はじめての中国旅行で準備した持ち物まとめ!男女別に必須アイテムを紹介

更新日:

はじめて中国旅行に向かうとなると、準備するものにも迷いますね。「他の国と違って、中国ならではの必要なものってあるんだろうか…」と考えがち。

 

この記事では、わたしと妻がが中国旅行にはじめて行ったとき、準備した持ち物をまとめています。実際に使って「実証実験」済のものばかりです!

メモ

  • 中国で絶対必要と感じた持ち物
  • 持ってて良かった便利グッズ
  • 持ってなくて後悔した持ち物

というカテゴリー分けにしています。

男性ならでは」のものに加えて、妻の目線で見た女性ならでは」の必要なものもまとめています。ぜひお役立て下さい!

 

はじめての中国旅行、準備にはホント苦労しました…

はじめて中国旅行をすることになり、夫婦ともども準備をしていましたが…

 

旅行前、トランクの持ち物が散乱している様子。

もはやカオス!!

持ち物を決めきれず、散乱する我が家。動揺のあまり写真をピンボケさせる私。

はじめての国に旅行するというのは、なかなか大変だということを実感しました。

環境が詳しくわかれば持ち物も決まるんですが、そうも行かないもんです。

 

わたしの妻も苦労していました。女性と男性では、やはり必要な持ち物も違ってくるもの。

わりと旅慣れている妻ですが、やはり「はじめての中国」となると話が違ってくるようです。

中国在住の友人たちに質問しながら、なんとか荷物を詰めて出発できました。

ふう。ここまで詰めるための苦労といったら…!

 

そんなわたし達夫婦が厳選して持っていった、中国旅行の持ち物をここからまとめていきます。

まずは、中国旅行ならではの必須アイテムから行きますよ!

 

男女問わず!中国旅行ならではのマストアイテム~衣類・アメニティ編

着替え

寝間着・パジャマ

タオル類

ホテルにもよりますが、海外のホテルでは寝間着がないのがほとんど。宿泊場所になさそうなら、忘れずに持っておきましょう。

タオルも必要ですね。「かさばるのでは?」と心配でしたが、荷物のスキマに挟み込む緩衝材として大活躍しました。もちろん現地でもバリバリ使いましたよ。

 

また中国は広いので、土地によって気候が全然違う場合も。気温や気候はしっかりリサーチして、調節の利く服を用意しておきましょう。

 

履きなれたスニーカー

NIKEのスニーカーの写真

旅行の場所や目的にもよりますが、わたしの中国の印象は「とにかく!歩く!!」

電車もバスも人が多く、立ちっぱなしが多かったです。

わたしはコンバースのスニーカーを履いていましたが、滞在3日を超えたあたりから足が棒。

もう少しクッションのある靴を履いとけばよかった…と後悔しました。

 

上の写真は、たびハックライター・じゅんじゅん夫妻が実際に履いて旅したスニーカーです。

こういった、機動性のあるスニーカーが絶対必要です!!

 関連記事  :疲れない&歩きやすいスニーカー|ナイキのタンジュンは旅行におすすめ!実際に履いて海外行ってみた!【レビュー】

 

流せるティッシュ

これはもう!忘れるとヤバいマストアイテムです!!!!理由はトイレにあり。

 


(下手な絵で失礼します)

中国の一般的なトイレは、絵に書くとこんな様子。使い終わった紙は、ごみ箱に捨てるシステムになっています…

というか、そもそもトイレ内に紙がないことも。

水に流せるティッシュなら、ごみ箱に捨てずに流せます。常に携帯しておきましょう!

 

薬類(とくに胃腸系)

食べるものが変わると、消化不良を起こすことは十分あります。私はビオフェルミンを持っていきました。もしものために持っておきましょう。

もちろん、常備薬もお忘れなく。

 

ウエットティッシュ

ウエットティッシュは、できれば除菌タイプがおすすめ。

ごはんの前の手拭き用・トイレのあと(手洗い場に石鹸がないとき)に大活躍しました。

ウエットティシュの写真

あまり大きいのを買うとかさばるので、持ち歩きサイズを常に忍ばせておきましょう!

