Manfrottoウニカ・メッセンジャーバッグがアウトレットで半額以下!

今日ご紹介するのは、マンフロットのカメラバッグ。ウニカシリーズ。

3年前に一目惚れして、海外に行く際に機材を持ち運べるようにと購入。現在までこのウニカ・メッセンジャーバッグを愛用しています。

とてもおしゃれでカメラバッグと思えないデザインがお気に入りのポイント。

そんなウニカのメッセンジャーバッグが現在マンフロットオンライショップにて半額以下で買えるチャンス。

1型(小)、5型(中)、7型(大)と3つのラインナップがありますが、今回お安くなっているのは、中サイズと小サイズ。

今回は、僕が実際に愛用しているウニカの5型(中サイズ)を写真とともにレビューしてみます。

マンフロットカメラバッグ ウニカメッセンジャーバッグ5型

主なポイント

❶  肩にかけた状態で、トップのファスナーを開けるとカメラにアクセスできる。
❷  内部に小型三脚を収納できる。
❸  大型のノートパソコンも持ち運べる。

 

サイズ

高さ 横幅 奥行き
外寸 31cm 42cm 19cm
メイン収納部 20cm 40cm 10.5cm
三脚収納部 8cm 36cm 12cm
ノートPC収納部 28cm 38cm 3.5cm

 

収納量

  • デジタル一眼レフカメラ1台
  • レンズ1〜2本
  • ノートパソコン1台
  • 小型三脚1本
  • 充電器やSDカードケース、レリーズなどのアクセサリー類

 

こちらの公式動画にウニカメッセンジャーバッグⅤ型の特徴がまとめられています。英語ですが、イメージは掴めると思います。

ウニカ・メッセンジャーバッグのお気に入りポイント

①  三脚を内部に収納できる

このバッグを購入する一番の決め手となったのが、三脚を内部に収納できる点です。

三脚用のスペースが取り分けられているカメラバッグやカメラリュックは数多くありますが、そのほとんどは外側に取り付けるタイプ。

内部に収納できるよう設計されているものはほとんどありません。

外側に三脚を取り付けると、どうしても「写真撮りに来てますよー」感が強く出るのが、個人的にどうも気になって・・。

撮影スポットに着いてしまえばいいんですが、そこに向かうまでの電車やバスの中、途中で立ち寄るカフェなどで、ちょっと気恥ずかしい感じ。

それでカメラバッグっぽくないデザイン+三脚も収納できるということが一番の決め手となりました。

三脚収納の様子をGIF動画にしてみたんですが、顔に見えませんか?リロ&スティッチとかにいそうなキャラ。(笑)

5型の場合、縮長(たたんだときのサイズ)36cmまでの三脚を収納することができます。

ちなみにこの写真に写っている白い三脚は、Manfrotto の MKC3-PF というシリーズ。残念ながら現在はもう発売されていません。センターポールを逆に取り付けて収納するタイプで、場所を取らずかなり使いやすい三脚なので、ぜひ復活させて欲しいんですけどね。

現在手に入る小型三脚の中では、Velbonの旅行用三脚 ULTREK UT-43 などが収納できます。Manfrottoの人気三脚 Befree は縮長40cmなので、残念ながら収納できません・・。

②  15インチのノートPCも収納できる

ウニカのメッセンジャーバッグは、比較的大型のノートPCも収納できるよう設計されています。MacBookProであれば17インチサイズも収納可能。(この写真のは15インチ)

だいたい撮影に出かけるときは、MacbookProもセットで持参するタイプなので、この収納スペースはすごく助かります。

カメラバッグとPCバッグと2つ持っていく必要がないのはすごく楽です。

③  機内持ち込みできる

飛行機に乗る際は、このカメラバッグにレンズを詰め込んで機内持ち込み荷物として持ち込むようにしています。

預け荷物だと乱雑に扱われないか不安ですからね。

④  デザインがおしゃれ

撥水加工の施されたテカり過ぎない生地が高級感をかもし出します。

フラップトップにさりげなく入っているマンフロットのデザイン 《↑ 上向きの矢印みたいな形》もお気に入りのポイント。

ちらっと縫い付けてある赤いゴム製のブランドタグも主張しすぎずおしゃれ!

さすがはイタリアのブランドだけあってデザインが洗練されています。三脚も雲台もどれもセンスがよく所有欲を掻き立てられます。もうカメラアクセサリーは全部Manfrottoでコレクションとして揃えたいくらいです。

ウニカ・メッセンジャーバッグの残念ポイント

❶  重心が悪く傾く

一番底の部分が、三脚収納スペースとして取り分けられているので、その分安定感にかけます。

三脚を入れていない状態だと、下部室が空きスペースになっているのでかなり安定感が悪いです。なのでいつも壁にちょっともたれ掛けさせた感じで置くようにしています。

構造的に仕方のない問題ですが、これはちょっと使っていて残念なポイントです。

❷  収納スペースが小分けされているので思ったより入らない

三脚とノートPCを中に収納できる分、カメラやレンズの収納力が落ちます。

これはメリット・デメリット紙一重のポイントだと思います。

ノートPCスペースと三脚スペースと独立しているため、その分メインの収納スペースが小さくなっています。

外見はけっこう大きなサイズなのでたくさん入りそうに見えますが、実際に使ってみると思ったよりも入りません。

画像:Manfrotto公式オンラインショップ

一眼レフカメラ+レンズ2本入れると、もういっぱいといった感じです。

なので感覚的には、普通のカメラバッグに、三脚入れるスペースとノートPC入れるスペースが着いたバッグという感じです。

決して大容量のバッグではないのでご注意ください。

たくさん入るカメラバッグを探している方はリュックタイプやごろごろタイプ(スーツケースタイプ)の方がいいと思います。

カメラやレンズはそこまでたくさん入りませんが、周辺アクセサリーはたくさん入ります。

フラップトップを開けると、中にフロントポケットがあります。

フロントポケットはファスナーでフルに開けることができます。出し入れしやすいのがナイスです。ポケットの数がとても多いのでカメラアクセサリー類は綺麗に収納することができます。

まとめ

ファッショナブルで、ノートパソコン + 小型三脚 + 一眼レフカメラ + レンズ2本くらい を持ち運べるウニカのメッセンジャーバッグ。

僕が購入したときは、1万円を超えていたのですが、現在なんと 4,980円!

半額以下の価格で手に入れることができます。

在庫処分セールなのかもしれませんが、この価格はかなりお買い得です。

気になった方は、楽天のManfrotto直営アウトレットストアーをチェック。↓

Manfrottoの公式ストアーでは、このように時々セールで大幅割引を実施しています。気になるアイテムが安くなっているかもしれないので、時々チェックしてみましょう。

リュックタイプのおしゃれなカメラバッグのレビューはこちら。あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です