香港旅行にはUber がおすすめ。使い方を徹底解説。クーポンコードも。

今回の香港・マカオ旅行で、ずっとトライしてみたかったことに挑戦しました。それは自動車配車アプリの Uber を使ってみること!

いろんな人のブログを見てずっと気になっていた Uber 。ついに香港で体験してきました。

旅行者にとって、かなり便利なサービスだったのでご紹介しようと思います。

  • Uberとは?
  • Uberの使い方
  • Uberを利用するメリットは?
  • Uber利用の注意点は?

Uberとは?

Uberとは、現在世界70カ国・632都市以上で利用されている自動車配車サービスです。

アプリを使って簡単に車を呼ぶことができます。

詳しくはこちら。→  Uber公式サイト

Uber 実際に使ってみた!

今回は、グランビルロード(加連威老道)にあるアティチュードホテルから、インスタスポットとして話題沸騰中の彩虹団地まで Uber を使ってみました。

彩虹団地についてはこちら。↓

地下鉄で行ってもよかったのですが、ホテルから地下鉄の駅まで歩くのもけっこう遠いし、路線も乗り換えが必要だしぐるっと回ってて行くのに結構時間がかかる・・。

ということで、サッと Uber を使って行っちゃおう!ということに。

UBERの使い方

まずは、Uber のアプリを開きます。

現在地(地図の青丸)周辺に、Uber の車がどれだけ走っているかが表示されます。

※  Uber を利用する場合、スマホやタブレットの GPS はオンにしておきましょう。

①  行き先を入力(またはピン)

まずは行き先を入力しましょう。

行き先は?のところをタップします。

住所やキーワードが分かるなら入力してもいいですし、地図上でピンを配置することもできます。

行きたい場所を地図上で見つけれるならピンを配置する方が簡単かもしれません。

今回の行き先は、彩虹邨停車場P。

地図を動かしてピンをたて完了をタップ。

②  車の種類を選択し配車

降車場所(目的地)を決めるとルートが表示されます。

地図のすぐ下の赤枠で、車の種類を選ぶことができます。

Uber は、車の種類に応じて料金が異なります。(料金は車の種類の下に出ています。)

種類 ドライバー 定員
UberX 一般 プリウスなどの乗用車 4人
UberBLACK プロ ハイヤー(BMW・アルファードなど) 4人
7人乗り プロ ハイヤー(大型車) 6人

※  国によって異なります。

UberXが一番料金が安いですが、ドライバーはUberに登録した一般のドライバーです。

一方、UberBLACK は、UberX に比べて料金がちょっとだけ高めですが、資格を満たしたプロのドライバーが迎えに来てくれます。しかも黒塗りのちょっといい車。

UberBLACKの運転手は、直接Uberに雇われているので、万が一事故にあった場合でもUberがしっかり補償してくれます。

安心して利用したいなという方や、初めて利用する方は、UberBLACK がおすすめです。

車の種類が決まったらページ最下部の確認をタップします。

選択した Uber の種類と料金が、再度表示されるので完了をタップ。

③  ドライバーが来るのを待つ

すぐに近くの UberBLACK のドライバーに連絡が行き、車が手配されます。

今回は5分ほど離れた場所にいる Siu Ming さんが迎えに来てくれるようです。ドライバーの名前の下に車種も表示されます。今回の車はトヨタのアルファード。

赤枠の部分をタップすると詳細な情報を確認できます。

到着予定時間もここで見ることができます。12:18分に彩虹団地に到着予定!

ドライバーのプロフィールもここで確認。

今回お世話になるSiuさんは、Uber で2,996回お客さんを送迎した実績があるようです。

またドライバー評価(Uberには評価制度があります)が4.77(5点満点)と高いので安心して利用できそうです。

もしもドライバーのプロフィールを見て、評価が低かったり気になる点があればキャンセルしましょう。評価性で信頼が保たれている Uber ですが、犯罪に巻き込まれる危険性や事故に遭う危険性ももちろんあります。これはタクシーを使うときも同じですけどね。

安心して利用できるドライバーかどうか、プロフィールのチェックをお忘れなく。

地図上ではリアルタイムで車がどこにいるか分かるようになっているので、まだかな?まだかな?と心配する必要もありません。ゆったりした気持ちで待ちましょう。

④  乗車

配車を依頼してから5分ほどで、黒色のアルファードが到着しました!

