中国のレンタル自転車「摩拜单车/Mobike」(モバイク)|登録方法は?使い方、中国の交通ルールまとめ

中国の広州に来てとても便利なのは、レンタルバイク!!その名も「摩拜单车」(モバイク)!

とても便利な自転車です。広州市内ならどこでも使え、乗り捨て自由。

「摩拜单车」(モバイク)登録方法、使い方をご紹介します。中国の交通ルールも参考に。

ぜひ登録してみてください。おすすめです!

「摩拜单车」(モバイク)とは

「摩拜单车」(モバイク)は中国国内で使える、シェアレンタル自転車です。街中で見かける、オレンジ色の自転車のこと。

中国のどこにでも有るわけではなく、現在は上海、広州、北京など大都市圏を中心に展開しています。特に、バス停や地下鉄の駅の出入り口などに多く設置されています。

誰も使っていなければ自由に使うことができ、設置している都市内であれば、どこでも乗り捨てることができます。

30分/5毛(0.5元)の自転車と、30分/1元の二種類あります。

Mobike Lite(モバイク・ライト)|30分/5毛(0.5元)

こちらが、30分/5毛(0.5元)の、モバイク・ライトです。

こちらは、日本のママチャリに似ています。前方にカゴがついており、ライトの名の通り少しちゃちな作りです。

前方のカゴは、ひったくりなどに注意しながら、使用されることをおすすめします。個人的には、使わないのが一番かも。

Mobike(モバイク)|30分/1元

こちらが、モバイクです。こちらは、スタイリッシュな雰囲気です。

モバイク・ライトの比べて、少し車体が重たいのが特徴です。カゴは付いていません。

乗り心地は、こちらのモバイクがいいですね。

チョイ乗りには、Mobike Lite(モバイク・ライト)。サイクリングにはMobike(モバイク)がいいと思います。

「摩拜单车」(モバイク)の登録方法

モバイク登録に必要な物:

中国の携帯電話(スマホ)パスポート支付宝か微信支付(デポジット支払いとチャージのため)

簡単に流れを説明するとこちら。

  1. アプリをダウンロードする
  2. 携帯番号の登録
  3. デポジットの支払い
  4. 本人確認情報の送信
  5. アプリへチャージ

では早速やってみましょう。

1 アプリをダウンロードする

まずアプリをダウンロードします。

摩拜单车-智能无桩共享单车出行方式
摩拜单车-智能无桩共享单车出行方式
無料
posted with アプリーチ

次に携帯電話番号を登録します。

まず自分の携帯番号を入力します。その後、自分の携帯番号であることを確認するために、簡易パスワードが自分の携帯電話にSMSで送られて来ます。

そのSMSに書かれているパスワードを入力すると、携帯番号の登録が完了します。

3 デポジットの支払い

次はデポジットの支払いです。299元をデポジットとして支払います。これはいつでも返金できます。

支払いのために、支付宝か微信支付を紐付けし、使用する必要があります。

支付宝の登録はこちら。  支付宝(アリペイ)の登録方法

支付宝か微信支付を選択肢、支払いを行ないます。

4 本人確認情報の送信

本人確認情報を、モバイク管理会社に送信します。

私たちの場合はパスポートです。画像の赤枠の部分をタップして、本人確認書類をパスポートに変更してください。

その後、アプリをダウンロードした携帯で写真を撮り、それを指定の場所に添付し送信します。

パスポート情報が記載されたページの写真と、そのページを開き、本人が一緒に写った写真の二枚を送ります。

そうすると、モバイクの管理会社によって審査が行われます。24時間以内に審査が終了し、使えるようになります。

5 アプリへチャージ

上の画面の【我的钱包】から、チャージすることができます。

チャージ画面になると、支付宝か微信支付、どちらからチャージするか選択できます。

使用回数にもよりますが、単価が安いので、10元ほど入れておけば大丈夫でしょう。

「摩拜单车」(モバイク)の使用方法

まず街中で「摩拜单车」(モバイク)を探します。

アプリを開くと、どこに使用できるモバイクがあるか調べることができます。

この画面の、自転車のマークをタップすると、予約を行うこともできます。
*上記の写真ではキャンペーン中だったため、マークがトナカイになっています。

解錠方法

自転車を見つけると、自転車のQRコードを読み取ります。ハンドルと泥除けの部分に、QRコードがあります。

アプリを開き、画面中央下の「扫码开锁」をタップするとカメラが起動し、読み取ることができます。

読み取れると、「ピピッ」と音がなり、自転車のロックが解錠されます。

どうぞ、自由に街中を走ってください。

注意

日本の場合、自転車優先で通行することができますが、中国の場合は大きいものが強い社会です。

つまり、中国の道路は、バス>車>三輪車>バイク>自転車>歩行者となります。

なのでモバイクで走っていると、バスや車からクラクションを鳴らされることが度々あります。バスが幅寄せしてくることも普通です。日本と同じ感覚で乗っていると、マジで命の危険もあります。周りに気を配りながら、乗り回してください。

モバイクに乗ったあなたも、歩行者に対してチリンチリンを鳴らしましょう。逆に鳴らさなければ、誰かを轢くことになってしまいます。轢かないないため、「ここに自分が居る!!」と主張しましょう。

周りに注意しながら、運転するのが一番安全です。

ちなみに、バイクや自転車が、正面から走ってくることも。リアル ◯リオカートを楽しむこともできます。事故しないように注意しながらお楽しみください。

郷に入っては郷に従え!中国の交通ルールに従って楽しみましょう。

施錠の方法

目的地に着くと乗り捨てすることができますが、必ず施錠を行なってください。

仕方は、大変簡単です。日本の自転車と同じく、アナログに施錠するだけです。

施錠後「ピー、ピピピッ」と音がなると施錠完了です。

アプリ画面に終了画面が出るので確認しましょう。走った距離や速度、カロリーも出るので見るのも楽しいです。

施錠ができていない場合

本当に万に一つですが、ちゃんと施錠したはずが施錠完了できていない場合があります。

その場合、もう一度戻って施錠し直すか、乗り捨てた場所を管理会社に送信する必要があります。場所の送信はアプリ上から行なえます。その後、管理会社が調べ施錠が確認できると、使用可能になります。その間は使用できなくなるので、ご注意ください。

わたしはその万に一つを経験しました。乗り捨てた後、電車で移動してしまっていたので確認に行くこともできず、管理会社へ連絡。その後30分ほどで確認され、使用できるようになりました。

そんなことを経験しないために、施錠後「ピー、ピピピッ」との音と、アプリ内で再度確認し、その場を離れることをおすすすめします。

まとめ

さて今回は中国のレンタル自転車、「摩拜单车」(モバイク)のご紹介でした。

くれぐれも、中国の道路事情を考慮にいれて安全に楽しんでください。

それと施錠の確認をお忘れなく。

たまの休日に、モバイクに乗ってサイクリングに行くのもおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイゾー

中国在住フリーランス。30歳を前にして人生初の海外移住決断。積極的だが小心者。天性のおっちょこちょいと言われたことがある。笑顔だけは誰にも負けない自信あり。夢は満天の星空を見ること。