M.Zuiko 17mm F1.8(オリンパス)レビュー|旅のスナップにおすすめの広角単焦点レンズ。

マイクロフォーサーズ用広角単焦点レンズである、ORYMPUS(オリンパス)のM.Zuiko(ズイコー)17mm F1.8。前々からレビューや口コミを見て気になっていたので手に入れて実際に使ってみました。

使ってみて感じた良い点(メリット)と、残念だった点(デメリット)を実写した写真とともに感じたままにレビューしてみたいと思います。自分にぴったりの単焦点レンズを見つける参考にしていただければ嬉しいです。

なおこのページに載っている写真は全てオリンパス OM-D E-M5|僕が海外旅行にミラーレスOM-D EM-5 を今おすすめする5つの理由!」の中で紹介した OM-D E-M5 Zuiko 17mm F1.8 の組み合わせで撮っています。

オリンパスM.Zuiko 17mm F1.8ってどんなレンズ?

オリンパスのサイトを見ると次のように説明されています。

小型のボディーに高性能を凝縮させた、上質な金属外装のハイグレードスナップレンズです。非球面レンズ3枚を含む合計9枚のレンズを最適に配置することで、F1.8の開放状態から、クリアでヌケがよく、画面全域でシャープな描写性能を発揮します。パンフォーカス撮影を気軽に楽しめる「スナップショットフォーカス機構」や、静止画も動画も高速&スムーズに撮影できるオートフォーカス 「MSC機構」を搭載しています。

引用:オリンパス公式ホームページ

実際に使ってみて感じたことを簡単にまとめると、「究極のお手軽スナップレンズ」です。設定とか特に気にせず被写体関係なしに、気の向くままにパシャパシャ撮り歩く楽しさがこのレンズにはあります。

では具体的にオリンパスM.Zuiko 17mm F1.8 の素晴らしい点と、改善してほしい点を写真とともに見ていきましょう。

オリンパスM.Zuiko 17mm F1.8の良いところ

①  オールマイティー

このレンズの最大のおすすめポイントは、何でも撮れる「万能レンズ」というところでしょう。

17mm(フルサイズ換算34mm)という画角は、風景・人物・料理・雑貨・建築とジャンルを問わず幅広くオールマイティーに何でも撮れる画角です。また後述しますが、このレンズのもう一つのメリットである明るさを活かし、室内の撮影も十分こなすことができます。

近所のパン屋さんで買ってきたサンドイッチを自宅で撮影。自然光のみ。料理の写真とも相性抜群です。

大好きな喫茶店「豆の木Cafe」の看板猫。窓際で光が強烈でしたが、ピントも迷うことなくシャドー部分も綺麗に撮れています。

厳島神社の回廊。下から煽るように撮影。マイクロフォーサーズの17mmはある程度の広さがあるので建築物の撮影も出来ますね。

こちらは関空第2ターミナルのピーチ出発ロビー。

よくこのレンズ17mmと購入比較されるのがM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8です。どちらを買おうか悩んでこのレビューを見ている方もおられるかもしれません。

僕もマイクロフォーサーズ用25mmのレンズを使っていますが、25mmの場合、建築物の写真はなかなか撮れないです。これは17mmだからこそ撮れる画角だと思います。

もちろん、25mmには17mmよりもボケるというメリットなどもありますので、それぞれの強みと自分の撮りたい写真のジャンルを考えて手に入れてみてくださいね。

②  単焦点ならではのボケの美しさ

宮島のフェリー乗り場にて

ズームレンズと単焦点レンズを比較してみると、やっぱりボケの美しさは単焦点レンズの方が格段に美しいです。ただレンズによってそれぞれボケ方が違います。この Zuiko 17mm レンズのボケを言葉で表すとすれば「自然で柔らかいボケ」です。

広角レンズなので、被写体にぐっと寄って、撮ることによってボケが際立ちます。

F1.8 開放で撮影

このレンズの開放値であるF1.8で撮影するとこの写真のようになります。鼻にはピントがあっていますが目にはピントがあっていません。

よくマイクロフォーサーズはセンサーサイズが小さいので、ボケない!と言われますが、使い方によってはここまでボケてくれます。

やっぱり写真がボケてくれると、写真を撮るのがとても楽しくなりますよね。

③  F1.8の明るさ

古民家を改装した宮島のカフェ「Sarasvati」

F1.8とは、絞りの数値です。この数値が低ければ低いほど明るいレンズと言うことができます。ちなみにオリンパスのキットレンズとして良く使われている M.Zuiko 14-42mm レンズの場合、絞り値は F3.5-5.6 です。

具体的に F1.8 のように数値が少なくなると、どういったメリットがあるかというと、「シャッタースピードが稼げる」というメリットがあります。

絞りというのは簡単に説明すると光を取り込む能力値みたいなものです。低ければ低いほど一気に光を取り入れることができ、短いシャッタースピードでも明るい写真を撮ることができるのです。

シャッタースピードが稼げるということは、シャッターを開けている時間が短くなるので、その分「ブレた写真」になるのを防ぐことができます。

ということで、この M.Zuiko 17mm F1.8 レンズは、キットレンズなどと比べ、暗い室内などでの撮影でもしっかりとブレずに撮ることができます。

絞りについてはこちらに詳しく書いています。

関連記事

絞りとは?【一眼レフカメラ初心者必見!】絞りで写真は劇的に変わる!

