RAVPower 26800mAh 大容量モバイルバッテリーを導入してみたのでレビューしてみる。旅にもおすすめ!

更新日:

今まで近所のパソコンショップで購入した安い5000mAhのモバイルバッテリーを使っていたのですが、最近スマホ(iPhone)・タブレット(iPadAir2)・GoProELEウェアラブルカメラ・Applewatchなどなど、USB充電のモバイル機器が増えてきたため、ついに大容量のモバイルバッテリーの購入に踏み切ってみました。

僕が今回購入したのは RAVPower というメーカーの容量 26800mAh のモバイルバッテリーです。

・飛行機持ち込み出来るの?
・あまり聞いたことないメーカーだけど安全性はどうなの?

気になる点を詳しく解説しながらレビューしてみたいと思います。

RAVPower 26800mAhのモバイルバッテリー 製品レビュー。

・小型ながら26800mAhという大容量。
・2.4A × 3ポート (合計5.5A)の高出力。
・iPhoneのバッテリーと同じメーカーという安全性。
・3,000円ちょっとで購入できる価格。

では、まず開封の儀といきましょう。

こんな感じのお洒落な箱に入ってきます。いざ開封。

説明書(日本語表記あり)とお礼状が入っていました。

中の大小2つの箱を取り出してみます。

小さい方には、モバイルバッテリー用の袋とMicroUSBケーブルが2本(25cm/65cm)入っています。

大きい方の箱にモバイルバッテリー本体が入っています。

袋から取り出してみたところ。マットなテカり過ぎない質感が上品で安っぽさがありません。

では、実際に使ってみて感じた良いところと惜しいところを見ていきましょう。

RAVPower 26800mAh の良いところ。

①  大容量

まず容量 26800mAhってどれくらいの充電が可能なのでしょうか?RAVPowerの商品ページでは「スマホ10回分の充電が可能」と書かれています。

僕が今使用しているiPhone5sのバッテリー容量は1,560mAhなので、フル充電の場合単純計算で17回※充電できる容量を備えていることになります。

※モバイルバッテリーの実際に充電できる容量は 表示 mAh の80%程度と言われています。

どれくらい充電できるものか実際に試してみました。

結果

iPhone5s × 3回
iPadAir2 × 1回
GoPro × 1回

やはり大容量って素敵ですね。いままで使ってきた5000mAhのモバイルバッテリーと比較にならないほど充電できちゃいます。実際使ってみて十分すぎる容量です。

ただこれだけの大容量となると飛行機に持ち込むことができるのか心配ですよね。

・飛行機には持ち込める?

26800mAhという大容量モバイルバッテリーは飛行機に持ち込み出来るのか?旅好きとしては気になるところです。

結論から申し上げると問題なく持ち込むことができます。このモバイルバッテリーの容量は99.16Whです。

国内線の場合、100Wh以上〜160Wh以下までは2個までという制限がありますが、この商品は絶妙に100Whを下回るため個数制限にも引っかからず持ち込むことができます。

また、中国の空港では100Wh以上のモバイルバッテリーは没収されてしまいます。

参考記事:機内持ち込みできるモバイルバッテリーの容量は? 何mAhまで?

またmAhだけの表示(Vの記載がない)の場合、100Wh以下であっても有無を言わさず没収ということも。

ただこの商品は99.16Whと明確に表示があるので無事クリアすることができます。規制にも引っかからず、安心して飛行機に持ち込めるのはおすすめポイントです。

参考

RAVPower 26800mAh モバイルバッテリーは、国内線・国際線関係なく制限なく機内持ち込みできる。

②  高出力

RAVPower 26800mAh モバイルバッテリーには、出力ポートが3つあります。

それぞれ、最高2.4A出力に対応しているので高速充電が可能です。3つどこのポートでも2.4A出力対応というところはありがたいポイントですね。機器によって挿す場所を変えずにすむので。

ちなみに3つとも接続している場合の合計出力は5.5A。iSmartというRAVPower独自の規格によってデバイスに合わせて最適な出力で急速充電を行うことできます。

③  小型

RAVPower 26800mAh モバイルバッテリーの凄いところは、「大容量+高出力」というスペックながら、小型軽量化を実現しているところです。

サイズは縦17.2 x 横8 x 厚さ2 cmです。

こちらはiPhone5sとの比較。

重ねてみても、大容量の割にそこまで大きくないことがわかります。

こちらは、iPadAir2との比較。

重さは455gと、500mlのペットボトルより少し軽い程度です。

軽量・コンパクトなので、普段持ち運ぶ鞄の中にすっきり収まります。

④  安全性

僕が、いままで大容量のモバイルバッテリーの導入を見送ってきたのは安全性・信頼性が心配だったからです。

飛行機の中でモバイルバッテリーが熱を持って発火 → 緊急着陸!といったニュースが度々報じられていたので・・。

そんな僕がこの商品の購入に至ったのは、RAVPowerのバッテリーがiPhoneにバッテリーを供給しているメーカーのリチウムイオンバッテリーだということ。

無名のメーカーだと、どこのバッテリーを使ってるのがわからず不安ですが、iPhoneと同じメーカーのバッテリーなら安心です。

また万が一不具合が生じても、18ヶ月の安心保証つきというのも決め手になりました。

⑤  価格

RAVPower 26800mAh モバイルバッテリーはAmazonで¥3,680で購入することができます。

僕は、RAVPower40W 4ポートUSB急速充電器 RP-UC07と合わせて購入したので、¥500OFFクーポンが適用されちょっとお得に購入することができました。この機会に家用のUSB充電器と合わせて揃えるのも良いですね。

ちょっと前までは、10000mAhを超える大容量モバイルバッテリーは高すぎて選択肢に入らなかったものですが、かなり安くなりましたね。

RAVPower 26800mAh の惜しいところ。

❶  充電時間の長さ

使用してみて、ちょっと気になった点は、モバイルバッテリーへの充電時間の長さです。満充電するまでに13時間かかります。

容量がかなり大きいので、充電に時間がかかるのはしょうがないところかもしれません。でも1回の満充電で、かなり使えるので目をつぶることとしましょう。

まとめ

信頼性の高い大容量バッテリー。カバンの中に潜ませてより旅をスマートにしてみませんか?

RAVPower 26800mAh モバイルバッテリーの最安値をAmazonでチェックする。

 

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.