オクトパスカードの使い方|どこで買ったらお得?チャージ方法は?払い戻しはできる?【香港旅行】

更新日:

香港旅行の移動手段としてよく使われるのが、地下鉄メトロ・トラム・フェリー・バスなど。

そのほとんどで利用できる便利なICカード「オクトパスカード」について書いてみたいと思います。

これがあるのと無いのでは、旅行のストレスが全然違います。

オクトパスカードは、もはや香港旅行の必需品です。

  • オクトパスカードはどこで購入できるの?
  • 使い方は?
  • チャージの方法は?
  • 使用できるお店は?
  • 余ったら払い戻しはできるの?

オクトパスカードとは?

オクトパスカードは日本のsuicaやPASMOのような、公共の交通機関で使用できるICカードです。1997年に導入されてから急速にシェアを伸ばし香港市民の数を上回る枚数が発行されています。

ちなみに中国語読みは「八達通」です。

オクトパスカードを使用すると地下鉄や鉄道などの料金が1割引になったりとちょっとお得です。

オクトパスカードは、クレジットカードとは違い、使う分だけをチャージして利用することができます。なので子供から大人まで誰でも簡単に作ることができます。

利用できる交通機関やお店

主な交通機関

Octopus reader on KMB bus.JPG

画像:Wikipedia

  • 地下鉄(MTR)
  • バス
  • スターフェリー
  • ライトレール
  • トラム
  • ケーブルカー

タクシーをのぞくほとんどの主要交通機関で使用することができます。

2階建てのトラムにもオクトパスの読み取り機が付いています。

九龍と香港島を結ぶ市民の足であるフェリー(渡し船)でも利用できます。また香港の夜景を山頂から楽しむことのできるヴィクトリアピークへのケーブルカー(ピークトラム)でも利用できます。

小さな緑色のローカルバスにもオクトパスの読み取り機が。

市内を走るバスは、緑色のバスは全て利用できます。実際僕らの乗った緑色のローカルバスにもオクトパスカードの読み取り機(赤丸部分)が付いており、地元市民が活用していました。

ただし赤色のミニバスは一部をのぞき利用できないので注意が必要です。

お店

  • コンビニ
  • スーパー
  • ファストフード店
  • コーヒーショップ
  • レストラン
  • コインパーキング
  • 自動販売機

オクトパスカードを利用できるお店はとても多いです。

セブンイレブン・サークルKなどのコンビニやイオンなどのスーパー。マクドナルドにスターバックス。そしてレストランでも。

便利さゆえに、地元のほとんどの人が持っているので、利用できるところが多いんでしょうね。

もしレンタカーを借りるのであれば、オクトパスカードでしか払うことのできないコインパーキングもあるようなので持っておいたほうがいいでしょう。

移動手段の支払いでも、お店でも使えるオクトパスカード。わざわざ小銭を準備しなくて良いので旅行者にはとても心強い一枚です。

junjun
小銭のいらないオクトパスカードは、旅行者の強い味方だよ!

どこで買えるの?購入方法は?

オクトパスカードが買える場所

  • 地下鉄(MTR)駅の「客務中心(カスタマーセンター)」
  • ライトレールの「客務中心」
  • ファーストフェリーの「客務中心」

旅行者にとって一番簡単かつ便利なのは、空港のエアポートエクスプレス駅で購入する方法です。入境審査を終えて出てくるとすぐにカスタマーセンターがあります。

こちらがMTRのカスタマーセンター。入境審査から出てきて正面にあります。

隣には、美味しい小籠包のレストランCRYSTALJADEなどが並んでいます。

オクトパスカードの種類

オクトパスカードにはいろいろな種類がありますが、旅行者が使うのは主に2種類。

①  オクトパスカード(スタンダード)

150HK$(100HK$のチャージ分+50HK$のデポジット)

こちらは、一番スタンダードなオクトパスカードです。購入時150HK$支払いますが、そのうち50HK$はデポジットとして取り分けられています。(払い戻しの際に返ってきます。)

なので100HK$分、交通機関やお店などで利用することができます。残高が不足してきたら、チャージして使用します。

こんな人におすすめ!
  • 九龍 ⇄ 香港島 をフェリーで渡り夜景を楽しみたい。
  • トラムにも乗ってみたい!
  • 地下鉄とバスと組み合わせて移動したい。

 

