僕がコンバースのシューズを旅におすすめしない3つの理由。

まず、はじめに断っておきます。僕はコンバースが嫌いなわけではありません。むしろ大好きで愛用しています。ただ、旅に履いていく靴としては絶対におすすめしません。

よく海外旅行の情報サイトなどで使われている写真にこういった写真があります。もしかしたら見かけたことがあるかもしれません。

確かに converse はコーディネートもしやすく、おしゃれなので「旅 × コンバース」には憧れがあります。でも、もう一度言います。コンバースで旅に出るのは絶対におすすめしません

コンバースを旅におすすめしない3つの理由

❶  コンバースは重い。

メンズの靴の場合、片足400g以上は重い靴と言われています。(レディースの場合は300g以上)

それに対して大人気のコンバース定番ハイカットスニーカーは片足450g(26.5cmの場合)あります。

普段履きであっても重い部類に入るコンバース。旅になると歩き回る機会も多いのでこの重さが足に負担となってじわじわと襲ってきます。

ちなみにランニングなどに適したシューズは150g〜180gほど。それと比較してもコンバースが足に負担が来るシューズであることは一目瞭然です。

僕自身、普段履きでコンバースを履いていますが、歩き回ったあとは、スネの脇の方が張ってきて痛くなります。

やはり歩き回る旅には軽くてしっかり足をホールドしてくれるスニーカーの方が良いです。

❷  コンバースはソールが薄い。

コンバースを旅におすすめしない2つ目の理由はそのソールの薄さです。

ソールが薄くクッション性がほとんど無いため、路面の凸凹をもろに拾ってしまいます。

海外旅行ともなれば、綺麗に舗装されているアスファルトの道ばかりとは限りません。小石のごろごろ転がっている道などを歩くと、足の裏にイタさがダイレクトに伝わってきます。

先日、国内の旅行でコンバースのハイカットを履き、10kmほど歩いてフェリー乗り場に向かったのですが、3km過ぎたあたりで足に異変が・・。

人差し指と中指の付け根あたりに豆ができ水ぶくれのようになっていました。しょうがないので、とりあえず応急処置として、手持ちの厚手の靴下を2枚履きしてクッション性を高めてみたんですが、努力の甲斐むなしく、残りの道は激痛と戦いながらの苦行となりました。

フェリー乗り場に到着し待合室の片隅で靴を脱いでみると、履いていた靴下が見事なまでに真っ赤に染まっていました。しかも両足です。

普段履いていて、履き心地悪いなと感じていたのですが、長い距離履いてみて、何で旅にコンバースを選んだんだろうと、自分で自分のことが嫌いになりました。

コンバースで長距離歩くのは無謀ですのでご注意ください。どうしてもと言われる方は、クッション性の高いインナーソールを入れて履かれることをおすすめします。

❸  コンバースは雨に弱い。

コンバースのほとんどのシリーズはキャンバス生地を使って作られています。(一部レザー・革を使ったシリーズもあります。)

キャンバス地は水に弱いので、耐水性能はなく、雨を染み込んでしまいます。

中に水が染みてくると、気持ち悪いだけでなく、ただでさえ重い靴がさらに重くなってしまいます。

またどんな靴でも雨に濡れた場所では転倒に注意しなければいけませんが、コンバースは特に滑りやすいので注意が必要です。

海外旅行では、日本以上にスコールなどの突然の雨を心配しないといけない地域もあります。天気の移り変わりの激しい場所ではコンバースは不向きです。

もしどうしても履きたいという方は、必ず防水スプレーを吹きかけておきましょう。

こちらの「コロンブス」の防水スプレーは、布製でも革製でも使えるのでスニーカー向き。

雨だけでなく、汚れまでしっかり防いでくれるのでおすすめです。

1919年創業の日本の靴クリームメーカーの商品というのも安心ポイント。

防水スプレーは効能がピンキリなので、しっかりしたものを選びたいものです。

それでもやっぱり僕はコンバースが好き。

これだけ、コンバースの悪口を書き殴りましたが、それでも僕はコンバースが大好きです。

カジュアルにもジーンズにも、クールな洋服にも可愛い系の洋服にも合わせやすいコンバース。

着回しに使えるファッションアイテムとしても手放せません。インスタ映えもしますしね。

長距離歩き回る旅には不向きかもしれませんが、ドライブメインの旅行などにはおすすめです。

カップルでお揃いコーデでドライブデートなんて憧れですよね。

まとめ

「旅 × コンバース」という組み合わせ。お洒落センスをくすぐりますが、実用的にはおすすめしません。歩き回る旅には、ホールド感の良い軽い靴を選ぶようにしましょう。

最近僕が試してみたシューズの中で一番のおすすめはナイキの「タンジュン」というスニーカーです。

実際に海外旅行に履いていきましたが、長時間歩いても疲れにくく、シンプルなのでコーデにも合わせやすくておすすめです。

靴選びは、旅の楽しさに直結します。

ぜひ自分にぴったりの歩きやすい靴、かつテンションの上がるお洒落な靴を見つけましょう。

関連記事

疲れない&歩きやすいスニーカー|ナイキのタンジュンは旅行におすすめ!実際に履いて海外行ってみた!【レビュー】
編集部おすすめ

外国人に喜ばれる日本のプレゼントのランキングまとめ!実際に盛り上がったお土産は?