2~3個ぐらい入っていれば、とりあえず安心。

 

 

男性(私)の準備した持ち物

電気シェーバー

電気シェーバーの写真

昔はトラベル用のT字カミソリを持っていましたが、やっぱり使い慣れた電気シェーバーはいいですね。

朝の支度がまぁー早いこと。もうやめられません。

 

わたしが持っていたシェーバーは、中国の電圧(220V)に対応していません。変圧器を持って行って助かりました…。

ご自分のシェーバーが中国に対応しているかどうかは、別の記事にまとめましたのでご覧ください!

 参考記事  :中国旅行に変圧器・変換プラグは必要?|ドライヤーを使うなら特に注意!

 

女性(妻)の準備した持ち物

わたしの妻がチョイスした持ち物のなかで、「これ持って行ってて助かった~」と言っていたものをご紹介します。

 

いつものお風呂セット・化粧品

ホテルに備え付けのシャンプーやリンスだと、どうしても髪や肌の調子が良くない…ということもあります。近くのお店で調達しようにも、表示が中国語だからどれがいいか分からないし…

小分けにしたシャンプーやリンスの写真

そういうときのために、妻は日本で使ってるお風呂用品を小分けにして持っていきました。

写真の容器は100均に売られていたものです。こうすれば、かさばらず便利ですよね!

同じように小分けにして、化粧品類も持っていくのが良かったようです。旅先での安心感は大事。

 

エコバッグ

中国の買い物では、レジ袋はたいてい別料金。それだけでなく、どうしても小分けにしたいものが増えてきたりするもの。

エコバッグなら持っててもかさばらないし、強度的にも安心。

あとで妻に聞くと、「エコバッグはもっとあっても良かった!それぐらい助かった」と言っていました。

 

持っててよかった!中国旅行の便利グッズ

変圧器

中国で使える、変圧器の写真

「あっ!買うの忘れてた!」と思って、出発前日に慌ててケーズデンキに駆け込んで購入。わたしの電気シェーバーが日本電圧のみ対応だったので、変圧器があって助かりました。

変圧器の選び方・必要性については別の記事にまとめましたので、ご覧ください。とりわけ日本のドライヤーを使いたい方は要注意です!

 参考記事  :中国旅行に変圧器・変換プラグは必要?|ドライヤーを使うなら特に注意!

 

中国用SIMカード・Wifi

SIMカードの写真

わたしはケイゾーさんの薦めで、「中国聯通(チャイナユニコム)」の使い切りSIMをAmazonで買っていきました。

調査した限りでは、今のところこのSIMが旅行には最適かな?という印象です。

 関連記事 香港と中国で使えるSIMカード|設定方法は超簡単なのに手こずった

しかし、半ば強引(?)な形で現地の友人がSIMカードを貸してくれました。けっきょく買っておいたSIMカードはお蔵入りに。

 

でも、通信手段があって本当に良かったんです。

満員電車の人混みに巻き込まれ、友人たちと私がはぐれてしまったことがありました。

中国の駅構内で、人が大勢いる写真。

こんな感じの人混みだったので、はぐれたら一瞬で分からなくなっちゃいます。

SIMカードが使えたおかげで、すぐに連絡をとって次の駅で落ち合うことができました。通信手段を持っていて本当に良かった…!

SIMカードかWi-fiか、どちらを選んだらいいのか?は、後日記事にまとめます!

 

ネックピロー

行きは持っていなかったんですが、帰りの空港で衝動買い。

「MINISO」という、無印+DAISOな感じの雑貨屋さんでした。

MINISOで買ったネックピローの画像。

ちょっとだけ奮発して(それでも日本円で500円程度)クッションのあるのを買いましたが、これが大正解!

首の疲労度が全然違いますので、コリがちな方は要チェックです!

 

マスク

ウルトラライトダウン(ユニクロ)

飛行機の空調が合わなかったり、中国での気温・空気の違いに対応するのに便利。

ウルトラライトダウンならコンパクトにしまえるので、ぜひ一枚持っておきましょう!

