クラウドSIMのWi-Fiルーターが気になって調べてみた|でも海外移住者には不要!

更新日:

じわじわと広がっている、クラウドSIMのモバイルルーター。調べてみると、実は色々なサービスが有るみたいです。

そもそもクラウドSIMとは何なのか?わからないので自分なりに勉強してみました。

また、クラウドSIMのモバイルWi-Fiルーターのサービスをまとめてみます。

クラウドSIMのWi-Fiルーターとは

そもそもクラウドSIMとは、クラウド上に各国のSIM情報が収められており、ルーターのみでどこの国でもネットワークを利用できるサービスのことです。

ここから少し業者っぽくなってしまいますが、これ、画期的なサービスなんです!

これまでは海外でネットを利用するには、3つの方法がありました。

  • 現地のSIMカードを購入する(またはレンタル)
  • レンタルWi-Fiを使う
  • 携帯会社の海外データローミングを使う

ただ、それぞれ難点があります。

参考

現地のSIMカード購入は、各国ごとに購入・レンタルする必要があります。レンタルWi-Fiは、国や地域ごとに複数端末が必要です。海外データローミングは、国ごとの契約は不要ですが、データ料金が高くつきます。

つまり、数カ国旅行や出張に行く場合、手間とお金がかかりました。それらの面倒くさいを解決するのが、クラウドSIM使用のモバイルWi-Fiルーターです!

ルーター1つ購入すれば、あとはネット上でデータ量を購入するだけ!空港に着いたらすぐにネットが使えます。現地でSIM購入や入れ替えも、各国ごとの契約も不要になります。

また、「日本国内で使える」という強みもあります。

では、クラウドSIMのモバイルWi-Fiルーターを比較してみます!

・・・と思って調べてみたのですが、現在クラウドSIM使用のモバイルWi-Fiルーター端末は2つだけです。

その端末2つはこちら。

「G3000」

1つ目は以前に書いた、「G3000」です。スペックはこんな感じです。2017年7月21日発売予定。

サイズ 100×70×15mm(縦×横×高さ)
重量 約150g
対応バンド 3G:UMTS 1/2/4/5/8
4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/17/19/28A
最大速度 3G:42Mbps
4G:150Mbps
バッテリー駆動時間 2800mAhリチウムイオンポリマー電池使用
待ち受け:8時間
スタンバイ:200時間
充電速度 1.5時間で約80%
2.5時間でフル充電
接続台数  5台
充電インターフェース マイクロUSB
本体価格 19,800円

「G2」

この「G2」と「GD2」は深センのuCloud link社が開発したルーターです。そして、サービスを提供している会社の4つがこの端末を使っています。

というか、これまでクラウドSIM使用のモバイルWi-Fiルーター端末は、他に競合がいなかったので、uCloud link社の一人勝ちだったわけです。

スペックはこんな感じ。

サイズ 112×63.8×20.9mm(縦×横×高さ)
重量 約224g
対応バンド 3G:UMTS 2100 / 1900 / 900 / 850 MHz
4G:TDD  38/39/40/41
4G:FDD-LTE 1/3/5/7/8/17//20
最大速度 3G:42Mbps
4G:150Mbps
バッテリー駆動時間 6000mAhリチウムイオンポリマー電池使用
待ち受け:15時間
接続台数  5台
充電インターフェース マイクロUSB
Input : DC 5V-1A
本体価格 24,000円

個人的な感想は、端末としては「G2」の方が優秀かな、という印象です。

そもそも、これまで「G2」しかなかったので比べようがありませんでしたが、そこに、この夏「G3000」が殴り込みに行くわけです。

ちなみに後継機として「GD2」という機種もありますが、プラチナバンドの19が掴める以外、スペックに変わりありません。

 

サービス一覧

ここからは、クラウドSIMのWi-Fiルーターのサービスを出している4つの会社を比較してみます。

セカイWi-Fi

一つ目は、セカイWi-Fiです。「GD2」端末を扱っています。

端末代金 24,000円
海外データ通信料 1日/300MB
800円

海外データ通信申し込みは、サポートセンターへ電話申し込みのみ対応

セカイWi-Fiは、主に国内使用者向けのサービスを重視しているようです。国内でも使えるクラウドSIMのWi-Fiルーターを探していて、「海外はたまに行く」という人にはオススメかもしれません。電話申し込みしか対応していないのは、不便です。

ちなみに、事務手数料が3,500円必要です。

jetfi.jp

二つ目は、jetfi(ジェットファイ)です。「G2」端末を扱っています。

端末代金 24,000円
海外データ通信料 1日/500MBプラン
全世界対応:19,500円/24ヶ月1日/1GBプラン
全世界対応:25,500円/24ヶ月

1日からでもOKのレンタルプランも充実

jetfiは主に海外出張者向けのサービスを重視しています。レンタルプランの多さや、使用可能なデータ容量の多さを売りにしています。但し、端末購入でも、契約期間の24ヶ月内は解約金が設定されているのが難点です。

個人的に、一番バランスの取れている会社だと思います。

GLOCAL NET

三つ目は、GLOCAL NETです。「GD2」端末を扱っています。

端末代金 24,000円
海外データ通信料 1日/300MBプラン
800円/1日1日/500MBプラン
1,200円/1日1日/1GBプラン
1,600円/1日

事務手数料3,000円、月額基本料金400円、2年契約で契約内は解約金が必要など、金にがめつい印象あり。

GLOCAL NETは、日本国内でも様々なデータ通信プランを備えており、海外だけではなく国内しようにも適しています。

グローバルWiFiクラウド

四つ目は、グローバルWiFiクラウドです。レンタルのみ対応しています。

端末レンタル代金 980円/月額
海外データ通信料 1日/500MBプラン
20,000円/月額1日/1GBプラン
26,000円/月額

端末購入は不可。主に法人向けのサービス。

世界で使えるWi-Fiルーターとして有名なグローバルWiFiの、クラウドSIMルーターのサービスです。他の会社より割高の印象を受けますが、月定額を売りにしています。

GWi-Fi

五つ目は、GWi-Fiです。「G3000」端末を扱っています。

端末代金 19,800円
海外データ通信料 1日/300MBプラン
580円/日1日/500MBプラン
680円/日

2017年7月21日発売予定

対応エリアによって細かな料金設定もされており、プラチナバンド19にも対応しているルーターです。ただ、バッテリーが小さいのが気がかりです。未発売なので使用感もわかりません。

海外移住者には不要

ここまで調べて、なんとなくわかりましたが、海外移住者には不要です!なぜなら、海外移住者は、たくさんの国に行くわけではないので、現地のSIMカード購入が、一番便利で安上がりでしょう!

以前にG3000の記事を書いた時には、「使ってみてもいいかなー」と思っていましたが、海外移住者は現地のSIMカードで十分です。

ターゲットはビジネスマン?

では、どんな人におすすめでしょうか?

海外出張の多いビジネスマンや、世界一周旅行をしているブロガーは購入を考えても良いを思います。

現地のSIMカードの購入の手間を考えると、ルーターひとつでどこでもネットが繋がるのは魅力的です!

ちなみに、年に何度か海外旅行に行く人や海外移住者は、SIMフリーのWi-Fiルーターの方が便利ですし経済的です。

参考記事:海外で使えるSIMフリーモバイルルーターのおすすめランキング

まとめ

以上、クラウドSIMのWi-Fiルーターのまとめでした。

いまはネットがあれば、何をするにも便利です。いつでもどこでもネットを使って、旅をさらに楽しみましょう!

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.