ここで注意点。国によっては Uber で使われている車に、Uber の表示がないことも。そうなると一般車との見分けがつきにくいです。

どの車か分からない場合は、ナンバーを確認しましょう。

ドライバーの名前の横にナンバーが書かれているので、このナンバーの車を見つけましょう。

スーツケースなどの荷物があると、ドライバーさんが降りて来てトランクに積んでくれます。

あとは、乗り込むだけ。

アプリで行き先も指定しているので、ドライバーさんに行き先を告げる必要もありません。

海外旅行でタクシーの運転手に行き先を告げるのって、けっこう大仕事だったりします。特に英語が出来ない運転手さんだったりすると大変。

思っていた場所と違う場所に連れて行かれたりすることも。

その点 Uberは、ドライバーも端末の地図に行き先が表示されているので説明する必要がなく楽ですね。

車内はこんな感じ。さすがはアルファード。一般的なタクシーと違って、広いシートにゆったり座ることができ快適です。

室内も綺麗に掃除がされていました。

香港のタクシーは運転が荒いことで有名ですが、Uber の運転手は評価制度のおかげ?もあってかなり安全運転でした。

アプリでは、自分の現在地をリアルタイムで確認することができます。ルートからそれてないか、後どれくらいでつくのかなど一発でわかります。

ちなみにルートの記録はGPSで保存されているので、ドライバーは遠回りして料金をぼったくろうなどという行為が出来ないようになっています。安心ですね。

車窓から、新しい高層ビルがどんどん作られている建築ラッシュの香港を眺めていると、あっという間に彩虹に到着しました。乗っていた時間は10分ほど。

⑤  降車

ここからが Uber の凄いところ!

実は Uber は、ドライバーさんにお金を直接払う必要がないんです。

アプリに登録したクレジットカードから引き落とされるシステムなので、ドライバーさんとの金銭の授受はありません。

なので現地のお金を持っていなくても大丈夫

また、料金もきちんと決められており、アプリを通じて支払われるのでぼったくりを心配する必要はありません。

香港のタクシーはぼったくりや遠回りで有名なので Uber の方が安心ですね。

ということで、到着したら荷物の忘れ物がないかだけ確認してバイバイ〜。「谢谢」を忘れずに。

⑥  領収書をチェック

しばらくするとメールで領収書が送られて来ます。

乗車料金を確認しましょう。

混雑状況や、通った道路の種類などにより追加料金がかかる場合があります。

さらに詳しい料金の内訳は赤枠で囲ったところをタップすると見ることができます。

これで Uber の乗車体験は終了!

いかがですか? Uber ってかなり簡単じゃありません?

Uber 初体験の感想

  • タクシーを捕まえる手間がいらない
  • 待ち時間が少ない
  • 面倒な料金交渉が必要ない
  • 行き先を告げる必要がない
  • 現金の授受がないので楽
  • ぼったくられない
  • 言語が分からなくても大丈夫

今回 Uber を利用してみて、Uber は旅行者にとってかなり使いやすく便利なサービスだなと感じました。

極端な話、一言も喋らなくても、Uber アプリさえあれば行きたい場所に行くことができます。

アプリはもちろん日本語対応なので、戸惑うこともありあません。

他の方のブログで「一度 Uber を使うと病みつきになってまた使ってしまう」って書いてあったんですが、その気持ちがものすごくよくわかりました。やっぱり便利!

結局その日の夕方、ホテルからマカオ行きのフェリー乗り場までまた Uber を呼んじゃいました。歩けない距離じゃなかったけど楽なので・・。もうすっかり Uber の虜です(笑)

Uber に登録しようと思っておられる方は、紹介クーポンコードを入力すると初回の利用が1500円オフになります。

こちらに、僕の クーポンコード を貼っておくのでよかったらお使いください。

Uber 初回1500円オフクーポンはこちら。→  クーポンコード

皆さんも、海外旅行の際はぜひ Uber 利用してみてくださいね。

東南アジアなどでは Uber と似たような Grab という配車サービスも人気です。今度東南アジアに行った際は、Grab にも乗ってみて、また体験記を書きますね。

TOP画像:Uber

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です