広州地下鉄の乗り方|交通カード(羊城通)の買い方は?チャージはどうするの?

広州で生活するなら、地下鉄を使わなければ、どこにも行けません。四方八方に地下鉄が入り組んでどこに行くのも便利。

日本でも、地下鉄に乗ったことのないわたしですが、異国の地で一体どうすれば??

地下鉄の乗り方、交通カード(羊城通)の買い方、チャージの仕方をまとめてみました。

広州地下鉄の乗り方まとめ

広州の地下鉄に乗るために必須なのが、トークン。いわゆる切符です。こちらでは、プラスチック製のコインの形をしています。

駅にはトークンの自動販売機が備えられているので、簡単に購入することができます。

自動販売機にも買い方が書かれていますが、簡単にまとめてみました。

  1. 自動販売機のところに行き、画面の路線図の中から行きたい駅名をタッチ
  2. いくらで行けるか表示されるで、その金額を販売機へ投入しましょう。
  3. お金が支払われると、トークンが出て来ます。

もしお釣りが有れば、トークンと一緒に出てくるので、お忘れなく。

ちなみに、販売機はコインと5、10、20元紙幣が使えます。なので1元は紙幣ではなく、コインを使いましょう。

広州の路線図はこちらのサイトを参考にしてみてください。

JTB CHINA

そして改札へ

改札に行くと、写真の赤い印のところにトークンをかざすだけで、改札が開きます。これは日本も同じですね。

もちろんですが、駅から出る時に必要なので、トークンはそのまま持っておきましょう。

さて目的の駅に到着し、改札から出る時です。

 

この時はトークンを改札の投入口(赤い印のところ)に入れてください。ここでもかざすところはありますが、かざしても絶対に開きません。投入口に入れてください!

さて、もし値段を間違えてトークンを購入してしまった場合、どうすればいいでしょうか?

その時は駅員さんに伝えましょう。駅構内の改札横に、駅員さんが在駐してくれている場所(客服中心)があります。

そこに行って「我出不去」(出られません)と言いましょう。こちらが外国人と気づくと、優しく対応してくれます。

大抵どこの駅から来たのか紙に書くように言われ、足りない分を支払い、新しいトークンをもらい無事改札をでることができます。

ですが、そうならないために、交通パス(羊城通)を購入することを激しくオススメします。

交通カード(羊城通)の購入

この交通カード(羊城通)は、日本でいうSuicaやICOCAなどと同じものです。

トークンを購入する手間もありませんし、市内地下鉄、路線バス、フェリーほか、一部のタクシーでも使用可能で大変便利です。

ちなみに、【羊城通】は一部店舗でも、電子マネーとして使用できるので持っていて損はないです!

ではどこで購入することができるのでしょうか?

先ほどの、駅構内改札横の駅員さんが在中している場所(客服中心)で購入することができます。

そこに行き「我要买羊城通」(羊城通買いたい)と言いましょう。

50元で購入できます。初めは、羊城通の中に32元入っており、残りの18元はカードを返した時に戻ってくるとのこと。いわゆるデポジットです。

羊城通をもって改札に行き、改札にかざすと開き、出る時に改札にかざすとカードの中からお金が引かれる。という感じです。

日本のSuicaやICOCAと全く同じですね。

改札に入る時と出る時に、残高と何回使用したかが表示されます。この時、残高をちゃんと確認しておきましょう。

ちなみに、一月に15回以上使うと、運賃が40%引きになるので羊城通、お得です!!

では、羊城通の残高がなくなりかけた場合は?

羊城通にチャージする仕方

もちろん羊城通は使えばなくなります。引き続き使うために、チャージする必要があります。

駅の構内にはこのような機械があり、羊城通をチャージすることができます。

ですが、中国の銀行カードを持っていなければこの機械でチャージすることはできません。

中国の銀行口座の作り方はこちら

   中国で銀行口座を開設しよう!中国工商銀行で銀聯カードを作りネットバンクを開く方法

店舗でのチャージをしよう

現金では、セブンイレブンや駅構内のクリーニング店「天天洗衣」や一部の店舗でチャージすることが出来ます。わたしは店舗の方が便利なので、チャージにはセブンイレブンを利用しています。

チャージの仕方は下記に通り。

  1. コンビニなどのチャージ可能な店舗に行き、羊城通を見せながら「充值」と言う。
  2. いくらチャージするか聞かれるので、お金を渡しながら、いくらか伝える。
  3. 羊城通を指定の機械にかざせば、チャージ完了。

日本のコンビニで、電子マネーなどをチャージする仕方と同じです。

わたしも早速、広州に来て三日目、羊城通にチャージをしようとセブンイレブンに。

いきなり、レジに行く勇気はなかったので、まず本当にチャージできるのか尋ねました。

品出しをしていた店員に、カードを見せながら「储蓄(貯金)出来る?」と尋ねます。おっちゃんは怪訝そうな顔をしながら、レジを指さします。

これは・・・できるって事ですよね、おっちゃん!

ちゃんと確認を済ませ、足早にレジへ。意気揚々と、羊城通を見せながら「储蓄、储蓄」(貯金)と店員に伝えます。

ですが、なぜか店員は「変なやつ来たよ〜」という顔をしていました。なぜ??さっきおっちゃんは出来ると言っていたけど・・・。

それもそのはず。帰って調べてわかったことですが、チャージは中国語で「充值」と言います。

わたしが言っていたのは「储蓄」(貯金)。当然、伝わりません。

わたしは【羊城通】をみせながら、「貯金、貯金」と連呼する変な外国人だったわけです。

その後、店員が空気を読んでくれて、チャージすることが出来ましたが・・・。

皆さんはお気をつけを。

まとめ

広州で地下鉄に乗れると、いろんなところに遊びに行けます。

ぜひぜひ、羊城通を使って色んな場所に行ってみてください。

本当に世界が広がりますよ。

ですが、交通カードを買うとき、チャージするときは、使う単語にご注意を。

では広州地下鉄にのって、楽しい海外生活をお楽しみください!

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイゾー

中国在住フリーランス。30歳を前にして人生初の海外移住決断。積極的だが小心者。天性のおっちょこちょいと言われたことがある。笑顔だけは誰にも負けない自信あり。夢は満天の星空を見ること。