ミャンマーのおみやげ|現地在住者が教えるおすすめ土産12選!

ミャンマー旅行のおみやげって何を買ったらいいの?そもそも、ミャンマーって何が有名なの?と思いますよね。分かります。私もミャンマーに来る前は全くイメージなかったですからね。

でも実際にミャンマーに住んでみると、美味しいお土産や、可愛い雑貨がたくさん。

この記事では、旅行や出張でミャンマーに来た時の定番おみやげから、ばらまき用に良いおみやげなどをご紹介いたします。

関連記事

ミャンマー旅行でおすすめのおみやげ12選!

① カシューナッツ

ミャンマーの特産の一つが、このカシューナッツです。おすすめはこの「Top」というブランドの物。こちらの商品は、右が普通のカシューナッツ、左が薄皮付きのカシューナッツです。日本だと薄皮付きのカシューナッツって手に入れにくいですよね。

カシューナッツには亜鉛が多く含まれ、エイジングケアにも効果があると言われています。中でも、亜鉛が最も多く含まれるのが薄皮の周りだそうです。

こちらは300gで7,300チャット(511円)です。

カシューナッツを使ったカシューナッツバーなども人気なので、ぜひ探してみてくださいね。

② ミャンマーコーヒー

あまり知られていないのですが、実はミャンマーはコーヒーの産地なんです。

ミャンマーコーヒーの種類はアラビカ豆と呼ばれるもので、酸味があまり強くなく軽いテイストなので日本人には特に美味しく感じられると思います。

こちらの「Shwe Pu Zun」がミャンマーでは有名なブランドです。

200gで3,500チャット(245円)で手に入ります。

③ タナカ(石鹸)

ミャンマーに来ると「タナカ」をいっぱい見かけます。「田中?」いえいえ、ミャンマーに田中さんがいっぱいいるわけではありませんよ~。これは、「タナカ」というミャンマーの天然化粧品のことなんです。「タナカ」という木の粉末に水を足してペースト状にし、頬っぺたや腕に塗ります。美容によく、男性でも塗っている人が多くいます。ニキビに効くとも言われています。

観光で来た時にペイントをして楽しむのも良いですが、お土産にはタナカでできた石鹸がおすすめです。この石鹸は天然成分90%で完全に手作りなので、オーガニック化粧品が好きな人にはうれしいですよね。一つ5,000チャット(560円)です。

④ ロンジー

ロンジーは言わずと知れたミャンマーの民族衣装「巻きスカート」です。日常でこれほど民族衣装を着るのは、世界を見てもミャンマーだけだそう。とっても可愛いですよね。

普通は布を購入して、仕立て屋さんで自分のサイズに縫ってもらいます。でも、旅行で行く場合は時間が限られているので難しい場合もありますよね。そんな時は写真にあるように、紐がついているフリーサイズのロンジーを購入すると良いでしょう。既に仕立ててあるロンジーのことを「ready made(レディーメイド)」と言います。

“Do you have a ready made ロンジー?”

とお店の人に聞いてみましょう。値段は大体10,000チャット(700円)から15,000チャット(1,050円)くらいです。

また、布だけ購入してソファーカバーに使ったり、インテリアに使うのもおすすめです。布だけだとピンキリですが、良い物でも7,000チャット(490円)くらいで購入できます。

旅行者にはレディーメイドのロンジーがおすすめ!

⑤ プラスチックのカゴ

ミャンマーのおみやげの中で高い人気を誇るのが、このプラスチックのかごです。

現地の人からするとどうしてこのプラスチックのかごが人気なのか分からないそう・・。なぜかというと、彼らにとってこのプラスチックのかごは市場で野菜を買ったりする時に使うかごだから。

でも柄とかとっても可愛くて欲しくなっちゃいますよね。

このプラスチックのかご、現地の市場や日用品のお店でも購入できますが、どれもビッグサイズ。小さめのサイズは、外国人向けのお土産屋さんなどでゲットできます。

こちらに写っているかごは、一つ8,500チャット(595円)です。

⑥ ホワイトエレファントクッキー

ばらまき用おみやげで一番有名なのが、このエレファントクッキーです。ミャンマーには有名なナンカタインクッキーという伝統的なクッキーがあります。卵ボーロのようなどこか懐かしくなるようなくちどけのクッキーです。

このエレファントクッキーというのはブランド名で、ナンカタインクッキーやミャンマー産のピーナッツとゴマを使ったクッキーなどを販売しています。徹底的に現地素材と現地生産にこだわっているのでとても安心で、ミャンマーみやげにぴったりです。

おすすめは、ナンカタインクッキーとコーヒークッキー、ミャンマーピーナッツとゴマを使用したクッキーの3種類が入っているボックスです。

18枚入り 9,000チャット(630円)
12枚入り 7,000チャット(490円)

⑦ 漆器

ミャンマーは漆器も有名です。特に観光地として有名なバガンは漆器の本場なので、工房の見学ができます。

ヤンゴンなどその他の場所でももちろん購入できます。

値段は本当に様々で、100円ほどで買える安いものから数千円する高級品まであります。写真の右にあるのはコースターが入っているセットで7,000(490円)でした。漆のお盆なんかもおすすめですよ。

⑧ ミャンマービール

実はミャンマービールは「アジアで最もおいしいビール」と呼ばれるほど、おいしいんです!