外国人に日本のプレゼントをあげる時、どんなお土産が喜ばれるのでしょうか。 私自身、海外在住で時々日本に帰りますが、その度に何かしらお土産やプレゼントを買って帰ります。これまでに実際にあげた(他の人があげた)プレゼントの中からめちゃくちゃ喜ばれた順にランキング形式でご紹介したいと思います。 定番のアイテムから意外に喜ばれるアイテムまで詰め込みました。外国人にプレゼントをあげたいんだけど何がいいかなーと悩んでおられる方はぜひご参考に! 外国人が喜ぶプレゼントー選び方は? NGなものは? 日常で使えるおすすめの ...

つづきを読む

「カフェザッハー」ウィーンで絶対行きたいザッハトルテ発祥のお店!メニューや価格、並ばないおすすめの時間帯は?

ウィーン旅行で絶対外せないスポット「カフェザッハー」をご紹介します。 こちらザッハトルテ発祥のお店として有名で、なんと年間36万個ものザッハトルテが食べられている大人気カフェなんです。 そう言われると、食べに行かずにはいられませんよね。ということで夫婦で行ってきました! 結論から言うと、「絶対一度は行って欲しいカフェ。けど混雑するから時間帯には注意が必要です!」 この記事では本場のザッハトルテのお味と、お店の混み具合、おすすめの時間帯、ドレスコードなど気になるポイントを詳しくレポートします。 この記事でわ ...

つづきを読む

100均ダイソーで揃えるトラベルグッズ27選。本当におすすめできるか実際に使って検証してみた!

旅行に持っていくトラベルグッズ。 最近では100円均一でも良い商品が揃っているので、近所の大きな「ダイソー」に行っていろいろ買ってきました。 移動時の快適グッズや、パッキングに便利なグッズ、防犯グッズなど、便利な旅行用品がたくさん。 本当に使えるのか?おすすめできるのか? 奥さんと2人、実際に旅行で使って検証してみました。 「ダイソーで揃えるトラベルグッズ27選!」どうぞご覧ください。 もくじダイソーで揃えるトラベルグッズ27選快適グッズ編①  ネックピロー②  耳栓③  折りたたみスリッパパッキング用 ...

つづきを読む

香港出前一丁ランキング|14種類食べ比べ!お土産におすすめなのは?

「あーらよ、出前一丁」 日本人であれば誰もが聞いたことのあるフレーズですよね。 実は、出前一丁が日本よりも愛されている国があるんです! それは香港! 香港では、出前一丁はもはや国民食と言われるほど食べられています。 お洒落なカフェでも、メニューに出前一丁が載っているほど。 スーパーに行けば、インスタント麺のコーナーに出前一丁コーナーがあり、盛り盛りと並んでいます。 もともと日本のオリジナルが輸出されていましたが、今では香港でフレーバーが開発され香港限定の商品がたくさん出ています。 これがまた美味しいんです ...

つづきを読む

世界で最も高級なホテルランキングTOP15最新版|ご1泊いくら?

世界で最も高級なホテルをご紹介します。 ちなみにこの記事でご紹介するホテルの客層は「プライベートジェット・お抱えシェフ・ペットが虎」を満たす人たちです。え?もちろんみんなプライベートジェット持ってるよね? 「あ、ペットは虎じゃないんだけど、同じネコ科で・・」とか言う奴は帰ってよし。 まさかと思いますが、3つのうち1つも当てはまらない庶民の皆さんは「へーそんなホテルがあるんだ」くらいの気持ちで御覧ください。 ちなみにこの記事を書いたのは200円の牛肉ラーメンが何よりも楽しみな葉月詠二です。 では、最も高級な ...

つづきを読む

機内持ち込みモバイルバッテリーの容量は? 何mAhまで?【2021年最新】

外出時のスマホやタブレットなどの充電のためにモバイルバッテリーを使っている方も多いと思います。 今やすっかり旅行に欠かせないアイテムとなったモバイルバッテリーですが、飛行機に乗る際には機内持ち込みに当たってかなり細かな規則・制限があります。 正しく理解していないと、空港で没収されることも。実際私も海外の空港でモバイルバッテリーを没収されました・・。 ということで今回は、飛行機のモバイルバッテリー持ち込みに関する様々な疑問をまとめてみました。 スーツケースの中に入れて預けても大丈夫? どのくらいの容量まで持 ...

つづきを読む

© 2021 たびハック