広州のアンダーグラウンドな腕時計市場【穴場スポット】

更新日:

広州は中国の主要三大都市として有名です。

わたしが広州に来て驚いたのは、途方も無い大都市だということ。正直「ここでは全てのモノが買えるのでは?」と感じるほどです。

特に、今回紹介する「この腕時計市場」は、本当にあらゆるものが揃う場所。本場の中国を感じたいなら一見の価値あり!

広州アンダーグラウンドな世界

言葉で説明するより、写真を見てもらった方が早いでしょう。

外観はこんな感じ。

ぱっと見、普通に見えますが、このビル全体が市場になっています。中に入るとこんな感じ。

この雰囲気がずーっと続いてる印象です。

ここには時計や革製品、洋服、靴、ドローンなどありとあらゆるものが置いています。そして中国人だけではなく、仲買人としてやって来た外国人もたくさん見かけます。

マジで異国です。

敢えて客引きに引っかかってみた

到着後、敢えて客引きに合おうと腕時計屋に立ち寄りました。商品を見ていると、店主が「自分用?それとも他人用?」と聞いてきます。

「自分用だけど」と答えると、「だったらこっちに来な」と道向かいの路地の中に連れて行かれます。

階段を登り、いかにも怪しそうなドアに入ると・・・

そこはビル全部が時計屋になった場所!外観に惑わされましたが、圧巻です。

ロレックスといった高級腕時計から、見た目にこだわった個性的な時計まで、ありとあらゆる腕時計が揃っています。値段を聞いてみると、基本的に600元から高いものは2,3000元ものまで。

買うつもりはないので話だけ聞いて帰って来ましたが、中国の裏側を見た気がします。

本物か?ニセモノか?

さてここで疑問が湧きます。

「ここで売っているモノは本物か?あるいはニセモノか?」

ということで、試しに中華ガジェット「シャオミー」のモバイルバッテリーを購入しました。「腕時計ちゃうんかーい!!」とのツッコミが聞こえてきますが話を続けます。

こちらのお店での購入。

店主の女性に「一番安いやつどれ?」と言って、紹介されたのがシャオミーのモバイルバッテリー(10400Am)です。

40元(約680円)と格安。なんとも怪しく感じ「これ本当にシャオミーのモバイルバッテリ?」と聞くと、「そうだよ」とのこと。

「そらそうですよね、偽物とは言いませんよね。」と心の中で呟くわたし。その時のわたしには確認するすべがなかったので、騙されたと思い購入することに。

帰宅して調べてみると、確かにシャオミーのモバイルバッテリーとして正式に売られているものでした。値段も「まぁ妥当」あるいは「少し安いか」と言った感じ。

早速パッケージを開けてみると、本体と説明書、充電用のUSB線がついています。

全く充電されていなかったので、早速充電しようとするとなにやら違和感が。

お気づきだろうか?

このロゴ・・・若干歪んでいる・・?

わたしの気にしすぎなのかもしれませんが、なんとも腑に落ちない結果になりました。まあ全然使えるので良いのですが。

さて、どう思いますか?

「ここに売っているモノはニセモノか?あるいは本物か?」

偽物にはご注意を。最悪、帰国の際に税関で止められます。

広州の穴場スポット「広州駅西路」

では、こちらの穴場スポットの場所を紹介します。

こちらは「广州火车站」の裏側「站西路」と言うところです。正式名称は「南方钟表交易中心」。

行き方は、広州地下鉄2号線か5号線で「广州火车站」に向かいます。到着後「E出口」から出ると、この市場はすぐそこです。

广州火车站は、たいへん広いので道に迷わないようにご注意ください。あとE出口も中国らしい雰囲気があります。

住所:

广东省广州市越秀区三元里站西路65号 邮政编码: 510000

65 Zhanxi Rd, SanYuanLi, Yuexiu Qu, Guangzhou Shi, Guangdong Sheng, 中華人民共和国 510000

中国に1年住んでいるわたしも「中国っぽさ」を感じられるおすすめスポットです。

ちなみに1つのビルがというより、この地区全体が市場になっています。半日は楽しめるスポットですよ。

まとめ

広州で中国を感じられるスポットとして「南方钟表交易中心」オススメです。

特にここは腕時計専門の卸売市場。腕時計好きにはたまりません。

ただし、夜に行くのはおすすめしません。また、写真を撮りまくっているとマジでキレられることもあるのでご注意ください。

ではでは広州観光をお楽しみください!

Copyright© たびハック , 2019 All Rights Reserved.