上の写真は、宮島にある古民家を改装したおしゃれなカフェです。古民家ということでかなり暗く、撮影は電球の灯りに頼る感じでしたが、綺麗に写すことができました。

ということで、このレンズは夜景などの暗い場所での撮影にも強いレンズと言うことができます。

④  逆光に強い

この M.Zuiko 17mm F1.8 のもう一つの凄いところは、逆光に強いというところです。

例えば上の写真は実際に目で見ると逆光になっているため、建物の中がとても暗い状態になっています。それでも写真で撮ると暗部に描かれている絵までしっかりと見ることができます。

また逆光の中写真を撮ると、変なUFOみたいな光が出たりモワッとした白い光が出たりすることがあります。これをゴーストとかフレアとか呼ぶのですが、このレンズは、そのゴーストやフレアが出にくいよう、しっかりと作り込まれています。(全く出ない訳ではありません。)

例えばこの写真、空港で飛行機に乗る時に撮った写真ですが、太陽が写真撮っている方向にあり完全に逆光になっています。ですが、ゴーストやフレアなどはあまり出ておらず、飛行機の機体が細部まで綺麗に写っており、なおかつ色も綺麗に出ています。

逆光のことをあまり気にせずに撮りまくれるのは、スナップ撮影にとってとても大きなアドバンテージになります。

⑤  AFが速い

M.Zuiko 17mm F1.8 は、オートフォーカス(AF)速度が非常に速いです。シャッターを半押しにすると瞬時にピントが合い撮影できます。また実際に使ってみて感じるのは逆光でもAFに迷うことが少ないです。

AFが迷うとせっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことになりかねないので、このメリットはとても助かります。レンズも小型なので、バッグからサッと出してサッと撮れるので気持ちいいです。

オリンパスM.Zuiko 17mm F1.8の残念なところ

❶  良くも悪くも普通

M.Zuko 17mm F1.8 のデメリットについて考えてみました。

「良く言えばオールマイティー、悪く言えば全てにおいてアベレージ」←これに尽きると思います。

オールマイティーに何でも綺麗に撮れてしまうのは、このレンズの最大のメリットなんですが・・。写りが良くも悪くも普通なんです。

綺麗は綺麗なんですが、写真が薄っぺらいというか、味がないというか・・。

記録写真としては申し分ないのですが、もっと質感にこだわったカッコイイ写真が撮りたい!アーティスティックな写真が撮りたい!という方には向いていないかもしれません。

❷  もうちょっとだけ寄りたい

M.Zuiko 17mm F1.8 の最短撮影距離は0.25mです。テーブルフォトなどの時に、もう少し寄れたらいいのになと思うことがあります。もちろん広角単焦点レンズなのでマクロレンズとは違い近影撮影には向いていないのはわかりますが、あとちょっと寄れたら・・。ちょっとだけ惜しいポイントです。

例えば上の写真、ケーキの質感を撮りたいなと思って最短距離で撮影してみます。

最短距離で撮影するとこんな感じです。これを「寄れてる」ととるかは人それぞれだと思います。もっとどアップで撮りたいと感じる方はマクロレンズの方がおすすめかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、オリンパスのマイクロフォーサーズ用レンズ M.Zuiko 17mm F1.8 をレビューしてみました。

 

風景・建築・料理・人物と幅広く撮ることのできるオールマイティーなレンズと言えそうです。僕自身ブログのネタ写真を撮るのには非常に使いやすいレンズだなという印象を受けました。ブロガーにはおすすめの1本です。またカメラを始めて、キットレンズから初めての単焦点レンズ購入を考えている方にはとてもオススメのレンズです。

ただ、オールマイティーゆえに、良くも悪くも「普通」な写真になってしまいがちです。

というのも僕はいつもPanasonic LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH.というレンズを愛用しています。このパナライカのレンズは空気感まで伝わる様な味わい深い写真を撮ることができます。どうしてもこのレンズと比べてしまうので、「普通」と感じて物足りなく思うのだと思います。

質感あふれる単焦点レンズを探している方には、LEICA DC SUMMILUX 25mm F1.4がおすすめです。新品価格もM.Zuiko 17mm F1.8 とほとんど変わりません。こちらにレビュー記事を書いていますのでぜひ比較してみてください。

レビュー記事

マイクロフォーサーズ[オリンパスPEN]次買うならどのレンズ?おすすめは?

