香港のガイドブックおすすめは?6冊買って比較してみた!

海外旅行に行くにあたってブログなどネットの情報も参考になりますが、なんだかんだ頼りになるのがガイドブック。

やっぱり紙の方が情報が入って来やすいんですよね。アナログ世代だからでしょうか。どんなにネットが発展しても、いまでも旅行前には必ずガイドブックを購入しています。

ということで、香港旅行のために気になったガイドブックをまとめて購入してみました。

今回購入したのがこちらの6冊。

❶  地球の歩き方
❷  aruco
❸  ONE&ONLY
❹  ララチッタ
❺  るるぶ
❻  まっぷる

なぜ6冊も購入したのかというと・・

どのガイドブックが読みやすいのか、どの地図が見やすいのか検証してみたいなと以前から思ってたんです!

この機会にそれぞれのガイドブックの特徴と、どんな人におすすめかというのを書いてみたいと思います。

香港・マカオのガイドブックどれがおすすめ?特徴は?

❶  地球の歩き方

  • 圧倒的な情報量
  • 交通などの旅に必要な情報も詳しい
  • 定番だからこそマストバイな1冊

ガイドブックの定番といえば、やはり「地球の歩き方」です。一から百まで網羅しており情報量では一番。

なんだかんだ安心感があります。またデザインも読みやすいです。

さすが「歩き方」というタイトルがついてるだけあって、旅に必要な情報がかなり細かく書いてあります。

国の基本情報からタクシーやバスの乗り方、地下鉄の切符の買い方などなど。初めて行く人でも迷わないですむよう親切に書かれています。

またエリアごとにおすすめのお店や観光スポットがまとめられているのもグッド。

これ一冊あれば、歴史や文化も含めて、香港通になること間違いなしの一冊です。

ただ、情報量が多すぎる(530ページ)のがメリットでもありデメリットでもあります。

他のガイドブックに比べてかさばるし重たいので、ハンドバックに入れておくのが億劫になるかも。

人によっては許せないかもしれませんが、僕は旅行前に必要なページだけ残しカッターで切りとって薄くして持って行きます。

ちょっと情報量が多すぎるかなと思うこともありますが、やっぱり大切な情報がしっかり載っているので、地球の歩き方は絶対に持っておきたいガイドブックです。

なので、ガイドブックを購入する際は、「地球の歩き方」+「他の1冊」という方法がおすすめです。

 

❷  aruco by 地球の歩き方

  • 完全に女子向け
  • 街歩きモデルプランも参考になる

続いてご紹介するのは地球の歩き方編集部が女子旅に特化して作った「aruco」

可愛いがたくさん詰まったガイドブックです。

載っているレストラン・カフェ・お土産屋さん・ホテルに至るまで全部可愛い女子が喜ぶスポットが選ばれています。

実際、ぼくら夫婦もarucoの「今、香港で泊まるならこのホテル」で特集されているホテルに宿泊しました。おすすめされている通り、とても可愛くてテンションが上がりました!

またチョイスされているお土産屋さんも、本当に可愛くてクオリティーの高いお店ばかり。

かなりリサーチされてて、本当にお洒落で可愛いところを紹介しているガイドブックだなと思います。

またモデル散策プランなども載っているので、プラン通りに香港を楽しんでみるのもおすすめです。

 

❸  ララチッタ

  • 写真集のような美しさ
  • 情報量は少なめ

「aruco by 地球の歩き方」の対抗馬になるのがこちらララチッタ。

買う・食べる・遊ぶの情報を中心に女子のこころ踊るおすすめなスポットが紹介されています。

綺麗な写真をメインに、情報や文字を詰め込みすぎず余白を十分にとったデザインが、とても読みやすいです!