注意点
こちらのスタンダードなオクトパスカードは、クレジットカードでの購入はできません。現金のみです。そのため両替して香港ドルを用意しておきましょう。

※  2018年1月 香港旅行に行った際に再度確認しましたが、やはりクレジットカードは利用できないとのことでした。香港ドルを準備しておきましょう。

両替はLINEPayの外貨両替がお得です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

②  エアポートエクスプレストラベルパス

  • 3日間MTR乗り放題+エアポートエクスプレスの往復チケット付き HK$350(50HK$デポジット)
  • 3日間MTR乗り放題+エアポートエクスプレスの片道チケット付き HK$250(50HK$デポジット)

こちらは、ツーリスト向けに3日間のMTR乗り放題とエアポートエクスプレスの乗車券がセットになったお得なカードです。

通常のオクトパスカードは現金のみの購入ですが、こちらはツーリスト向けにクレジットカードでの購入も可能です。

こんな人におすすめ!
  • 香港内の移動は、ほぼ地下鉄MTRメイン。
  • 空港から市内への移動はエアポートエクスプレスで早く楽に行きたい!

 

注意点
こちらのトラベルパスには、チャージが全く入っていません。MTRとエアポートエクスプレスは乗れますが、他のバスやフェリーなどの公共交通機関、コンビニなどでの支払いに使いたい場合は、別途チャージする必要があります。

 

オクトパスカードの使い方は?

こちらは地下鉄で利用している様子。オクトパスカードを読み取り機にかざすだけでOKです。

地下鉄やバスなど距離によって料金が変わるものは乗る駅と降りる駅で。トラムのように料金の変わらないものは乗る時に読み取り機にタッチします。

読み取り機にタッチすると、画面に残高が表示されるので確認しておきましょう。

足りなくなりそうな時は、チャージしましょう。

チャージの方法は?

①  コンビニやファストフード店で

中国語や英語ができなくても大丈夫です。オクトパスカードとチャージしたい金額の現金を差し出すと店員さんが察してチャージしてくれます。

要領はセブンイレブンの「nanaco」のチャージと同じです。

②  駅の積み増し機で

地下鉄MTRの駅には必ずこのようなチャージ機が置いてあります。

増値機(Add Value Machine)と書いてある機械がチャージ機です。

では実際にチャージしてみましょう。

まずは、差し込み口にオクトパスカードを入れます。

すると画面に、オクトパスカードにいくらお金が入っているのか、残高が表示されます。

右側にお金を入れるところにがあります。この機械は50ドル・100ドル札のみ対応でした。

お金を入れたら、Confirm(完了)ボタンを押します。

これでチャージは完了です。

払い戻しの方法は?

オクトパスカードは使用期限などが設けられていないのでずっと使用することができます。僕らも次また香港に行った時のために払い戻しはせずに持って帰りました。

次香港に来る計画がない場合は、払い戻しをしましょう。

MTR駅の客務中心(カスタマーセンター)で払い戻し手続きを行います。

ちなみに払い戻しは英語で refund(リファンド)と言います。係員さんにオクトパスカードを差し出して「リファンドプリーズ」と言うと払い戻しをしてくれます。

スタンダードなオクトパスカードは、3ヶ月未満の払い戻しの場合手数料として9HK$かかります。トラベルパスの場合は、払い戻し手数料はかかりません。

まとめ

今回は香港旅行にとても便利な「オクトパスカード」をご紹介しました。いかがでしたか?

  • 小銭いらずで煩わしさ解消。
  • わざわざ財布を取り出す必要がないのでスリ対策にも。

良いとこだらけのオクトパスカード(八達通)香港旅行の際はぜひご活用ください。

香港でおすすめのレンタルWi-Fi

香港旅行にレンタルWiFiは必要?おすすめは?【2019年春】

わくわく楽しみな香港旅行。Wi-Fiの準備はもうお済みですか?

今回の旅行、レンタルWi-Fiを持って行ったのですがすごく便利で「持ってきてて良かった!」と思いました。

レンタルWiFiがあると

Googleマップで道案内!
美味しい飲茶レストランの情報をゲット!
インスタスポットでとった写真を即アップ!

僕らのおすすめは グローバルWi-Fi

・料金 ⇨ 636円/1日
・データ ⇨ 250MB/1日
・スピード ⇨ 4G/LTE

1日600円ちょっとで、どこでもいつでも使えるレンタルWi-Fi。コスパ最高です!

香港滞在中、どこでもサクサク繋がりとっても便利でしたよ!

グローバルWiFiお申し込みはこちら

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.