香港旅行にレンタルWiFiは必要?おすすめは?【2020年3月最新】

更新日:

香港のレンタルWiFi料金プラン徹底比較

香港のレンタルWiFi各社プラン比較

香港のレンタルWi-Fiを取り扱っているレンタル会社7社22プランを比較してみました。

これからの春の旅行シーズンに合わせ、各社キャンペーンを行なっており大幅に安くなっています。

 

会社 通信 容量/1日 料金/1日 空港カウンター
受取/返却
返却料金
FAST-Fi 4G/LTE 350MB 510円 ×  

宅:1,250円

 

500MB 680円560円
1GB 1,180円980円
jetfi 4G/LTE 350MB 680円500円 宅:1,375円

空:715円

 

500MB 980円580円
1GB 1,280円980円
無制限 1,580円1,180円
エクスモバイル 4G/LTE 300MB 950円475円 レターパック370円
500MB 1,250円675円
1GB 1,450円775円
Wi-Ho! 4G/LTE 300MB 680円544円 空:無料
500MB 980円686円
1GB 1,180円826円
無制限 1,780円890円
GLOBAL Wi-Fi 4G/LTE 300MB 870円670円 空:無料
600MB 1,170円970円
1GB 1,370円1,170円
無制限 2,170円1,870円
イモトのWi-Fi 4G/LTE 500MB 1,280円640円 空:無料
1GB 1,580円790円
無制限 2,080円1,040円
JAL ABC 4G/LTE 無制限 1,150円1,000円 空:無料

宅:763円+返送実費

※ 各社キャンペーン情報

  • Fast-fi → 大容量がお得キャンペーン(2020年4月1日まで)
  • jetfi → 春休みキャンペーン(2020年4月1日まで)
  • エクスモバイル → 春休みスペシャルキャンペーン(2020年4月1日0時まで)
  • Wi-Ho! → SPRING CAMPAIGN(2020年4月15日正午まで)
  • GLOBAL WiFi → 早割 + 通信料1,000円割引(通信料金合計4,000円以上で適用)
  • イモトのWiFi → イモトの誰でも50%OFF(2020年3月31日16:00まで)
  • JAL ABC → WEB申し込み限定1000円キャンペーン

2020年3月現在、最も料金が安いのは、春休みスペシャルキャンペーンで50%OFFになっている「エクスモバイル 」です。

とにかくコスパを抑えたい方や、長期旅行の方におすすめです。

ただサポート面や受け取りの簡単さを考えると「GLOBAL WiFi」がおすすめです。特に初めてのレンタルWiFiなら安心感が違います。

空港のカウンターで使用方法の説明を受けられるのも安心ですし、24時間LINEで相談できるのも心強いポイントです。

通信量 300MB/600MB/1.1GB 選ぶポイントは?

レンタルWiFi各社のプランを見ると、だいたい1日あたりの通信量として「300MB(小容量)」「600MB(大容量)」「1.1GB(超大容量)」のプランがあります。

一体どれを選べば良いのか?悩みますよね。

ズバリ!

  • お店の情報調べたり、Googleマップ使うくらい。 → 300MB(小容量)
  • インスタで旅の写真アップするのが旅の楽しみ! → 600MB(大容量)
  • 動画配信したり、仕事でバンバン写真を送ったりする。 → 1.1GB(超大容量)

こんな感じでイメージすれば良いでしょう。

どれくらいの容量を使うのか? 参考:「GLOBAL WiFi

300MB(小容量) 600MB(大容量) 1.1GB(超大容量)
Web閲覧 370ページ 750ページ 1,500ページ
メール 120通 250通 500通
LINE 7,500回 15,000回 30,000回
YouTube 10分 20分 45分
Googleマップ 40分 1時間半 3時間
Instagram閲覧 30分 1時間 2時間

Webページの閲覧やLINEなどの利用では、正直300MB(小容量)でも十分。使いきれないくらいの容量です。

ですが、動画と写真は通信量をかなり使います。なので、インスタの投稿などはホテルやカフェなどの無料WiFiでするのがおすすめ。上手に併用しましょう。

あと、Googleマップのストリートビュー(写真表示)は、容量を結構使うので要注意です!(地図表示だけならそこまで容量使いません)

安心保証パックは入った方が良い?

各社1日200円〜500円程度で入ることができる「あんしん保証」

せっかくレンタル料金安いのに、保証代が高い・・。これって入った方が良いの?

海外では、日本以上にスリや盗難の被害に遭いやすくなります。また旅行中、突然のスコールなどで水濡れして故障してしまう危険性も。

安心保証に入っていないと、機器代として4万円以上請求されることも。

様々なリスクを考えると、1日数百円の保険代はケチらずに入っておいた方が良いでしょう。

香港のコンセントの形状・電圧は?

コンセントタイプ → BFタイプ

BFタイプ

香港のコンセントは、差込口が3つある「BFタイプ」です。

なので日本の電化製品(Aタイプ)はそのまま使うことはできません。変換プラグが必要になります。

グローバルWiFiなら、変換プラグが無料で付いているので便利です。

またホテルによっては、USBの差込口が付いているところも。これがあると、そのまま充電できます。

電圧 → 220V

香港の電圧は220Vです。

レンタルWiFiの機器は基本的に240Vまでの電圧に対応しているので、香港でも問題なく使うことができます。

香港現地のレンタルプランはある?

現地でレンタルするメリットとデメリット

メリット

  • 日本で借りるより価格が安い。

デメリット

  • 英語ができないとカウンターでのやりとりが難しい。
  • 保険がついてない。

旅慣れしている人で、少しでも安くしたいな!という方は香港空港でのレンタルがお得です。

現地レンタルなら、おすすめはkkday

おすすめは「kkday」の香港ポケットWiFi。

最低3日からのレンタルプランになりますが、1日あたり374円と格安!

データ量は1日500MBまで使用できます。それを超えても300kbpsの速度制限内で使用可能。

受け取りカウンターも24時間営業しているので、深夜便での到着でもレンタル可能です。

kkdayカウンターの場所

到着階の左奥「A05」カウンターです。税関を抜けてロビーに出て左へ進めばあります。

実際に写真を撮って来ましたので参考になさってください。

香港空港「kkday」レンタルWiFiのカウンター

kkdayという表示がないため分かりにくいのですが「A05」の番号を目印に行くとOKです。

可愛い猫のイラストの「爽Wi-Fi」というカウンターでレンタルすることができます。

コスパの良いレンタルWiFiを探しておられる方はぜひ。

申し込みはこちら → 【kkday 香港4G ポケットWiFi 3日〜

Copyright© たびハック , 2020 All Rights Reserved.