中国のVPN規制ますます厳しく!【2018年8月最新】今使えるおすすめは?

更新日:

※ 8月の最新情報に書き換えました。

今年に入り、中国政府のネット規制がさらに厳しくなっています。政府未認可のVPNサービスを一網打尽的に規制している模様。

有料版VPNにも規制が入り、現在使えなくなっていたり、不安定になっているものも多数あります。

中国へ旅行や出張で行かれる方は注意が必要です。

  • 中国のネット規制とは?
  • VPNって何?
  • 今一番安定しているおすすめVPNはどれ?

FacebookやLINE,Twitter,InstagramといったSNSや、G-mail、Googleマップなどのグーグル系のサービスを使うために必要なVPN最新情報をまとめました。

中国ではVPNが必須!

中国では当局によるネット監視が常時行われているため、Googleなどのサービスや、日本で普通に使えているTwitter や LINE などの SNS が遮断されています。

これは金盾(グレートファイアウォール・GFW)と呼ばれるもので、中国にとって不都合な情報が入ってこないよう常にネットの検閲を行なっています。

2017年6月に新たにサイバーセキュリティー法が成立し、ネットの規制がより厳しく強固なものにしていく方針が打ち出されました。

そして今年の4月から本格的にその法律が施行され、中国国外のネットサービスに対する規制が一段と厳しくなっています。

ということで、中国で海外のサイト(日本を含む)を閲覧する場合や、SNSサービスを使う場合は、VPNが必須です。

VPNとは?

VPN(バーチャルプライベートネットワーク)は仮想のネットワーク空間の事です。これを使えば、日本やアメリカなど外国のIPアドレスを取得することができます。
その結果、中国にあるパソコン(スマホ・タブレット)が外国のパソコン(スマホ・タブレット)として認識されるので、検閲に引っかからないという仕組みです。

 

しかし、今年に入ってから、このVPNサービスへの締め付けがかなり厳しくなってきました。

VPN規制の今までの流れ

・2017年6月  サイバーセキュリティー法施行

インターネットにおける中国の主権確保と安全保障のために制定された法律。

今後、政府機関に登録し認可を受けたVPNサービスのみしか利用できないようにするというコメントが出されました。

・2017年10月  無料のVPNに規制

これ以前は無料のVPNサービスでも問題なく使用できていました。

私も中国に行った際は Betternet やネコVPN(一部では使える)といった無料VPNを利用しネットに繋いでいたのですが、10月以降全く使えなくなりました。

6月のサイバーセキュリティ法の施行後、無料版は使えなくなるだろうなと予想していた覚悟は出来ていましたが・・。

・2018年4月  有料VPNにも規制の波が

今年に入り、無料版のみならず有料版のVPNでも使えないものがちらほら出てきました。

そしてついに、4月から日本人にも愛用者の多い人気の有料版VPNにも規制が・・。

これは、3月31日に政府が宣言したVPN取り締まり強化の影響です。中国政府は未認可のVPNを全て締め出すことを宣言し、それを粛々と実行していっています。

有料VPNも規制!今使えるVPNは?

・ホープムーンVPN  → 使えない

業界最安値で人気だったホープムーンVPNが繋がらなくなりました。中国在住の日本人にとても人気だったVPNなので影響を受けている人も多いと思います。

ホープムーンはけっこう大きくて人気のVPNだったので大丈夫かなと思っていたのですが・・かなり規制が厳しくなってきているようです。

・セカイVPN → 使える!


2018年8月1日現在、接続できています。  ←  深セン・上海・広州からの接続確認済み

日系企業が運営するVPNの中ではセカイVPNの右に出るものはないというほどの抜群の安定感です。

またセカイVPNの良いところは、日本語でのサポートを受けられるところです。もちろんホームページも日本語。

繋がらないときや、トラブルが起きた時などに日本語で相談できるのは大きな強みです。

これからVPNの導入を考えている方には特におすすめのVPNです。

またセカイVPNは、最大2ヶ月間無料体験で使うことができます。

安定して繋がるか実際に試してみることができるのは大きなメリットです。

公式サイトセカイVPN

 

・ExpressVPN  →  使える!


8/1日現在、中国で人気の高いExpressVPNも接続できています。

ExpressVPNは、匿名性の高い回線を使っているので情報を読み取られる心配も少ないです。

ビジネスの利用などで、より匿名性の高い回線を探している人にはおすすめです。

公式サイト:ExpressVPN

 

今後の中国ネット規制への対策

前々から中国政府は「今後 VPNを規制し、許可制にする」と発表していましたが、いよいよ本気モードに入ってきた模様。

今まで使えていたVPNサービスも明日どうなるかわからない状態です。なので、事前にしっかりとした対策をしておく必要があります。

中国VPN規制への対策
❶  複数のVPN会社を準備しておく。
❷  中国国内のVPNを海外拠点のVPNに切り替える。
❸  複数の国にサーバーのあるVPNを使う。
❹  VPN対応のレンタルWi-Fiを使う。

 

長期滞在や赴任の際は、VPNを契約するのがおすすめですが、ビジネス出張などの場合、保険として「VPN対応のレンタルWi-Fi」 を持っていくことをおすすめします。

なぜなら中国のネット規制・VPN規制は地域によって大きな差があるからです。


地域によっては、比較的安定していると言われているVPNサービスも、数日間繋がらない状態が続いたなどの報告もあがっています。


なのでVPN対応のレンタルWi-Fiがあると、万が一のときに連絡が取れ安心です!

レンタルWi-Fi大手の グローバルWi-Fi  に問い合わせたところ、グローバルWi-FiのVPNプランは現在問題なく利用できているとの回答でした。

ビジネスで行かれる場合などは保険として持っていくと良いでしょう。

中国で使えるレンタルWi-Fiについては、こちらの記事にまとめています。

中国のレンタルWiFiはVPNプランがおすすめ!【2018年】

まとめ

今回の規制による現在わかっている状況。

  • 中国国内の未認可VPNサービスがどんどん締め出されている。
  • 海外VPNサービスの中でも規制されているものがある。

いままでも未認可のVPN規制の強化に乗り出していた中国政府。いよいよ本気で締め付けが厳しくなってきました。

これからもっとVPN規制が厳しくなっていくと思われますので、事前にしっかりとした対策を講じておきましょう。

また、中国政府の大きな会議、党大会などがある時期は特に規制が厳しくなります。

渡航時期、滞在時期が重なる場合は、必ずVPNの準備をしておきましょう。

↓中国No.1おすすめ「セカイVPN」↓ 

「セカイVPN」2ヶ月無料体験はこちら

 

junjun
現在のVPNの最新情報を随時更新していきたいと思っていますので、もしよろしければコメントに使用しているVPNと現在の状況を書いていただけると嬉しいです!よろしくお願いします。

 

Copyright© たびハック , 2018 All Rights Reserved.