ロシアで使えるレンタルWiFiおすすめは?【2020年2月最新版】

更新日:

※ 2020年2月3日 価格・キャンペーン情報など最新のものに更新しました。

普通の国と違い、ロシアのインターネット事情はかなり複雑です。

政府によるネット規制が厳しいので、日本で使っているサービスで使えないものも多くあります。

本記事では、ロシアで規制を受けずに自由にインターネットを使う方法について解説します。

ロシアに行ってから困った!!とならないよう、渡航する前にしっかり情報を頭に入れ対策しておきましょう。

この記事でわかること

  • ロシアのインターネット事情は?
  • 空港やカフェの無料WiFiは使える?
  • ロシアでおすすめのレンタルWiFiは?

ロシアのインターネット事情

ロシアの空港・カフェやレストランなどでは、無料WiFiを提供しているところがかなりあります。

じゃあ、わざわざWiFiとか持っていかなくてもいいか・・と思われるかもしれません。

ですが、ここで落とし穴が・・。

❶  公衆無料Wi-Fiは携帯電話番号が必要

ロシアの無料WiFiは、SMS認証制なんです!

SMS認証制とは?
①  携帯電話番号を入力
②  SMS(ショートメール)でパスワードが送られてくる
③  送られてきたパスワードを入力
④  接続完了

 

つまり現地の携帯電話番号がないと無料WiFiに繋ぐことができないんです。(日本の番号ではダメ)

これは、ロシア政府がネットを厳しく監視しているからだと思われます。

となってくると、僕ら旅行者が無料WiFiを使うためには、現地の電話番号付きのSIMカードを購入しなければなりません。

ロシア語か英語ができる人なら現地でSIMカードを購入し、設定することができるかもしれませんが、これはなかなかハードルが高いですね。

❷  無料WiFiはセキュリティが心配

また、無料WiFiに繋げたとしても、問題なのはセキュリティ。

不特定多数の人が利用する無料WiFiは、それだけ情報も漏れやすいということです。

メールアドレスのアカウントや、SNSのパスワードなどが盗まれる危険性があります。

海外では、公衆無線LAN(無料WiFi)利用時にクレジットカードの情報が抜き取られ不正使用され、高額請求がきたという事例も発生しています。

❸  LINEなど規制されてて使えない

ロシア政府は、近年管理下に置けない未認可のサービスを厳しく規制しています。

去年からLINEも規制対象となっており、ロシアでは利用できないようになっています。

2019年10月28日追記

2019年11月1日より、ロシアでインターネットの規制を強化する新しい法律が施行されます。

これはロシア国内から国外へのネット接続の監視を強化することを目的とした法律です。

今後、より一層規制が厳しくなっていくものと思われます。

ただ規制を回避する方法もあります。それはVPNを使うことです。

ですがこのVPN、カフェなどの公衆無線LANでは使えなくなってきています。← ロシア政府の締め付けが厳しさを増しているため

なので、ロシアでLINEを使うには「自前のネットワーク+VPNアプリ」が必要になります。

・ロシアで使えるおすすめVPN → セカイVPN

ロシアの無料Wi-Fi事情
❶  現地の電話番号が必要
❷  セキュリティが心配
❸  LINEなど使えないサービスがある

 

以上の点を踏まえて、ロシアでインターネットを使うには、日本からレンタルWiFiを持っていくのがおすすめです!

ロシアでおすすめのレンタルWi-Fiは?

ロシアで使えるレンタルWiFiのプランと料金を比較してみました。

会社 プラン 容量/1日 料金/1日 空港カウンター
受取/返却
返却料金
jetfi グローバル(世界周遊)ライトプラン 300MB 980円580円

春休みキャンペーン(2020年4月1日まで)

空港受取  715円
宅配便受取  1,375円
グローバル WiFi ロシア3G通常プラン 300MB 1,170円970円

早割適用
通信料4,000円以上でさらに1,000円割引

空港返却BOX
xmobile 4G/LTEプラン 300MB 950円 レターパック370円
空港返却1,080円
Wi-Ho! 世界周遊4G/3Gプラン 300MB 1,080円972円

新春キャンペーン2020(2月28日正午まで)

空港返却BOX
JAPAEMO 3Gプラン 500MB 1000円 往復送料1,100円
空港配送2,200円
イモトのWi-Fi 4G/LTEプラン 500MB 1,580円790円

イモトの誰でも50%OFFキャンペーン(2020年3月31日16:00まで)

空港返却BOX

※ 2019年2月3日現在

料金が安いのは?

上記6社の中で一番料金が安いのは、「jetfi」 です。

周遊キャンペーンを利用すると、1日580円と圧倒的な安さで利用することができます。

ただし、受取・返却料金が別途必要になります。(空港受取715円・宅配便1,375円)

ちなみに空港受取ができるのは、成田・羽田・関空のみ。

なので、配送料を含めたトータル料金で見ると、他社のプランより高くなってしまうことも。

旅行の日程に応じて選ぶようにしましょう。

おすすめはグローバルWiFi

福岡空港のグローバルWiFiのカウンター

個人的に一番のおすすめは「グローバルWiFi」です。

グローバルWiFiは、国内の主要空港にカウンターがあるので、空港受け取り&返却が可能です。

対応がとても親切で丁寧なので、僕も海外旅行の際はよくお世話になっています。

空港カウンターで受け取れるので安心感があります。また返却も空港カウンターのボックスに入れるだけでいいのでとっても楽です。

設定もとても簡単です。

電源を入れて表示されているパスワードを入力するだけ。あっという間に繋がるので、ロシアの空港に到着してすぐ利用できます。

また変換プラグも無料で付いてくるので充電の心配もありません。こうした細やかな心配りは嬉しいものです。

たびハック限定割引料金

✅  料金:1,170円 → 970円/1日  ※早割適用
✅  容量:300MB/1日

「グローバルWiFi」の料金は、1日970円から。

1日たったの1000円程度

この値段で “安心感” を抱いて旅行ができるなら、借りない手はありませんよね。

しかも定額なので、使いすぎて後から高額な請求が来るといった心配もありません。

さらに今ならこのページからのお申し込みで2つの特典が受けられます。

受取手数料 500円 → 無料
・通信量合計4,000円以上で、1,000円割引

\当ページ限定割引を使う/

グローバルWiFiお申し込みはこちら

お申し込みはこちらから →  グローバルWiFi

まとめ

ロシアでインターネットを使いたい場合は、現地でSIMを購入するか、日本からレンタルWiFiを持っていくかの二択です。

モバイル機器に詳しい方はSIMを。お手軽に済ませたい方はレンタルWi-Fiがおすすめです。

ロシアはスリや盗難が非常に多い国ですので、レンタルWiFiを借りる場合は安心補償パックに入るのを忘れないようにしましょう。

それではみなさん 「Счастливого пути!」(良い旅を!)

 

 

 

© 2020 たびハック