バッテリー|海外旅行にカメラの予備バッテリーは必須!純正品がいいの?他社の 互換品でもいいの?おすすめは?

海外旅行に持っていくカメラグッズって悩みますよね。今回はカメラの予備バッテリーの必要性について考えてみたいと思います。純正バッテリーが良いのは分かってるけど高い・・。安い互換バッテリーって使っても故障しない?バッテリーの気になる疑問について書いてみたいと思います。

断言します!海外旅行に行くなら予備バッテリーは絶対に持っていくべし!

予備バッテリーを持っておくべき2つの理由

なぜ僕が予備バッテリーを持っていくよう断言しているかというと・・。

これまでの海外生活の経験からどうしても必要だと思うからです。

では予備バッテリーを持って行っておくべき理由を2つほど挙げてみたいと思います。
その理由とは・・。

❶  精神的ダメージ

まず第一に、電池切れで撮りたいタイミングを逃してしまうと後悔するからです。

せっかくの海外旅行で電池切れのため、写真撮れないなんてことがあったらまさに悲劇ですよね。

私も一度マレーシアのペナンで電池切れのために写真が撮れなくなった経験があります。

今思い出しても悲しくなります。思い出したくない苦い経験です。もう一回行こうにもお金も時間もかかるし・・。

あの時、予備バッテリーを持っていれば・・。まさに「後悔先に立たず」です。

ということで、精神的ダメージを避けるためにも、予備バッテリーを持って行くことを強くおすすめします。

❷  電力事情

そしてもう一つの理由は海外の電力事情と深く関係しています。

先進国であれば、それほど問題ないかもしれませんが、私のいるネパールでは電力事情が安定せずよく停電します。

この冬の時期になると、1日16時間停電です・・。

電気の来ている時間に外出していたりすると、充電するタイミングを逃して、カメラの充電がもう何日も出来てないという状態に・・。

なので電気の来ている時間に予備バッテリーも含めてまとめて充電しておくと、安心して撮影に出かけられるというわけです。

日本では考えられないことですが、海外ではこういう事態もあり得ることなので、予備のバッテリーを持っておくことをおすすめします。

では純正バッテリーと社外の互換バッテリー どっちでもいいのでしょうか?

純正バッテリー VS 互換バッテリー

純正バッテリーを買うべきか?それとも互換バッテリーを買うべきか?

その決め手は、ずばり「コストパフォーマンス」だと思います。

それでは、コストとパフォーマンスに分けて見ていきましょう。

❶  コスト

純正予備バッテリーが良いのは間違いのない事実なんですが、なんせ高すぎるのがネック・・。なかなか手が出ないお値段です。

例えば私が使っているCANON6Dの純正バッテリーの値段は・・。

Canon バッテリーパック LP-E6N ¥7,039

 

それに対して互換バッテリーの値段は・・。

LP-E6 互換 バッテリー【ロワジャパンPSEマーク付】 ¥1,450

 

※価格は2017年1月10日現在

価格は約5分の1。

この値段の差はとても大きいですよね。

特に海外旅行前となると、どうせなら海外で美味しいもの食べたり、お土産買ったりとお金を使いたいもの。

ただ純正と互換バッテリーの値段の開きが大きすぎてちょっと心配になるのも事実です。これだけ安いとなるとちゃんと作動するのか?パフォーマンスの方が気になりますよね。

❷  パフォーマンス

私自身、高い純正品は諦めて、何年間も互換バッテリーを使ってきましたが、特に問題なく十分使えています。

違いといえば、純正バッテリーの方が持ちがいいということ。

ROWAの商品説明にも明記されていますが、互換バッテリーは純正バッテリーに比べて約80%程度の充電しかできません。(純正充電器を使用した場合)

つまりイメージ的には、同じ容量であっても、純正バッテリーで1000枚撮れるところが、互換バッテリーだと800枚程度しか撮れないということです。

あとは、充放電を繰り返していると、純正バッテリーより互換バッテリーの方が早く使えなくなります。

まぁ、でも純正と互換では値段がかなり違うので、互換バッテリーを有効活用するというのもいいと思います。純正は高い・・。

以上を考えると価格は約5分の1。
撮れる枚数は約80%。

ということは単純に計算しても互換バッテリーの方が4倍ほどお得という感じでしょうか。
もちろん使用環境や使用期間によっても変わりますが・・。

おすすめの互換バッテリーは?

互換バッテリーもめちゃくちゃ安いものとかもありますが、あまりにも安すぎるものは、粗悪品が多くすぐにダメになることが多いです。

ごく稀に安すぎる互換品の中には、安全回路が付いてない粗悪品も紛れています。

そういった互換バッテリーを使うとカメラ本体にダメージが来ることもあるため、安心できる互換バッテリーを選ぶ必要があります。

私がいつもお世話になっている互換バッテリーのメーカーは「ロワジャパン」です。

わたしがなぜROWAをおすすめするかというと、それは、ずばり「信頼性」です!

ロワジャパンは予備バッテリーの会社の中では、かなり有名で愛用しているカメラユーザーも多いです。私の周りのカメラ仲間の多くもROWAジャパンの互換バッテリーを使っています。

また対応も丁寧で信頼性があります。そして決め手は何と保証があること。

ロワジャパンのホームページには初期3ヶ月は保証対象となる旨書かれています。バッテリーの初期不良ってけっこうあるので、初期保証で返品交換安心してできるのは嬉しいポイントです。

まとめ

・予備バッテリーは旅に必須アイテム!
・予備バッテリーは互換バッテリーでもなんとかなる!
・信頼性のある互換バッテリーを使うべし!

いかがでしたか?

海外旅行に行くなら互換バッテリーで良いので、必ず予備バッテリーを携行しましょう!お財布とコスパを考えて純正か、互換バッテリーか選びましょう。それではみなさん良い写真旅を!

以上 じゅんじゅんの予備バッテリーおすすめ記事でした〜。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です