以上 オリンパス M.Zuiko 17mm F1.8 のレビュー記事でした。

編集部おすすめ

外国人に喜ばれる日本のプレゼントのランキングまとめ!実際に盛り上がったお土産は?

外国人に日本のプレゼントをあげる時、どんなお土産が喜ばれるのでしょうか。 私自身、海外在住で時々日本に帰りますが、その度に何かしらお土産やプレゼントを買って帰ります。これまでに実際にあげた(他の人があげた)プレゼントの中からめちゃくちゃ喜ばれた順にランキング形式でご紹介したいと思います。 定番のアイテムから意外に喜ばれるアイテムまで詰め込みました。外国人にプレゼントをあげたいんだけど何がいいかなーと悩んでおられる方はぜひご参考に! 外国人が喜ぶプレゼントー選び方は? NGなものは? 日常で使えるおすすめの ...

つづきを読む

「カフェザッハー」ウィーンで絶対行きたいザッハトルテ発祥のお店!メニューや価格、並ばないおすすめの時間帯は?

ウィーン旅行で絶対外せないスポット「カフェザッハー」をご紹介します。 こちらザッハトルテ発祥のお店として有名で、なんと年間36万個ものザッハトルテが食べられている大人気カフェなんです。 そう言われると、食べに行かずにはいられませんよね。ということで夫婦で行ってきました! 結論から言うと、「絶対一度は行って欲しいカフェ。けど混雑するから時間帯には注意が必要です!」 この記事では本場のザッハトルテのお味と、お店の混み具合、おすすめの時間帯、ドレスコードなど気になるポイントを詳しくレポートします。 この記事でわ ...

つづきを読む

100均ダイソーで揃えるトラベルグッズ27選。本当におすすめできるか実際に使って検証してみた!

旅行に持っていくトラベルグッズ。 最近では100円均一でも良い商品が揃っているので、近所の大きな「ダイソー」に行っていろいろ買ってきました。 移動時の快適グッズや、パッキングに便利なグッズ、防犯グッズなど、便利な旅行用品がたくさん。 本当に使えるのか?おすすめできるのか? 奥さんと2人、実際に旅行で使って検証してみました。 「ダイソーで揃えるトラベルグッズ27選!」どうぞご覧ください。 もくじダイソーで揃えるトラベルグッズ27選快適グッズ編①  ネックピロー②  耳栓③  折りたたみスリッパパッキング用 ...

つづきを読む

香港出前一丁ランキング|14種類食べ比べ!お土産におすすめなのは?

「あーらよ、出前一丁」 日本人であれば誰もが聞いたことのあるフレーズですよね。 実は、出前一丁が日本よりも愛されている国があるんです! それは香港! 香港では、出前一丁はもはや国民食と言われるほど食べられています。 お洒落なカフェでも、メニューに出前一丁が載っているほど。 スーパーに行けば、インスタント麺のコーナーに出前一丁コーナーがあり、盛り盛りと並んでいます。 もともと日本のオリジナルが輸出されていましたが、今では香港でフレーバーが開発され香港限定の商品がたくさん出ています。 これがまた美味しいんです ...

つづきを読む

世界で最も高級なホテルランキングTOP15最新版|ご1泊いくら?

世界で最も高級なホテルをご紹介します。 ちなみにこの記事でご紹介するホテルの客層は「プライベートジェット・お抱えシェフ・ペットが虎」を満たす人たちです。え?もちろんみんなプライベートジェット持ってるよね? 「あ、ペットは虎じゃないんだけど、同じネコ科で・・」とか言う奴は帰ってよし。 まさかと思いますが、3つのうち1つも当てはまらない庶民の皆さんは「へーそんなホテルがあるんだ」くらいの気持ちで御覧ください。 ちなみにこの記事を書いたのは200円の牛肉ラーメンが何よりも楽しみな葉月詠二です。 では、最も高級な ...

つづきを読む

機内持ち込みモバイルバッテリーの容量は? 何mAhまで?【2021年最新】

外出時のスマホやタブレットなどの充電のためにモバイルバッテリーを使っている方も多いと思います。 今やすっかり旅行に欠かせないアイテムとなったモバイルバッテリーですが、飛行機に乗る際には機内持ち込みに当たってかなり細かな規則・制限があります。 正しく理解していないと、空港で没収されることも。実際私も海外の空港でモバイルバッテリーを没収されました・・。 ということで今回は、飛行機のモバイルバッテリー持ち込みに関する様々な疑問をまとめてみました。 スーツケースの中に入れて預けても大丈夫? どのくらいの容量まで持 ...

つづきを読む

© 2021 たびハック