粉塵や排気ガスなどに敏感な方は、マスクを持っておくと安心です。

 

持っていったけど、使わなかった持ち物

変換プラグ

中国のコンセントの写真。

中国のコンセントは、日本型のコンセントが普通に刺さる穴がついています。変換プラグは結局使わず。

※中国電圧(220V)に対応してない物を使う場合は、必ず変圧器を持っていきましょう。

 

圧縮袋

洗濯物を圧縮してトランクに入れようと思っていました。でも、圧縮するとカタチが固定されてしまって、逆に荷造りが不便に…。

普通のゴミ袋に洗濯物を放り込み、緩衝材として使ったらうまくいきました。

 

持ってたら良かった…行って分かった、中国旅行の便利グッズ

除菌ジェル

現地の友人が持っていたんですが、カバンなんかにぶら下げられる除菌ジェルがありますよね。

こういうのがあれば、気になるときにサッと取り出せていいよなあ…と思いました。

 

斜めがけのカバン

ワンショルダーバッグを掛ける女性の後姿。

満員電車や人混みでは、スリへの警戒が欠かせません。わたしたちはリュックを使っていたんですが、いちいち前に掛けるのがだんだん面倒になってきました。

写真のワンショルダーバッグは、帰国してから調達したもの。このタイプなら、前に掛けるのも一瞬でサッとできて便利!

 

VPN接続

中国ではGmailやLINEといった、日本でユーザーの多いサービスがブロックされています。最近ではYahooも使えないようです。

わたしも日本に帰ったら仕事の連絡が溜まっていて、Oh…ってなりました。

どうしても仕事や家族の連絡が必要な場合、VPN接続ができるようにしておいたほうがいいですね。

 

さいごに中国だけじゃなく、海外旅行には絶対必須の持ち物をまとめます。最終確認にお役立て下さい!

 

中国旅行に絶対必要な持ち物~手続・書類編

パスポート

航空券(eチケット控え)

パスポートの外側を撮った写真。

これがないと完全にアウト。あきらめなくてもそこで試合終了です…。

ネットで航空券を手配している場合は、eチケットの控えを持っておきましょう。

携帯電話の不調などに備えて、印刷して紙の形で持っておくのが安心ですね。

 

海外旅行保険証(加入しているとき)

海外旅行保険に加入しているなら、常に持参しておきましょう。

 

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを使うという手もあります。

わたしは楽天カードで航空券を決済したので、無料で保険に入れました。

無料で海外旅行保険が付くクレジットカードは、エポスカードが最強(たびハック・じゅんじゅん談)。

持ってるだけで海外旅行保険がついてくる!という凄いカードなので、まだ出発まで日がある方はご検討を。

 

 関連記事 最強クラスの海外旅行保険が付くエポスカードを作ってみた!【年会費無料】

 

現金(中国・人民元)

日本円からの換金は、中国の空港やホテル等でもできます。英語が通じるところも最近は多いです。

ですが「もし中国語しか通じなかったらどうしよう…」と不安なら、日本の銀行や空港で換金しておくのが無難です。

 

海外キャッシングを使えば、中国の至るところにある銀行で現金を引き出せます。

わたしは「セディナカード」を使い、中国の銀行からキャッシングで現金を調達しました。

キャッシングって「借金」じゃん!?と思っていましたが、即座に返済すれば換金より手数料が抑えられます。

ちょっと興味がある方・滞在期間の長い方はトライしてみるのもいいと思います。

 

クレジットカード

クレジットカードの写真。

クレジットカードがあれば、現金の残りを気にせず使えます。VISAかMASTERが無難です。

換金手数料も気にしなくていいので、クレジットカード利用可の場所では積極的に使っていきましょう!

 

まとめ

この記事で取り上げたものを、一覧にまとめてみますね。

 

絶対必要!マストアイテム

  • パスポート
  • 航空券(eチケット控え)
  • 海外旅行保険証(加入しているとき)
  • 現金(中国・人民元
  • クレジットカード(VISAかMASTER)
  • 着替え
  • 寝間着・パジャマ
  • タオル類
  • 履きなれたスニーカー
  • 流せるティッシュ
  • 薬類(とくに胃腸系)
  • ウエットティッシュ

男性にオススメのアイテム

  • 電気シェーバー

女性にオススメのアイテム

  • いつものお風呂セット・化粧品
  • エコバッグ

あったら便利!なアイテム

  • 変圧器
  • 中国用SIMカード・Wifi
  • ネックピロー
  • マスク
  • ウルトラライトダウン(ユニクロ)
  • 除菌ジェル
  • 斜めがけのカバン
  • VPN接続

わたしたち夫婦がした中国旅行の準備は、とりあえずこんなものです。現地でも特に不便なく、楽しめました。

はじめての中国、ぜひ楽しんでいらして下さい!!

Copyright© たびハック , 2018 All Rights Reserved.