「ポケトーク W」と「Langogo」どっちがおすすめ?【翻訳機徹底比較】

更新日:

旅行の際に役立つアイテム翻訳機。

この分野での最近の進歩は凄まじく、どんどん高性能なアイテムが発表されてきています。

今回は数ある翻訳機の中でも特に頭一つ抜けている2つ翻訳機を徹底比較してみます。

ポケトークW」「Langogo」一体どっちがおすすめなのか?

実際に両方使ってみた感想をもとに、選ぶポイントを分かりやすく解説してみます。

まずはじめに結論から!

翻訳精度で選ぶなら  →  ポケトークW
ポケットWiFi 機能が欲しいなら  →  Langogo
オフラインでも使いたいなら → Langogo

では、それぞれの特徴とおすすめポイントを詳しくチェックしていきましょう。

ポケトークW と Langogo どっちがおすすめ?

【徹底比較】ポケトークW vs Langogo

携帯型翻訳機と言えば、やはり「ポケトークW」の存在は欠かせません。

発売されてからすでに累計50万台を売り上げる大ヒット商品となっています。

実際、私も発売と同時にゲットして、ベトナムや香港などで使ってみました。

翻訳精度も非常に高く、かなり使いやすいので大満足の翻訳機です。

・詳しいレビュー記事はこちら↓

ポケトークWレビュー。実際に海外で使ってみて感じたメリットと気になる点!

そして後発品として出てきたのが「Langogo

こちらは、クラウドファンディング「Makuake」で2,000万円以上の資金集めに成功した要注目のアイテムです!

Langogoは、翻訳機能に加えてWi-Fiルーターを内蔵しているのが大きなポイント。

eSIMを内蔵しており本体でデータパックを購入できるので、海外でポケットWi-Fi代わりに使うことができます。

・詳しいレビュー記事はこちら↓

Langogo(ランゴーゴー)レビュー|実際に使ってみて感じたメリットと残念な点は?Wi-Fiルーター付き自動翻訳機【PRレビュー】

「話題・実績十分のポケトークWの方がいいの?」

「それとも後発品のLangogoを買うべき?」

悩まれている方のために、今回は選ぶ際に参考になる3つのポイントを考えてみたいと思います。

どっちがおすすめ?考えるべき3つのポイント。

【ポケトークW と Langogo の機能比較】

ポケトークW Langogo
言語数 ○ 74言語 ◎ 104言語
翻訳精度 ◎ ビジネスでも利用できるレベル ○ 旅行では十分レベル
翻訳スピード
操作のしやすさ ○ ちょっとモッサリ感が気になる
画面の見やすさ ○ 2.4インチ ◎ Retina3.1インチで見やすい
音の聞き取りやすさ
Wi-Fiルーター × ◎ データパック購入可能
オフライン翻訳 × ○(英語・中国語・韓国語・日本語)
価格 32,270円(税込)
※ 【期間限定】3,000円キャッシュバックキャンペーン中!
35,316円(税込)
※ 【期間限定】クーポン利用で5,000円以上お得に!

大まかな比較を表にしてみました。

この中で、どちらを買うべきか決めるのに役立つ3つのポイントは以下の通りです。

①  翻訳精度
②  Wi-Fiルーター
③  オフライン翻訳

ポイント①  翻訳精度はポケトークW

翻訳機として一番大切な機能。それはもちろん翻訳精度ですよね。

実際に同じ文章を使って翻訳精度を比較してみました。

【例文1】地下鉄の駅で3人組の男に襲われパスポートを奪われました。

ポ:I was attacked by a three-person man at a subway station and I was robbed of my passport.

ラ:I was attacked by a three-person man at a subway station and I was robbed of my passport.

【例文2】前の飛行機が遅延してしまい、予約してた飛行機に間に合いませんでした。次の便に振り替えていただくことは可能ですか?

ポ:Is it possible to transfer to the next flight which was not in time for the flight I was booking because the previous flight was delayed?

ラ:Is it possible to transfer to the next flight which was not in time for the flight you reserved because the previous flight was delayed?

ポ・・ポケトークW  
ラ・・Langogo

主語が少しずつ違いますね。

多くのレビューサイトが、「どちらもGoogle翻訳を使ってるので翻訳精度は同じ」と書いていますが、検証してみたところ実際には違いました。

正直、翻訳性能については、「ポケトークW」の方が現時点では精度が高いように感じました。

「Langogo」のレビュー記事でも書きましたが、「Langogo」は主語抜きで語られた文章を正しく把握できない部分があります。

一方「ポケトークW」は、抜かれた主語も適切に判断して翻訳してくれました。

やはりビジネスシーンでも使えるように設計されているポケトークWの翻訳精度の高さは、目を見張るものがありますね。

ということで、翻訳精度を求めるならポケトークWがおすすめです。

・翻訳精度を求めるなら  →  ポケトークW

junjun

現在、ポケトーク出荷台数50万台突破を記念して、3,000円キャッシュバックキャンペーン中です。

期間限定ですのでお得なこの機会に!詳しくはこちら

ポイント②  WiFiルーターとして使いたいならLangogo

続いて考えるポイントは、Wi-Fiルーターの有無。

「ポケトークW」は、翻訳機能のみオンラインで使えるシステム。スマホやタブレットなど他の機器を接続してネットを使うことはできません。

一方、「Langogo」は、Wi-Fiルーターを内蔵しており、現地で使えるSIMを挿入するか、データパックを購入することで、テザリングして他の機器でネットを使うことができます。

しかもデータパックは1日あたり200円台からとかなり格安!

※ 国ごとのデータパックの料金はこちらを参照。

海外旅行では、できるだけ荷物を減らしたいもの。

Wi-Fiルーターと翻訳機が一つになっているというのは、魅力的ですね。

・Wi-Fiルーターとして使うなら →  Langogo

junjun
AmazonでLangogoが5,000円以上お得になる期間限定クーポン【63C37PBE】を配付中です。
クーポンの利用はこちらから

クーポンコード【63C37PBE】

ポイント③  オフラインで使いたいならLangogo

もう一つのポイントはオフラインで翻訳機能を使えるか?という点です。

発売から約1年弱、ポケトークWを持っていろんな国へ行きましたが・・「飛行機で使えない!」というのが不便だなと感じる点でした。

その点、Langogoは主要言語(英語・中国語・韓国語)がオフラインで使えます!

しかもオフラインとはいえ、十分伝わる翻訳精度。

詳しくは【 レビュー記事 】に書いていますが、飛行機内でCAさんとコミュニケーションを取れるのはかなり助かるポイントです。

・オフラインで使いたいなら  →  Langogo

junjun
AmazonでLangogoが5,000円以上お得になる期間限定クーポン【63C37PBE】を配付中です。
クーポンの利用はこちらから

クーポンコード【63C37PBE】

まとめ

【選ぶポイント】

・翻訳精度で選ぶなら ➡︎ ポケトークW
・オフライン翻訳に惹かれる ➡︎ Langogo
・WiFiルーターとしても使いたい ➡︎ Langogo

今回は、携帯型翻訳機「ポケトークW」と「Langogo」の2機種を比較してみました。

どちらも素晴らしい翻訳機なので、甲乙つけがたいところ。

翻訳精度の高さをとるか?それとも便利なWi-Fiルーター機能やオフライン翻訳をとるか?

自分の旅のスタイルによって決めると良いでしょう。

この記事が、旅の相棒となる翻訳機選びの参考になることを願っています。

 

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.