中国への出張旅行・留学には銀聯カードが必須です!おすすめの作り方・申し込み方法は?

急速にキャッシュレス化が進む中国において、いまや必須の銀聯カード。今回は銀聯カードについての情報をシェアしたいと思います。

  • 銀聯カードって何?
  • 中国の銀行口座が無いと作れないの?
  • 日本でも作れるの?

銀聯カードとは?

銀聯カード(UnionPay)は、簡単に言うと中国で発行されているデビッドカードです。

日本でも東急ハンズやドラッグストアーなど使用できる店舗が増えてきているので目にしたことがある方も多いかもしれません。

その発行枚数は、30億枚以上!もう中国人のお財布と言っても過言ではない必須アイテムです。

こちらは、クレジットカードではなく、デビットカードなので、使った分だけ口座から引き落とされるタイプ。銀行口座を作るとキャッシュカードをもらいますが、そのキャッシュカードに銀聯ブランドが付いており、銀聯加盟店で使用することができます。

現在中国国内の1700万店舗が銀聯に加盟しているので、中国国内のほとんどのお店で使えます。

なぜ銀聯カードが必要なの?

①  中国はキャッシュレス社会

中国はいま空前のキャッシュレス社会を迎えています。みながよく利用する屋台や小さな商店、八百屋さんに至るまでスマホによる決済が普及し、現金を扱わないところがどんどん増えています。また現金を持ち歩かない人が多いため、なんとホームレスもQRコード決済でお金を恵んでもらうというシステムに。

中国のキャッシュレス化が進んでいる背景には、偽札が非常に多いという問題があります。現金払いだと偽札をつかまされる可能性があるため、キャッシュレスの方が安心というわけです。ということで、現金払いをしようとすると、すごく嫌がられる場合があります。

中国の進歩は凄いですね。日本では考えられないほどの速さで進んでいます。

また国民性もあるのでしょう。新しいことに意欲的に取り組む力があるので、年齢や立場に関わりなくみなスマホを使いこなしています。上海などの大都市でも、一本路地裏に入ると上半身裸でうろついてるおじいちゃんが結構いたりします。でも、そんなおじいちゃんたちも商店でスマホ決済してたりするので驚きです。

②  クレジットカードが使えるとこが少ない

中国では、信用情報が発展していないため、クレジットカードではなく、デビットカードが一般的です。

銀聯カードは中国国内のほとんどのお店で使うことができるのに対し、JCBやVISAなどのクレジットカードは中国では使えない場所も多いのが現状です。

参考記事:中国でVISAカードは使えるか?実際に使ってみた|おまけでJCBも検証

そのため、日本から出張や旅行などで行く場合、クレジットカードではなく銀聯カードがあると便利です。

銀聯カードを作る3つの方法!中国の口座は必要?

中国では銀聯カードが必須だということはわかりましたが、どうやって作ったらいいのでしょうか。

銀聯カードを作る方法は3つあります。

①  中国国内で作る(中国の口座が必要)

まずは中国国内で銀聯カードを作る方法です。

以前こちら「中国で銀行口座を開設しよう!中国工商銀行で銀聯カードを作りネットバンクを開く方法」の記事の中でもご紹介しましたが、中国国内で銀聯カードを作ろうとすると、銀行口座の開設が絶対必須になります。

ですが、外国人である僕らが中国の口座を開設するのはなかなか大変。最近特にハードルが高くなっています。実際記事を見て口座の開設にトライしてみたものの、作れなかったというコメントも多数寄せられています。

担当者にもよると思うのですが、なかなかハードルが高いですね。

なので、長期滞在者や留学などでしばらく中国で生活する人以外の、旅行者などはこの方法で銀聯カードを作るのはおすすめしません。

②  日本国内の中国銀行の支店で作る(中国の口座必要)

2つ目は、日本国内にある中国銀行の支店で口座を開設し、銀聯カード(デビットカード)を作る方法です。

この方法はC-STUDYさんの記事で分かりやすくまとめられています。

参考記事:日本で中国銀行の銀聯カードが作れるって本当?(C-STUDY)

中国銀行の支店が近くにあるという方は、この方法で銀聯カードを作るのもいいかもしれませんね。

③  日本のクレジットカード会社を通して作る(中国の口座不要)← おすすめ

旅行者や中国出張に行く方に最もおすすめなのが、この3番目の方法です。それは日本でクレジットカード会社が発行する銀聯カードを作って持っていくというもの。

この方法だと、中国の銀行口座を開設する必要がないというメリットがあります。煩雑な手続きを必要とせず簡単に作ることができます。

ここで注意点。中国の銀行で発行する銀聯カードはデビットカードですが、日本でクレジットカード会社を通して発行する銀聯カードはクレジットカードです。

ですが、デビットカードがクレジットカードかの違いはあるものの、使えるお店や使い方は全く一緒です。

いま現在、日本国内で銀聯カードを発行しているのは、三井住友カードとMUFGカードの2社。

それぞれの特徴を表にまとめました。

三井住友銀聯カード(ぎんれんカード) MUFG銀聯カード
新規発行手数料 無料(通常:税抜2,000円+税) ※無料(通常:税抜1,000円+税)
更新時手数料(5年) 税抜1,000円+税 税抜1,000円+税
年会費 無料 無料
発行形態 単独発行可 追加カード

※ 2017年7月1日(土)~2018年6月30日(土)まで無料キャンペーン中

三井住友銀聯カードとMUFG銀聯カードの大きな違いは、単独発行が可能かどうかです。三井住友銀聯カードは銀聯カード単独で申し込めますが、MUFG銀聯カードはMUFGカードの追加カードとしての発行となります。

  • すでにMUFGカードを持っている人 → MUFG銀聯カードの追加発行がおすすめ。

画像:MUFG銀聯カード

画像:三井住友銀聯カード(ぎんれんカード)

まとめ

  • 留学や長期滞在者は中国国内で口座開設の際に銀聯カードを作るのがおすすめ。
  • 短期旅行者や出張で行く方は日本で銀聯カードを作るのがおすすめ。

中国国内で銀行口座を開設し、銀聯カードを作る方法はこちらの記事にまとめています。

急速にキャッシュレス化が進む中国においてのマストアイテム、銀聯カード。中国出張や旅行の際はぜひ作って持って行きましょう。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です