香港→マカオの橋が開通!シャトルバスの料金・行き方は?【港珠澳大橋】

更新日:

急ピッチで工事が進められていた香港とマカオを結ぶ橋「港珠澳大橋」ですが、ついに昨年の10月に開通しました。

香港からシャトルバスで行けるようになったので、一層マカオが行きやすいところになりました!

昨年1月に香港・マカオ旅行に行った際は、まだ開通してなかったので、フェリーで渡ったのですが・・

けっこう揺れて船酔いが激しかったので、橋の開通大歓迎です!

今回は香港・マカオをつなぐ「港珠澳大橋」についての情報を書いてみたいと思います。

  • 港珠澳大橋とは?
  • 開通はいつ?
  • 料金は?
  • イミグレーション・入国審査はどうなる?
  • 時間はどれくらいかかる?
  • 香港空港からのバス乗り場の場所は?

お得情報!

マカオ旅行の必需品「レンタルWiFi」準備はもうお済みですか?

 ✅  1日670円〜
 ✅  日本の空港で借りれる
 ✅  らくらく設定済み
 ✅  香港・マカオ周遊プランも

詳しくはこちら →  グローバルWiFi

香港・マカオ・珠海をつなぐ橋「港珠澳大橋」

飛行機から見えた「港珠澳大橋」

まず橋の名前ですが「港珠澳大橋」と呼ばれています。

これは橋が繋がる場所の頭文字をとって付けられています。

港 → 香港(ほんこん)
珠 → 中国広東省珠海市(しゅかい)
澳 → 澳門(マカオ)

では、具体的にこの「港珠澳大橋」によってどこからどこが繋がったのか?

地図でご説明したいと思います。

画像:HZMB (文字は「たびハック」追記)

香港側・・・香港国際空港のあるランタオ島の人工島「赤鱲角」

マカオ側・・・マカオ半島のマカオフェリーターミナルの海上

この2箇所を結ぶ、実に全長55kmにも及ぶ連絡道路になります。途中に4つのトンネルがあり、そのうち一つは海底トンネルです。

この橋が開通したおかげで、フェリーと比較して、今までの半分以下の時間でマカオに行けるようになりました。

香港空港から直接マカオに行く観光客にとって、かなり便利でありがたいですね!

ただ、詳しくは後述しますが・・

香港市内から行く場合、一度香港空港のあるランタオ島まで出て、そこから橋に乗る形になるので少し時間がかかります。

開通はいつ?

ずっと開通日予定の延期が続いてきましたが、2018年10月23日にようやく開通し開通記念式典が行われました。

そして翌24日からは、一般車両の通行が可能となりました。

参考記事:China.org.cn

シャトルバスの料金・所要時間は?

香港空港線

  • 香港口岸(香港側ボーダー) ↔︎ マカオ(約30分)
  • 香港口岸(香港側ボーダー) ↔︎ 珠海 (約40分)

シャトルバスはピーク時が5分に1台で料金は65HKD(910円)、真夜中などでも15分〜30分に1台ごとで料金は70HKD(980円)。

【運行会社:広東港珠澳大橋穿梭巴士】

香港市内線

  • 観塘 ↔︎ ベネチアン・マカオ(約105分)
  • 紅磡 ↔︎ ベネチアン・マカオ(約90分)

ともに、日中1時間おき170HKD(2,380円)夜間1時間半おき190HKD(2,660円)で運行する予定。

【運行会社:港澳一号(One Bus)】

直行バスではなく、市内から香港側ボーダーまで普通のバスで行き、ボーダーからのシャトルバスに乗るという手もあります。

直行バスの乗り場が遠い場合などこちらの方法もお勧めです。

参考までにフェリーの料金

香港空港〜マカオ 270HKD(3,780円)
所要時間:70分

料金は半額以下、所要時間も半分以下と、フェリーより橋を使ったバスの方が格段に良いです。

参考記事:Cross Boundary Public Transportation Service(英語)

イミグレーション(入国審査)はどうなるの?

