中国のスタバでWi-Fiを使う方法を解説|中国スターバックスの違いまとめ

中国のスターバックスでWi-Fiにつないでみました。

スタバでノマドに挑戦です。とうとう、田舎育ちの私も、スタバでノマドをするまでに・・・。

ですが、Wi-Fiに繋げなくては話になりません。

中国のスターバックスでWi-Fiにつなぐ方法と、中国のスタバを紹介してみます。

中国のスタバでWi-Fiに繋ぐ方法

中国のスタバには二つのWi-Fiが飛んでいます。

一つは【 ChinaNet-Starbucks 】

二つ目は【 STARBUCKS 】(個人的におすすめ!繋がりやすいです。)

どちらとも繋ぐためには、SMSが受信できる中国の携帯電話が必須です。

なので、ちょっと旅行で中国に来られた方は繋ぐことができません。わたしもこちらのSIMカードを購入するまで使えませんでした。

Wi-Fiに繋ぐまでの流れはこんな感じ。

  1. 【 ChinaNet-Starbucks 】か【 STARBUCKS 】のWi-Fiを選択する。
  2. 繋がったら、ポップアップが表示されるのを待つか、ブラウザでインターネットを開く
  3. 登録画面が出てきたら、自分の電話番号を入れ、下の記入バーに数字を入れ登録を押す。
  4. 携帯電話にSMSで暗証番号が送られてくるので、それを入力し登録完了。

スターバックスの広告ページが開くと、完了した証拠です。

では早速。。

1 【 ChinaNet-Starbucks 】か【 STARBUCKS 】のWi-Fiを選択する。

Wi-Fiをつなげたい端末で、【 ChinaNet-Starbucks 】か【 STARBUCKS 】どちらかを選択します。

そうすると、自動的にWi-Fiにつながりますが、これだけではネット閲覧は出来ません。

簡単な設定が必要です。

2 Wi-Fiが繋がったら、ポップアップが表示されるのを待つか、ブラウザでインターネットを開く

設定画面ページは、ポップアップが出てくるのを待ってください。大抵すぐに出てくるはずです。

もし出てこなければ、自分のブラウザでYAHOO等を開くと、目当てのサイトには飛ばず、このような設定画面が出てきます。

ChinaNet-Starbucksの場合

Starbucksの場合

こちらは携帯の画面ですが、PCやタブレットでも同様のページが開きます。

3 登録画面が出てきたら、自分の電話番号を入れ、下の記入バーに数字を入れ登録を押す。

ChinaNet-Starbucksの場合、自分の電話番号を入れて[Let me online]を押すとつながります。

STARBUCKSの場合は下記を参考に。

 

上記の画面の、「手机号码」の所に自分の携帯番号を入れ、「验证码」のところに横の数字を入れます。この場合は[652825]ですが、この数字はその都度変更されます。

「请把上网密码发送给我!」を押すと自分の携帯に、パスワードが送られてきます。

4 携帯電話にSMSで暗証番号が送られてくるので、それを入力し登録完了。

この時に中国の携帯電話が必要なのです!こんなメールが送られてきます。

上の写真のように送られてきたパスワード(Key-Code)を、Wi-Fi登録画面の「密码」のところにいれて、「连接上网!」を押し、スタバの広告ページに飛ぶと完了です。

ちなみに一度登録を行うと、一定の期間は端末を覚えているからか、いちいち電話番号を入れなくてもWi−Fiに繋ぐことができました。

その場合は、このような画面が表示され「连接上网」のボタンを押すと繋ぐことができます。

以上が中国のスタバでWi-Fiを繋ぐ方法です!

どうぞ参考にしてみてください。

日本と中国のスタバの違い

中国のスタバは値段が高い

日本のスタバでアメリカンコーヒーは360円。

中国のスタバでアメリカンコーヒーはトール24元(約400円)。

少し高いくらいです。他のメニューも少しずつ高いと考えておくといいでしょう。

あえてスタバでコーヒーだけ飲む人も少ないかもしれません。

ちなみにこちらで24元出せば、綺麗なレストランでちゃんとした食事を食べることができますよ。

何時間いても文句を言われない

中国のスタバは基本的に何時間居ても何も言われません。

こちらでもパソコンを開き、作業している人もいますし、完全に寝てしまって居る人も。

中には映画を見ている人まで。家で見たほうが、リラックスできるのでは⁇と思いますが。。。

ちなみに、何も買わずに中に入って、休憩したりWi-Fiを使う人もいます。

それでも何も言われないのが中国スタバのいいところ。

冬でも外で飲む

広州がまだ極寒ではないからか、中国人は冬でも外で飲みます。

店内が空いていても、外で飲むので意味がわかりません。

友人は、「今の中国人にとってスタバでコーヒーは一つのステータス」と笑いながら言っていましたが、確かにそうなのかもしれません。

それかただ我慢強いのか・・・。

味が少し違う?

個人的にシナモンロールが好きなわたし。

中国のスタバでも、もちろん注文して挑戦してみます。

「这个,这个」言いながら、無事購入することができました。ちなみに、中国のスタバで働いている子は英語も通じるので、試してみてください。

食べてみると、確かにシナモンロールです。中国ではシナモンがほとんど売っていなので、嬉しい味です。ぜんぜん美味しい。

ですが・・・やっぱり中国のパン。日本のものに比べると、少しパサパサしている気もしました。

まとめ

以上が中国のスタバのまとめです。

中国に来た時にも、安心してコーヒーを飲めるスタバ。中国に来た際は、ぜひ違いを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

ちなみに、スタバのWi-FiもフリーWi-Fiなので、セキュリティーにお気をつけください。VPNを使うことをオススメします。

海外に来ても、ホッと一息つけるカフェの代表!スターバックスのご紹介でした。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ケイゾー

    中国在住フリーランス。30歳を前にして人生初の海外移住決断。積極的だが小心者。天性のおっちょこちょいと言われたことがある。笑顔だけは誰にも負けない自信あり。夢は満天の星空を見ること。