ナガルコット|カトマンズ近郊でヒマラヤの絶景を見るならココ!行き方・おすすめの宿情報も!

皆さんは「朝日のナガルコットと夕陽のカカニ」という言葉を聞いたことがおありですか?そう!カトマンズ近郊で美しいヒマラヤを見るなら「ナガルコット」がおすすめなんです。朝の雲海とともに見るヒマラヤは絶景ですよ!今回はそんなナガルコットへのベストシーズン・バスやタクシーでの行き方・おすすめの宿・穴場のView Spotなどについて書いてみたいと思います。せっかくネパール来たならヒマラヤ見に行きましょう!

ナガルコットってどんなとこ?

ナガルコットはネパールの首都であるカトマンズから東へ直線距離で17km、道路で35kmほどの場所に位置する村です。

ナガルコットの標高は2100m。カトマンズの標高が1400mほどなので700mほど登ることになります。

タクシーや専用車を使うとカトマンズから片道1時間程度で行くことのできる距離なので、旅行者たちに大人気のスポットです。

ナガルコットのベストシーズンはいつ?

ネパールには雨季があります。雨季のシーズンはヒマラヤを見るのはかなり厳しいです。ナガルコットでヒマラヤを見るベストシーズンは10月半ば〜2月くらいまでの乾季です。

ただ、この時期は朝晩かなり冷え込みが厳しい季節になります。とくにナガルコットは2100mと高地にありますので、寒さ対策が必要です。防寒着を忘れずに持参しましょう。

ナガルコットへの行き方

ローカルバスで行く場合

オールドバスパルク

ローカルバスで行く場合の大まかなルートがこちら。

オールドバスパルク→バクタプル1時間(Rs.25)
徒歩30分(2kmくらい)
バクタプル→ナガルコット1時間半(Rs.25)

まずはカトマンズの「ラトナパーク」近くの「オールドバスパルク」を目指しバクタプル行きのバスに乗りましょう!

ネパールのバスは「◯◯行き」みたいな表示はありませんので、「バクタプル!」と連呼しましょう。バスの呼び込みをしている人たち(ネパールではカラシと言います。)が、こっちこっち!って教えてくれます。

バクタプルに着くと、ナガルコット行きのバスに乗り換えです。

カトマンズのオールドバスパルクから乗ってきたバスを降りて、乗り換えのために歩く必要があります。その距離2kmほど。のんびり歩いていきましょう。

道に迷ったり、バスパークの場所が分からない場合は道行く人に聞いてみましょう!

「ナガルコット ジャネ バス カハン ホ?」

ジャネ 行く
カハン どこ
ホ ですか

 

みんな親切に教えてくれます。

ただ、ネパール人は「知らない」とは絶対に言えない人種なので、念のために複数の人に聞いてみたほうがいいです。知らない人でも平気で「あっち」とか「そっち」とか言っちゃうので・・。

ナガルコット行きのバスが出るのはこちら。


カマルポカリという池の近くから出ます。

のんびりこんな道を歩いていきます。

途中おじちゃんが座って何か真剣な眼差しで作業しているので何をしてるんだろうと思ったら・・。

鳥の足を綺麗に洗っていました。足だけ料理で使うんですね!豚足ならぬ鳥足!

30分ほど歩くとナガルコット行きのバス停に到着です。

ネパールのローカルバスは定時発着という概念がありません。満員になるまで待って出るというのが普通です。

なのでナガルコット行きのバスがタイミングよくすぐ出るかどうかはわかりません。のんびり行っても大丈夫なように余裕のあるスケジュールを立てておきましょう。

しばらく待って満員になったところで、いざ出発!

途中で、こんなものを載せたり・・。

こんなものを載せたり。(笑)

どうやら鉄工所のようなところで鉄の枠を7〜8個屋根に積んでました。ナガルコットに新しいホテルなんか作ってるので下からローカルバスで資材を運んでいるんですね。

なかなかこの作業に時間のかかること・・。

バクタプルを出発して1時間半ほどクネクネの山道を走ってナガルコットに到着です。

料金は僕らが行ったときは、25ルピーでした。

が・・、僕らの座席の前にお金持ちそうな中国人や韓国人が乗っていたんですが、彼らは500ルピーと言われ普通に払っていました!

ネパールの悪いところ・・お金持ってる人からはボッタクっていいという考え。僕らはネパール語が話せたので普通にふっかけられることなく25ルピー払って降りました。

いろんな方の旅行記を見ていると、外国人価格でRs.50取られる場合もあるようです。まぁこの辺は厳密な料金は決まってないんじゃないかなと思います。カラシの気分次第かな。

ネパールでローカルバスに乗る場合は、まわりの人たちがいくら払っているか確認しましょう。困ったときはまわりのお客さんに助けを求めましょう。

Rs.50くらいまでなら素直に払いましょう。それ以上だとボッてる可能性があります。

タクシーで行く場合

タクシーだと、片道Rs.1500〜2000くらいは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。これも交渉次第ですので複数のタクシーに声をかけて交渉してみましょう。また、一度その場を去るフリをする作戦が有効です。去るフリをすると「wait!wait!」と言って安い値段を言いながら追っかけて来ます。

相場が分からないと交渉もしずらいので、タクシー捕まえる前に、地元の人に聞いてみるのも懸命です。レストランとかホテルとかの人に聞いてみると親切に教えてくれますよ。なかには友達のタクシー運転手を呼んでくれる場合もあります。

専用車で行く場合

一番楽なのは、ジープなどの専用車をチャーターして行く方法です。これだとカトマンズを朝早く出て、日の出を見て帰ってくるという半日ツアーなんかも可能です。

ホテルや旅行代理店などで手配してくれるので相談してみるといいと思います。

複数人のグループなどで行く場合は、割り勘で行けるのでオススメです!

