした投稿 -

ミャンマー3大ビーチリゾートの中では最も庶民的な雰囲気。

観光客のほとんどがミャンマー人です。

チャウンタービーチの魅力は?

1 ミャンマーらしさを味わえる!

砂浜は2kmと他の二つのビーチに比べるとそれほど広さはありません。

でもレストランやお土産屋さん、屋台などがたくさん並んでいるので、ミャンマーの観光地らしい活気ある雰囲気を楽しめます。

新鮮なシーフード料理も味わえますよ!

2 島に行ってみよう!

チャウンタービーチの沖合いには、ボートで行ける小さな島が二つあります。

ポーカラ島は数分で、テビュー島は20分ほどで到着できます。

透明度の高い海水で、シュノーケリングや海水浴、釣りなどを楽しめます。

3 リーズナブル!

ミャンマー庶民が利用するだけあって、ホテルはリーズナブルです。

5つ星の高級リゾートホテルはありませんが、中級リゾートからバックパッカー向けのゲストハウスが充実しています。

お手頃価格で思う存分リゾートを満喫できます。

↓チャウンタービーチのホテルを見てみる↓

booking.com

チャウンタービーチの場所

チャウンタービーチへの行き方

ヤンゴン長距離バスターミナルから夜行バスで約7~8時間

午後9時ごろ出発して車中泊、午前5時ごろチャウンタービーチ到着。

深夜バスはクーラーが効きすぎて寒いので防寒対策をお忘れなく。

ミャンマーおすすめビーチ④ シットウェビーチ SITTWE

 

View this post on Instagram

 

Olivier Fossardさん(@globetraveller)がシェアした投稿 -

バングラデシュとの国境近く、ミャンマー西部のラカイン州にある黒砂ビーチ。

空港も近くにあるためアクセスしやすく、オンザビーチのホテルもあります。

ただ現在はロヒンギャの問題もあり、外国人はなかなか足を延ばしにくいです。

それでも地元民がよく利用する美しいビーチなので、治安が良くなったらぜひ足を運んでみたいですね。

シットウェビーチの場所

シットウェビーチへの行き方

ヤンゴン国際空港から国内線飛行機でシットウェ(Sittwe)空港まで約1時間

サンドウェ空港から車で約15分

ミャンマーおすすめビーチ⑤ チャウピュービーチ KYAUKPYU

 

View this post on Instagram

 

Jay Dubさん(@jwongphotography)がシェアした投稿 -

こちらもネットにはなかなか出ていない、地元民のみぞ知る秘境のビーチです。

ガパリビーチから少し北上すると、ラムリー島という陸つながりの半島があり、その北端がチャウピューです。

ビーチ沿いにはいくつかホテルもあり、美しいビーチを堪能できます。

チャウピュー空港の目と鼻の先にあるビーチで、アクセスもしやすいです。

チャウピュービーチの場所

チャウピュービーチへの行き方

ヤンゴン国際空港から国内線飛行機でチャウピュー(Kyaukpyu)空港まで約2時間

直通便は無く、サンドウェ(Thandwe)空港を経由するため少し時間がかかります。

チャウピュー空港から車で約5分

まとめ

いかがでしたか?

南国ミャンマーのビーチで思う存分大自然を満喫すれば、日頃の疲れも吹き飛ぶこと間違いなし!

ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ミャンマー旅行にレンタルWiFiは必要?おすすめは?【2019年8月最新】<高速LTE/6社13料金プラン徹底比較>
ミャンマー両替|日本円からチャットへお得に両替する方法は?ヤンゴン空港でもできる?
東南アジア・ミャンマー旅行の必需品!これだけは日本から持って行こう。
ミャンマーのおみやげ|現地在住者が教えるおすすめ土産12選!
ミャンマーの治安は?【2019年最新】現地在住者が教える7つの危険
ミャンマーで繋がるレンタルWiFi

楽しみなミャンマー旅行、WiFiの準備はもうできてますか?

ミャンマー旅行にレンタルWiFiは必要?おすすめは?【2019年8月最新】<高速LTE/6社13料金プラン徹底比較>

レンタルWiFiがあると

  • GoogleMapでナビできるので迷子にならない。
  • 難しいミャンマー語もスマホで簡単翻訳。
  • Grabタクシーでぼったくり回避!
  • 撮った写真・動画をその場でインスタに。リアルタイム更新も可能!

私のおすすめは「グローバルWiFi」です。

料金:921円/1日
容量:300MB/1日

1日900円ちょっとでどこでも使えるレンタルWiFi。コスパ最高です。

ミャンマーNo.1おすすめグローバルWiFiお申し込みはこちら

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.