【2017年11月最新情報】中国政府が人気のVPNを規制。Facebook・LINE・Twitter・Gmailは中国で使えなくなるのか?

※ 11月の最新情報に書き換えました。

11月に入り、中国政府のネット規制がさらに厳しくなっています。今まで使えていた有料版VPNでも使えなくなっているものが出てきています。中国へ旅行や出張で行かれる方は注意が必要です。

FacebookやLINE、TwitterやGmailといったSNSを使うために必要なVPN最新情報をまとめました。

中国ではVPNが必須!

中国では当局によるネット監視が常時行われているため、Googleなどのサービスや、日本で普通に使えているTwitter や LINE などの SNS が遮断されています。

6月に施行されたサイバーセキュリティー法により規制が厳しくなりましたが、11月に入り、今まで見えていたyahooも規制されるなど、より規制が厳しくなっています。

ということで、中国で海外のサイトを閲覧する場合やSNSサービスを使う場合は、VPNが必須です。

VPNとは?

VPN(バーチャルプライベートネットワーク)は仮想のネットワーク空間の事です。これを使えば、日本やアメリカなど外国のIPアドレスを取得することができます。
その結果、中国にあるパソコン(スマホ・タブレット)が外国のパソコン(スマホ・タブレット)として認識されるので、検閲に引っかからないという仕組みです。

規制強化後、中国で無料のVPNは使えないのか?

以前は無料のVPNサービスでも問題なく使用できていましたが、現在 Betternet や ネコVPN といった人気の無料VPNは使うことができなくなっています。

Betternetはとても便利だったので、私もよく使っていたのですが、現在使用できなくなっています。

6月のサイバーセキュリティ法の施行後、無料版は使えなくなるだろうなと予想していた覚悟は出来ていましたが・・。

しかし!11月に入って、なんと有料版のVPNでも使えないものがちらほら出てきています。

有料VPNも規制?

ホープムーンVPN  → 使えない

業界最安値で人気だったホープムーンVPNが10月から繋がらなくなりました。中国在住の日本人にとても人気だったVPNなので影響を受けている人も多いと思います。

ホープムーンはけっこう大きくて人気のVPNだったので大丈夫かなと思っていたのですが・・かなり規制が厳しくなってきているようです。

セカイVPN → 使える

2017年11月1日現在、セカイVPNは使えています。←確認済み

セカイVPNは、日本のインターリンクという会社のサービスで、中国から日本・アメリカ・ドイツ・台湾・韓国のサーバーを経由してネットに繋ぐことができます。

世界各国にサーバーがあるので、接続も安定しています。

追記

11月7日現在 NEW

セカイVPNの日本サーバーが繋がらない状態になっています。台湾のサーバーは使えるとのこと。

1さんコメントにて情報を教えていただきありがとうございます!

予想以上に規制が厳しくなってきている印象です。こういう時に複数の国にサーバーを構えているVPNは、一つの国のサーバーが規制されても他の国のサーバーに切り替えて使えるので便利ですね。

ExpressVPN  →  使える

深センからの接続確認済み。

香港サーバーがもっとも速いようですが、時間帯によっては使えないときもあるとのこと。その際は台湾や東京のサーバーに切り替えて使用できているようです。

Rogiさんコメントにて情報を教えていただきありがとうございます!

今後の中国ネット規制への対策

中国政府は2018年3月までにVPNを規制し許可制にすると発表しています。

そもそも大前提として、中国では規制をかいくぐってネットにアクセスするのは違法行為という扱いです。

今まで普通に使えていたVPNサービスが突然アクセス遮断されるということはよくある話。

なので、事前にしっかりとした対策をしておく必要があります。

❶  複数のVPN会社を準備しておく。
❷  無料のVPNを有料のVPNに切り替える。
❸  中国国内のVPNを海外拠点のVPNに切り替える。
❹  複数の国にサーバーのあるVPNを使う。

中国で使えるVPNについてはこちらサイトでよくまとめられています。

参考記事:中国でGmailを使う方法:2017年版【VPN.com】

まとめ

今回の規制による現在わかっている状況。

  • 中国国内の未認可VPNサービスへの締め出しが厳しい。
  • 海外VPNサービスの中でも規制されているものがある。(ホープムーンVPN × )
  • セカイVPNの日本サーバーは繋がらない。台湾サーバーは問題なく使えている。

いままでも未認可のVPN規制の強化に乗り出していた中国政府。

これからVPN規制がどれほど厳しくなっていくのかは、はっきり言って全く読めません。事前にしっかりとした対策を講じておきましょう。

現在のVPNの最新情報を随時更新していきたいと思っていますので、もしよろしければコメントに使用しているVPNと現在の状況を書いていただけると嬉しいです!よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

4 件のコメント

  • 2017年11月7日中国時間17:15
    セカイVPNの日本サーバーにはつながらなくなりました
    台湾サーバーへの接続は確認

    • 1さん
      コメントありがとうございます。
      だいぶ厳しくなってきていますね・・。
      最新の情報をお伝えしたいので、こういった情報は助かります!
      コメントの情報に合わせて記事も更新させていただきました。
      ありがとうございます。

  • 昨日から深センに滞在しています。ExpressVPNと自宅(横浜)のSoftEther VPNサーバーの2本立てで臨んでいますが、今のところ二つとも特に問題はありません。2ヶ月前にも深センに滞在しましたが、幸いな事に前回から特に悪くなった、という印象はありません。ExpressVPN は変わらずhongkong1サーバーが一番スピードが出ています。ただ、時間によっては、繋がらない事もありますが、そういう時にはtokyo1かTaiwan でしのいでいます。接続の安定性に関しては自宅のサーバーがピカイチです。恐らく中国当局に目を付けられていないからだと思っています(今のところは温存中です)。

    • Rogiさん
      コメントありがとうございます。
      ExpressVPNも問題なく使用できているんですね。ExpressVPNは比較的スピードが速いので魅力的ですね。
      そして自宅のルーターでVPN環境を構築するのが一番安心ですね!
      今度自宅ルーターを使ってVPNを使用する方法についての記事も書いてみようと思います。
      有料VPNと自宅VPNの2本立てあると安心感が違いますもんね。
      情報ありがとうございます。
      情報に基づき記事に追記させていただきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です