ナガルコットでおすすめのホテル

ナガルコットは多くの観光客が訪れるので、安宿から高級ホテルまでたくさんのゲストハウスが立ち並んでいます。

そんな中でナガルコットでオススメのホテルは「雲海リゾート」です。

他のホテルなどが集中しているエリアから外れの方にあります。

バスを降りてからくねくねの道を20分くらい歩きます。

途中にはこんな看板があるので迷うことはありません。

下り坂を下ると見えてきました!こちらが雲海リゾートです。

ネパール人のご主人と日本人の奥さんが経営しているアットホームなゲストハウスです。ご夫婦共ものすごく親切丁寧です。他のスタッフたちもしっかりと教育されているのでおもてなし精神に熱いです!

ここのおすすめポイントはその立地!まさに遮るものがまったくない特等席でヒマラヤの朝日を見ることができるんです!

ドミトリー部屋ならRs.440と格安で泊まることができます。他に宿泊客がいない場合かなり格安で部屋を占有できるのでオススメです。

冬場のネパールはかなり寒いです。昼間は暖かいんですが、陽が暮れると一気に気温が下がり凍えてきます。

雲海リゾートのお部屋は、新しいわけではないので、隙間風が入ってきたりします。それにお部屋には暖房設備などはありません。毛布も薄いのでけっこう寒いです。寒いときはスタッフに言うと他の部屋の毛布を持ってきてくれるので聞いてみましょう。

レストランのスペースに暖炉があり蒔きがくべてあります。寝るギリギリまで共有スペースで温まってから部屋に戻るといいです。

そしてもう一つのオススメポイントが、ここのホテルは他のホテルから距離が離れているので、他のホテルの光に邪魔されずにテラスから満点の星空を見ることができるんです。みなさんも行かれた際はぜひ夜中に空を見上げてみてくださいね。

そして、何と言ってもヒマラヤが一番輝くのは朝!ナガルコットから見る夜明けは最高です。

おすすめはまだ暗いうちからテラス席に椅子を並べて陽が上がってくるまでの空の色の移り変わりを眺めること。

だんだんと夜明けの時間が近づいてくるにしたがって、美しい色に焼けていきます。この色のグラデーションたまりません。朝は空気が住んでいるので山の稜線がくっきり見え本当に美しいです。

近くのホテルを入れて。絵になりますね〜。

ちょうど月の具合もよく、細い三日月が地球照によってうっすらと影の部分まで見えました!ナガルコットでのお気に入りの一枚です。

ついにヒマラヤの後ろから朝日が上がってきました!靄がかかる山並みに光があたり濃淡がとても美しいです。

完全に陽があがってしまうとこんな感じになります。

中のレストランでモーニングコーヒーをいただきながら窓の外に広がるパノラマのヒマラヤを楽しむことができます。

雲海リゾートの公式ホームページはこちら↓↓
Unkai Resort Nagarkot Nepal

展望台まで登らなくても絶景が見れる穴場スポットはココ!

ナガルコットには展望台があるのですが、歩いて行くと1時間半近いトレッキングになります。ちょっとトレッキングはキツイかなという方にはこちらの「プチ展望台」がおすすめです!

こちらは「雲海リゾート」の奥さんに教えてもらったおすすめのViewSpotです。

ちょっと説明しにくいんですが、「Hotel View Point」というゲストハウスの裏にある「マンディル(お寺)」です。詳しくは奥さんに聞いてみてくださいね。

その「マンディル」からはこんな感じで雄大なヒマラヤを見ることができます。ホテルの屋上からヒマラヤを楽しむ人たちをさらに後ろから見ることができます。人が入ることによって、よりヒマラヤの大きさが分かりますね。

実は、「朝日のナガルコット」と言われていますが、夕日の時間もヒマラヤがオレンジに染まりとても美しいんですよ!

こちらが、「夕陽のナガルコット」です。

だんだんと陽が傾いてくると山頂に被っている白い雪が燃えるようなオレンジ色に変わっていきます。この景色は写真で見るより実際にご自分の目で見て欲しいです。

反対側を見ると、綺麗なサンセットも見ることができます。ちょっと展望台までのぼるのは体力的に厳しいなと言う方は、ぜひこちらの「プチ展望台」に行ってみてくださいね!

ナガルコットに行ったらノリさんに会ってみて!

ナガルコットにはとても有名なお店があります。そのお店の名は「NORITAKE COFFEE SHOP」

なんと日本語でしかも漢字で看板が書かれています!COFFEEのEが一個足りないのは突っ込まずにおきましょう!(笑)

このお店の名前は、あの「とんねるず」の「木梨憲武」から取られているんです。訪れた日本人が似てる似てる!って言ったのでそのまま店名にしてしまったみたいです。

ご尊顔を拝見!

似てるっちゃ似てるけど、どうやら顔の角度次第みたいです。

似てる似てない関係なしに、ものすごくいいおっちゃんなので一度会いに行ってみてくださいね!

コーヒー以外にもオムレツなどの軽食もいただけますよ。

まとめ

今回は、カトマンズからさくっと行けるヒマラヤの絶景スポット「ナガルコット」についての情報をまとめてみました。ぜひベストシーズンに雄大なヒマラヤを見に行ってみてくださいね!

バスで行かれる際は、ボッタクられないよにご注意ください!ノリさんに会うのもお忘れなく!

以上 じゅんじゅんの「ナガルコット|カトマンズ近郊でヒマラヤの絶景を見るならココ!行き方・おすすめの宿情報も!」でした〜。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です