それもそのはず、ミャンマービールはモンドセレクションで金賞を7回も受賞しているんです。モンドセレクションとは「世界食品オリンピック」と呼ばれる食品品評会のことです。

麦の香りがしっかりとしてコクがあり、キレのある味わいです。アルコール度数は5%で、640mlが1,750キャット(123円)です。激安なのもうれしいですよね!

⑨ ミャンマーティー

ミャンマーはイギリス領だったという歴史もあり、お茶を楽しむ文化があります。ミャンマーでは、現地の人が道端のお店でミャンマーティーを楽しんでる姿をよく見かけます。

ミャンマーティーはミャンマーのミルクティーです。練乳を使うミャンマーティーは甘くてコクがあり、お茶の味もしっかりとしているのでとてもおいしいです。家でも簡単に楽しめるのがこのインスタントタイプのミャンマーティーです。一番有名なのはこの「Royal」というブランドです。30袋入って3,100チャット(217円)なので、ばらまき用おみやげにも最適です。

わたしは毎朝ホットケーキと一緒にこのミャンマーティーを飲んでいます。仕事をしながらもついつい飲んじゃいます。本当においしい!

ミャンマーのミルクティーは練乳入りで美味しい!

⑩ アクセサリー

貧しい国というイメージのあるミャンマーかもしれませんが、実はミャンマーは宝石王国。実に世界のヒスイの90%はミャンマー産なんです。ルビーもとても有名です。本物の質の良い宝石を購入したい場合は、購入証明書を発行してくれる政府公認の宝石店へ行きましょう。

そんな高級じゃなくていいから、気軽におみやげとしてアクセサリーを買いたいという人はミャンマーのお土産屋さんで購入できます。上の写真はなんと1,000チャット(70円)と激安でした。これだけ安ければ、ばらまき用おみやげとしてもいいかも!

⑪ タペストリー

最近じわじわと女性の間でミャンマー旅行が流行っているようです。その理由が、おしゃれなインテリア雑貨をミャンマーでゲットできるから。

こちらのタペストリーは手織りで作られています。壁に飾ったり、テーブルに飾ったりとインテリアとしてとてもかわいいですよね。一枚25,000チャット(1,750円)からと日本では考えられない価格で購入できます。

⑫ サンダル

最後におすすめするのは、サンダルです。

ミャンマーの人は一年中サンダルを履いて過ごします。それで、町ではいたる所でサンダルが売られています。

日本でもよく売られているビーチサンダルも多いですが、写真にあるように竹などの自然の素材で作られた伝統的なサンダルも売られています。

せっかくミャンマーに来たら、ロンジーと合わせてコーディネートを楽しみたいですよね。

一つ数百円で購入できるので、デザイン違いで何個か買うのもおすすめですよ。

お土産を買う際の注意点

ここからはお土産を買う際の注意点について紹介します。

❶  ぼったくり

ミャンマーは他の国に比べて、ぼったくりが少ないことで知られています。それでも観光地は別!とにかく値札が付いてない物は要注意です。値札がついていないということは、交渉次第で安くなるということ。つまり、交渉しないと相場の何倍もぼったくられてしまうことになります。有名なボージョーマーケットは危険です!

わたしがボージョーマーケットに行った時は、「ニホンジン?」「イイノアルヨ!」と日本語が話せる子供が寄ってきました。彼らに付いて行って買うとほぼ100%ぼったくられます。

どうしてもぼったくられたくない人、交渉したくない人は、お店に「Fixed Price(定価)」と書かれている所で購入すると良いでしょう。

❷  品質に注意

特に、工芸品の品質には注意しましょう。どこかほつれていないか、傷がついていないかなどをチェックしましょう。ロンジーなどは生地を広げてみると、ところどころ染具合が違ったりします。もちろんそれも味があってわたしは好きなのですが、気になる人はチェックしましょうね。

まとめ

こうしてみると、ミャンマーにはとても魅力的なものがたくさんあると思いませんか。伝統工芸品からナッツやクッキー、化粧品に至るまでいろんな種類のおみやげが買えます。わたしもミャンマーに来るまでこんな素敵なものがミャンマーにたくさんあるなんて知りませんでした。

素敵なおみやげをゲットして、日本に帰ってからもミャンマー旅行の余韻を楽しみましょう。お友達や家族、同僚の皆さんにも楽しい旅行のおすそ分けをしてあげてくださいね。

ミャンマーで繋がるレンタルWiFi

楽しみなミャンマー旅行、WiFiの準備はもうできてますか?

