【レビュー】RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)「MacBookPro13インチ」用に買ったら手放せないアイテムに!

投稿日:

「MacBook Pro 13インチ」の周辺アクセサリーをミニマルにすべく買い揃えている、「ガジェット大好きトラベラーJun(@junjun_purpleon)」です。

今回は、ちょっとかさばるけど、絶対に持ち歩かないといけないもの・・「充電器」について。

MacBookユーザーたちの間で話題になっている「RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」を買ったのでレビューしてみます。

これ、「世界最小!最軽量クラス!」とうたってるだけあって、本当に小さいです。

「このサイズで本当に61W出力なの?」と疑いたくなるレベル。

でも、測定してみるとちゃんと61W出力なんです。

使用感、おすすめポイント、詳しくレビューしてみます。

おすすめな人

  • 「MacBook Pro 13インチ」ユーザーで、荷物をミニマルにしたい方
  • とにかく小さい高出力充電器を探している方

※ この充電器は、新型「MacBook Pro 15インチ」にはおすすめしません。61Wでは出力が足りません。

【レビュー】RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)

こちらが、実際に使用している「RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」です。

とにかくコンパクトで場所を取らず、持ち運びがしやすいので助かっています。

主な特徴

  • 【新素材】 GaN (窒化ガリウム)を使った次世代型急速充電器
  • 【世界最小 & 最軽量】わずか100g、スマホの充電器と同じサイズながら61Wを実現
  • 【高出力】13インチのMacBook Proを約1.8時間で、iPhone XS Maxを約2時間と短時間でフル充電。
  • 海外でもそのまま使える!

開封レビュー

こちらが、届いた「RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」です。

もうこの箱の時点で、サイズが小さくて驚きです!

どれくらい小さいかというと・・

手持ちのスマホ「iPhone7」と比較してこのサイズ。

「え?これちゃんと中身入ってるの?!」って心配になる程・・。

「なにこれ?ちっさ!!」

箱から出してみるとさらに小さい!これはもう革命です。

同梱品は、「RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」本体と、簡単な説明書類だけです。

外観レビュー

上面には「RAVPOWR」のブランドロゴが刻印されています。

左上にコンセントプラグが収納されています。

引っ張り出すとこんな感じ。

サイドから。

PD充電ポート面。

充電ポートは1口。USB-Cタイプです。(※USB-Aタイプではないのでお間違いなく!)

充電ポートの下には小さなランプ(インジゲーターランプ)が付いています。

PSEマークも表示済みなので安心して使えます。

では、サイズや重量など、実際に使ってみた使用感とともにお伝えします。

使用レビュー

おすすめポイント①  驚異的なコンパクト!

【サイズ比較】
純正充電器 75 x 75 x 30 mm
RAVPower(RP-PC112) 49 x 49 x 32 mm

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」は、Macbook付属の純正充電器に比べ、およそ50%も小さいサイズです。

どちらかというと、iPad用12W純正充電器(写真右)と同じサイズ感。

このサイズで【61W高出力】を実現してるのはすごいですね!

【重量比較】
純正充電器 201.5g
RAVPower(RP-PC112) 105.1g

重量も約半分。

コンパクトなので、ポーチのポケットにも収納しやすいですし、全然重くないので持ち運びも楽です。

おすすめポイント②  61Wの充電能力!

実際に、ちゃんと61W出力なのか調べてみました。

「MacBook Pro」のシステム情報画面でチェックすると、ちゃんと60W電源として認識されています。

電流・電圧チェッカーでも測ってみました。

【 20.3V × 2.81A = 57.043W 】

61W出力という表記に偽りはなさそうですね。

同じサイズの他社製品は、最大30W出力くらい・・。

そうなると、「MacBook Pro 13インチ」には出力不足。作業しながらだと充電することができずコンセントに繋いでるのに電池残量がなくなってしまうという事態に・・。

その点、この「RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」なら問題なし。

かなりの負荷がかかる写真や動画の編集をしながらでも、しっかり充電することができます。

主な機器の充電時間

  • 13インチのMacBook Pro → 約1.8時間
  • iPhone11 Pro → 約2時間

おすすめポイント③  信頼性の高さ!

Amazonを見ると、最近ガジェット系は無名の中華ブランドの低価格な商品がずらりと並んでいます。

正直、電気を通す充電器やバッテリーは信頼性の高いブランドを使いたいもの。

特に、MacBook Proのアクセサリーならなおさら。過電圧とかでPCが壊れたらショックどころの話じゃないですからね。

口コミ評価」からも分かるように「RAVPower」は、かなり信頼できるブランドです。

私自身、一眼レフカメラのバッテリーやモバイルバッテリーなど、「RAVPower」の製品をたくさん愛用してきました。

どれも不具合を起こすことなく、長く使えています。

おすすめポイント

  • PSEマーク認証
  • 信頼の「RAVPowerブランド」
  • 30ヶ月の長期保証

おすすめポイント④  価格がリーズナブル。

2020年1月10日現在、Amazonにて価格 4,599円にて販売されています。

純正と比較しても、納得の価格です。

RAVPower
(RP-PC112)
Apple
(61W USB-C 電源アダプター)
4,599円(税込) 7,480円(税込)

セール時などは、純正の半額以下で購入することもできます。

お得メモ

RAVPower製品は、よくセールで安くなるので定期的に価格をチェックしておくことをおすすめします。

例えば、直近のタイムセールでは 3,495円(税込)まで下がっていました。

おすすめポイント⑤  海外でも使える。

当ブログ「たびハック」をご覧いただいている方の中には、海外へよく行く人も多くおられると思います。

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」は、100-240Vまで対応なので、海外の電圧でもそのまま使用することができます。

ただ、コンセントの形状に合わせて変換プラグが必要になります。

実際に、私も1ヶ月のヨーロッパ旅行に持って行きましたが、変換プラグ(MOCREO)との組み合わせで問題なく使うことができました。

純正のアダプターだとサイズが大きくて重いので、変換プラグが重さに耐えきれずに抜け落ちることがよくあったのですが・・

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」は、小さくて軽いので、全く抜け落ちることなく使い勝手も良かったです。

小型で持ち運びしやすいですし、外出先のカフェや、コワーキングスペースなどで、スマートに充電できるので、旅人には特におすすめです。

まとめ

ガジェットレビュー記事を書く場合、必ずデメリットとなる気になる部分も書くようにしているのですが、この製品「RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)」に関しては見つかりませんでした。

61Wクラスの「高出力充電器」を買おうと思ってる方には、現時点これ以外の選択肢はないと言っても過言ではないくらいおすすめのアイテムです。

私自身、すごく愛着のわくアイテムなので大事に使っていきたいと思います。

© 2020 たびハック