また巻末にある取り外し可能な地図も、他のガイドブックと比較して本当に必要なスポットだけに名称が書いてある程度。ごちゃごちゃしておらずスッキリしておりとても見やすいです。

さすがは旅のスペシャリストJTBが作ってるだけあってすごくいいガイドブックに仕上がっています。

ただ、移動や旅の基本情報などは少なめ。

なので「地球の歩き方」と併用するのがおすすめです。

 

❹  ONE & ONLY MACAO by LAVETABI

  • マカオメイン
  • デザインが綺麗
  • 分類がわかりにくい

今回のガイドブックの中で唯一マカオメインで書かれているのが「ONE & ONLY MACAO」です。

他のガイドブックは、香港メインで後ろの10ページくらいにマカオの情報が載っている程度ですが、「ONE & ONLY MACAO」は、ほぼマカオ情報。香港情報は128ページ中わずか4ページ!

マカオ旅行を考えている方にはかなりおすすめのガイドブックです。

中を開けて、目を引くのが写真!

美しい写真が並び、まるで写真集のよう。デザインもお洒落で可愛いので本当に眺めているだけで気分が上がります。

ただ、分類わけが分かりにくいというデメリットも・・。

お洒落なカフェなども、エリアに関係なく、全部同じページに載っているので、地図と見比べながらプランを練らないといけないのが難点です。

でも、マカオの情報をここまで綺麗にまとめているガイドブックは他にはないので、マカオに行かれる方はぜひ。

こちらも「地球の歩き方」が監修しているので載っている情報なども正確で安心です。

 

❺  るるぶ

  • 持ち運びしやすいミニサイズ
  • ごちゃごちゃデザイン
  • GoogleMapとの連動

日本でも大人気のガイドブック「るるぶ」が出している香港マカオのガイドブック。

おすすめのポイントは、「超ちいサイズ」なところ。いままで見てきた他のガイドブックよりも小さく手に馴染みます。ハンドバックの中にもサッと入るサイズです。

また、ガイドブックに掲載されているお店やホテルなどをグーグルマップに表示させることができる特典付き。

本に付いているQRコードを読むと、このようにグーグルマップ上にお店やホテル・レストランなどが表示されます。

Wi-Fi環境さえあれば、行き先指定で案内もできるので便利です。

ただ、デザインは派手でガチャガチャしてる感じ!決して読みやすいガイドブックではありません。出来るだけいっぱい詰め込みましたーという感じです。笑

ここは好き嫌いが別れるところかもしれません。

 

❻  まっぷる

  • 持ち運びに便利なミニサイズ
  • 電子書籍としてもダウンロード可能
  • まっぷるリンクで行き先案内

るるぶの対抗馬となるのが、「まっぷる」です。

サイズはどちらも全く同じサイズです。

おすすめポイントは、まっぷるリンクという機能。なんとスマホやタブレットにこのガイドブックと地図を丸ごとダウンロードできちゃうんです。

(著作権の関係上モザイクかけています)

このようにスマホで気になったページのお店の場所を簡単に調べることができ、行き先案内までしてくれます。これはかなり便利!

まっぷるは地図を作っている会社なので、地図がとてもすっきりしてて見やすいです。

また、付録の「取り外して使える飲茶BOOK」に載っている「指差し点心図鑑」がすごく便利。

定番の飲茶の写真がずらっと載っており、文字通り指差しで注文することが可能。これは中国語や英語が出来ない人にとってとても使いやすいポイント!

載っている情報量やデザインなどは、るるぶもまっぷるもほぼ同じ感じですが、個人的にはまっぷるの方が使いやすくておすすめかなと感じました。

 

まとめ

個人的おすすめは・・
  • 女子旅 → aruco
  • 情報量の多さ → 地球の歩き方
  • 地図の見やすさ → まっぷる

いかがでしたか?お気に入りのガイドブックが見つかりましたか?

それぞれにそれぞれの良さがあるので、自分の旅のスタイルに合わせてぴったりのガイドブックを選んでくださいね。

ちなみに僕ら夫婦は、「地球の歩き方arucoONE & ONLY MACAO」 この3冊を持って行きました。

旅が終わった後、本棚にガイドブックを並べるのが密かな楽しみだったりします。

この記事が少しでも皆さんのガイドブック探しの参考になれば嬉しいです。

 

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です