現在、橋の両岸に香港とマカオのイミグレーションが設けられています。

・香港側 → 香港口岸
マカオ側 → 港珠澳大橋澳門邊検大樓

香港空港からマカオ市内へバスで行く方法

step
1
香港空港で香港に入国する。

step
2
香港空港から「港珠澳大橋」の香港側ボーダーまで移動する。

空港のバス乗り場からB4「大橋香港口岸」経由のバスに乗ればOKです。タクシーでも60HKD程度で行くことができます。

step
3
香港側ボーダーで香港を出国しシャトルバスに乗る。

香港側ボーダー

画像:HZMB

step
4
澳門側ボーダーでマカオに入国する。

step
5
マカオ市内行きかフェリーターミナル行きの無料バスに乗る。

マカオでのカジノや宿泊予定がなく、世界遺産などの主要観光地だけを巡りたい方は市内行きのバスに乗ると良いでしょう。

もう一つは、マカオフェリーターミナルとタイパフェリーターミナル行きのバスに乗る方法。

こちらの方法を使うと、ホテルの無料バスにそのまま乗り継ぐことができるのでおすすめです。

step
6
フェリーターミナルからホテルの無料送迎バスを使う。

将来的には・・

マカオ政府観光局の説明によると、将来的に日本から香港空港に到着した観光客は、香港に入国することなくそのまま専用シャトルバスに乗り、香港に入国することなくマカオまで行けるようにするとのこと。

そして橋を渡り、マカオ入り口の新島に作られたイミグレーションで入国審査を受け、ここで飛行機に乗る前に預けていた手荷物を受け取る流れになるようです。

そしてまたバスに乗りマカオ市内まで移動。

香港に入国する必要がないとなると、かなりの時間短縮が見込まれますね。

早くこのシステムが開始されて欲しいなと思います。

レンタカーや自転車で渡れる?

港珠澳大橋は自動車専用道路なので、自転車の通行はできません。もちろん歩いて渡ることもできません

まあ全長55kmあるので、歩いて渡るという無謀なことを考える人はいないと思いますが・・。

なお自家用車は、香港からマカオへ入る車の数が1日当たり300台に制限されます。

事前に申請が必要なため、レンタカーなどでの通行はできません。

ちなみに、香港は左側通行ですが、港珠澳大橋は中国ルールが適用され右側通行になるとのこと。

そして支払いは、AliPayとWeChatPayが対応するそうです。

さすがは中国ですね!

通行料金

  • 自家用車 → 150RMB(中国元)
  • 大型車 → 200RMB
  • シャトルバス → 300RMB

参考記事:香港政府新聞網

まとめ

港珠澳大橋が完成したので、日本からマカオへの旅行がより一層近くなりました。

わざわざマカオ直行便を選ばなくても、便数の多い香港経由の方が利便性がいいかもしれません。

香港空港に着いたら、すぐバスに乗って30分後にはマカオに到着!これめっちゃいいですね。

船酔いせずに、マカオに着けるのは大きいです。僕らのフェリーかなり揺れて、着いたその日は具合悪くてたまりませんでしたので・・。

またフェリーと比較しても、料金がかなり安いのも嬉しいところ。片道2,500円以上安いということは、往復で5,000円!!

その浮いたお金で、美味しいもの食べて、遊んで、お土産買ってと、思いっきり楽しんじゃいましょう。

ちょっとホテルのグレードを上げるのもいいかもしれませんね。

この情報が、皆さんのマカオ旅行計画のお役に立てれば嬉しいです。

※  記事中の金額は「1香港ドル=14円」で計算しています。

マカオで使えるレンタルWi-Fi

マカオのレンタルWiFiおすすめは?【2019年春】料金プラン徹底比較

わくわく楽しみなマカオ旅行、Wi-Fiの準備はもうお済みですか?

今回のマカオ旅行、僕らはレンタルWi-Fiを持って行ったのですが、すごく便利で助かりました。

レンタルWi-Fiでできること
  • GoogleMapで道案内!
  • 美味しい牛乳プリンや可愛いおみやげ屋さんの情報をゲット!
  • フォトジェニックな世界遺産で撮った写真をSNSでシェア。

 

僕らのおすすめは グローバルWi-Fi

・料金 ⇨ 636円/1日
・データ ⇨ 300MB/1日

1日600円ちょっとで、どこでもいつでも使えるレンタルWi-Fi。コスパ最高です!

マカオ滞在中、街中でも、ホテルでも、カジノでも、どこでもサクサク繋がりとっても快適でしたよ。

グローバルWiFiお申し込みはこちら

・香港マカオ両方楽しむなら周遊プランがおすすめ!

香港マカオ旅行にグローバルWi-Fiをレンタルしてみた。メリット・デメリットを正直にレビュー

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.