DJI SPARK と MAVIC Air どっちがおすすめ?徹底比較

更新日:

DJIから、新型ドローン MAVIC Air が発売されました。

いままでコンパクトドローンの決定版だった SPARK と、どう違うのか気になっている方も多いと思います。

SPARK と MAVIC Air どちらがおすすめなのか?

性能面(スペック)・価格・扱いやすさなど気になる点を徹底比較してみました。

SPARK と MAVIC Air のスペック比較

SPARK MAVIC Air
機体重量 300g 430g
サイズ 143×143×55 mm たたんだ状態:168×83×49 mm
たたんでいない状態:168×184×64 mm
対角寸法 170 mm 213 mm
最大上昇・下降速度 3m/s 上昇 4m/s 下降 3m/s
最大時速 50 km/h 68.4 km/h
限界高度 4,000m 5,000m
最大飛行時間 16分 21分
ジンバル 2軸 3軸
カメラセンサー 1/2.3インチCMOS
有効画素数: 12MP
1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
レンズ FOV 81.9°
25mm  f/2.6
撮影範囲: 2m~∞
FOV:85°
24 mm  f/2.8
撮影範囲:0.5 m~ ∞ 
静止画サイズ 3968×2976 4056×3040
動画解像度 FHD: 1920×1080 30p 4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30p
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120p
写真フォーマット JPEG JPEG/DNG(RAW
内部ストレージ なし 8GB
障害物回避センサー 前方/下方 前方/後方/下方
価格 65,800円 54,800円 10,4000円

簡単にまとめると、安くて手軽な SPRAK と、コンパクトながら本格的なドローンに必要な機能を詰め込んだ MAVIC Air といった感じです。

SPARK の魅力と気になるところ

SPARK の魅力 ①  扱いの手軽さ

手のひらから離陸させることができるのは、SPARKのストロングポイント。

電源ボタンを押してから25秒以内に離陸する起動の速さも魅力の一つです。サッと取り出してすぐに使えるので、みんなでグループセルフィーなどを撮りたいときなど活躍してくれますね。

またSPARKのすごいところは、スマホや送信機(コントローラ)がなくてもジェスチャーで機体を動かせること。

数パターンあるジェスチャーを覚える必要がありますが、覚えてしまうとかなり便利です。

SPARK の魅力 ②  価格の安さ

発売当初の価格は 65,800円でしたが、MAVIC Air が発売された今なら 54,800円で手に入れることができます。なんと11,000円オフ

本格的なドローンが5万円ちょっとで手に入ってしまうというのは驚きです。この価格の安さはSPARKの魅力ですね。

SPARK の気になるところ ①  4Kが撮れない

SPARKは、FHD(フルハイビジョン)サイズまでの動画を撮ることができます。4K撮影はできません。ここが MAVIC Air との大きな違いです。

ただ、4Kはいらないよ!と言う方も多いと思います。

動画サイズが大きくなると、編集するにもスペックの高いPCを使う必要があります。

綺麗な動画を撮って、インスタなどのSNSにアップしたい!という使い方の場合、4Kは必要ないと思います。

こちらが実際に SPARK を使って撮影された映像。この動画を見ると「4Kにこだわらなくても十分綺麗じゃん!」と思っちゃいますね。

SPARK の気になるところ ②  風に弱い

SPARK の機体は 300g とかなり軽量のため風に弱いです。

強風の日に飛ばすと、風で流されて帰ってこれなくなる危険性があります。

天候や気象条件をよくチェックして使用しましょう。

SPARK の気になるところ ③  後方障害物回避センサーがない

SPARK には、障害物を自動で検知するセンサー機能が付いています。

ですが、検知してくれるのは、前方と下方のみ。後方にはセンサーが付いていません

ジェスチャーコントロールを使って、グループセルフィーを撮ったりする場合、SPARKは自動で後ろに下がり撮影を行います。

もし後方に障害物があった場合、ぶつかって墜落する危険性があります。

SPARKを使う場合は、後方確認が必須です。

MAVIC Air の魅力と気になるところ

MAVIC Air の魅力 ①  障害物回避センサー

MAVIC Air の魅力は何か?と尋ねられて、一番最初に思いつくのは障害物回避能力です。

MAVIC Air は、前方・下方・後方に取り付けられた7つのカメラで障害物を検知し、自動で回避することができます。

初めてドローンを操縦するという人も安心して使うことができるのは、MAVIC Air の最大の魅力です。

MAVIC Air の魅力 ②  動画性能

MAVIC Air では4K撮影を行うことができます。これはSPARKと違う大きな点です。

また1秒間に120コマのスローモーション撮影ができるのもすごいところです。

こちらは、実際に MAVIC Air で撮影された4K動画を見ることができます。大画面で見るとやっぱり迫力がありますね。質感が素晴らしいです!

MAVIC Air の魅力 ③  コンパクトさ

MAVIC Air は、アームとプロペラを綺麗におりたたむことができます。

全部折りたたんでしまうと、こんなにもコンパクトに収納することができます。

旅行などに持ち歩きたい方は、SPARKよりも MAVIC Air の方がおすすめです。

MAVIC Air の気になるところ ①  価格が高い

いくらドローンが安くなったとはいえ、MAVIC Air の価格は10万円を超えます。

ただ、私自身1年以上 MAVIC Air を使ってみて、性能面とコスパを考えると十分素晴らしい価格だと感じます。

フライト時の安定感障害物回避能力が凄いので、安心して撮影に集中することができるのが最大のメリットだと思います。

これからドローンを始める初心者には、MAVIC Air の方を強くおすすめします。

詳しくはこちらをご覧ください。↓

レビュー記事

【レビュー】DJI MAVIC Air はこれからドローンを始める人にピッタリの最高機種

SPARK と MAVIC Air 結局どっちがいいの?

ここまで、SPARK と MAVIC Air それぞれの良い点と気になる点を見てきました。

どっちを購入しようか悩んでおられる方は、以下の2点を考えるといいと思います。

  1. 4Kが必要かどうか?
  2. 予算はいくらか?

やはり、SPARK と MAVIC Air の最大の違いは、4K動画が撮影できるか、できないかです。

これから動画を趣味として、あるいは仕事として真剣にハマりたい方は、4K動画のある「MAVIC Air」 を。

遊びで綺麗な動画を撮りたい、高画質まではこだわらないよ。と言う方は、「SPARK」 でいいでしょう。

そもそも4Kで撮影しても、4Kに対応したディスプレイがなければ意味ありませんしね。フルHDでも十分綺麗なので。

あと決め手となるのは、ずばり予算です!

もちろん予算に余裕があるなら、間違いなく「MAVIC Air」がおすすめです。

MAVIC Air までは、ちょっと手が出せないなという方は、「SPARK FLY MORE COMBO」がおすすめです。

このセットなら、バッテリーが3つ付いているので、SPARKの短い飛行時間を十分に補うことができます。

自分がどれほどのことをドローンに求めるかに応じて、買うべき機種が決まってきます。

みなさんもぜひ自分にピッタリのドローンを見つけて楽しい空撮ライフを。

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.