WiFi事情があまり整ってないミャンマーでは、レンタルWi-Fiがおすすめ。

レンタルWiFiがあると

  • GoogleMapでナビできるので迷子にならない。
  • 難しいミャンマー語もスマホで簡単翻訳。
  • Grabタクシーでぼったくり回避!
  • 撮った写真・動画をその場でインスタに。リアルタイム更新も可能!

私のおすすめは「グローバルWiFi」です。

料金:921円/1日
容量:300MB/1日

1日900円ちょっとでどこでも使えるレンタルWiFi。コスパ最高です。

ミャンマーNo.1おすすめグローバルWiFiお申し込みはこちら

編集部おすすめ

外国人に喜ばれる日本のプレゼントのランキングまとめ!実際に盛り上がったお土産は?

外国人に日本のプレゼントをあげる時、どんなお土産が喜ばれるのでしょうか。 私自身、海外在住で時々日本に帰りますが、その度に何かしらお土産やプレゼントを買って帰ります。これまでに実際にあげた(他の人があげた)プレゼントの中からめちゃくちゃ喜ばれた順にランキング形式でご紹介したいと思います。 定番のアイテムから意外に喜ばれるアイテムまで詰め込みました。外国人にプレゼントをあげたいんだけど何がいいかなーと悩んでおられる方はぜひご参考に! 外国人が喜ぶプレゼントー選び方は? NGなものは? 日常で使えるおすすめの ...

つづきを読む

「カフェザッハー」ウィーンで絶対行きたいザッハトルテ発祥のお店!メニューや価格、並ばないおすすめの時間帯は?

ウィーン旅行で絶対外せないスポット「カフェザッハー」をご紹介します。 こちらザッハトルテ発祥のお店として有名で、なんと年間36万個ものザッハトルテが食べられている大人気カフェなんです。 そう言われると、食べに行かずにはいられませんよね。ということで夫婦で行ってきました! 結論から言うと、「絶対一度は行って欲しいカフェ。けど混雑するから時間帯には注意が必要です!」 この記事では本場のザッハトルテのお味と、お店の混み具合、おすすめの時間帯、ドレスコードなど気になるポイントを詳しくレポートします。 この記事でわ ...

つづきを読む

100均ダイソーで揃えるトラベルグッズ27選。本当におすすめできるか実際に使って検証してみた!

旅行に持っていくトラベルグッズ。 最近では100円均一でも良い商品が揃っているので、近所の大きな「ダイソー」に行っていろいろ買ってきました。 移動時の快適グッズや、パッキングに便利なグッズ、防犯グッズなど、便利な旅行用品がたくさん。 本当に使えるのか?おすすめできるのか? 奥さんと2人、実際に旅行で使って検証してみました。 「ダイソーで揃えるトラベルグッズ27選!」どうぞご覧ください。 もくじダイソーで揃えるトラベルグッズ27選快適グッズ編①  ネックピロー②  耳栓③  折りたたみスリッパパッキング用 ...

つづきを読む

香港出前一丁ランキング|14種類食べ比べ!お土産におすすめなのは?

「あーらよ、出前一丁」 日本人であれば誰もが聞いたことのあるフレーズですよね。 実は、出前一丁が日本よりも愛されている国があるんです! それは香港! 香港では、出前一丁はもはや国民食と言われるほど食べられています。 お洒落なカフェでも、メニューに出前一丁が載っているほど。 スーパーに行けば、インスタント麺のコーナーに出前一丁コーナーがあり、盛り盛りと並んでいます。 もともと日本のオリジナルが輸出されていましたが、今では香港でフレーバーが開発され香港限定の商品がたくさん出ています。 これがまた美味しいんです ...

つづきを読む

世界で最も高級なホテルランキングTOP15最新版|ご1泊いくら?

世界で最も高級なホテルをご紹介します。 ちなみにこの記事でご紹介するホテルの客層は「プライベートジェット・お抱えシェフ・ペットが虎」を満たす人たちです。え?もちろんみんなプライベートジェット持ってるよね? 「あ、ペットは虎じゃないんだけど、同じネコ科で・・」とか言う奴は帰ってよし。 まさかと思いますが、3つのうち1つも当てはまらない庶民の皆さんは「へーそんなホテルがあるんだ」くらいの気持ちで御覧ください。 ちなみにこの記事を書いたのは200円の牛肉ラーメンが何よりも楽しみな葉月詠二です。 では、最も高級な ...

つづきを読む

機内持ち込みモバイルバッテリーの容量は? 何mAhまで?【2021年最新】

外出時のスマホやタブレットなどの充電のためにモバイルバッテリーを使っている方も多いと思います。 今やすっかり旅行に欠かせないアイテムとなったモバイルバッテリーですが、飛行機に乗る際には機内持ち込みに当たってかなり細かな規則・制限があります。 正しく理解していないと、空港で没収されることも。実際私も海外の空港でモバイルバッテリーを没収されました・・。 ということで今回は、飛行機のモバイルバッテリー持ち込みに関する様々な疑問をまとめてみました。 スーツケースの中に入れて預けても大丈夫? どのくらいの容量まで持 ...

つづきを読む

© 2021 たびハック