中国のスーパーマーケットに行ってみたが、買い方が分からず大苦戦!

今回は、はじめてスーパーマーケットに行ってみました。

というのも無性にカレーが食べたくなり、まだ近くにあるカレー屋さんとか知らないし、自分で作ればいいのではと思いスーパーへ。

スーパーで買い物ぐらい、言葉通じなくても大丈夫だろう。場所が分からなくても、足で探せばいいし。
そもそもカレーなので、野菜と肉があれば大丈夫でしょ!

と軽く考えていました。

美味しいカレーへの期待に胸をふくらませ、ルンルン気分でスーパーへ。

しかしわたしの気持ちは、打ち砕かれることになるのです。

中国のスーパーマーケットへ行く

言葉が通じないからといって、家に閉じこもっていては何も始まりません。

美味しいカレーのために行動あるのみです。

こちらが今回わたしがお世話になった、『ウォルマート』。わたしの家から最寄りのスーパーです。

中に入るとやっぱり、普通のスーパーです。

田舎に住んでいたわたしからすると、とても大きな気がしますが、それは想定範囲内。

そこかしこで中国語が飛び交っています。何を言っているのかわかりません。

そしてたまに店員らしき人から話しかけられます。

話ができれば相手もできますが・・・すみません!言葉が分からないので素通りします‼︎

大好きなお菓子やジュースに目もくれず、わたしは肉と野菜売り場へまっしぐら。

肉と野菜売り場へ

そんなわたしが進んで行くと、目の前に果物が見えて来ました。

その向こうに野菜と肉も見えています。

あとは野菜と肉をカゴに入れれば・・・

ミッションコンプリートもすぐそこです!

そこで見えたのがこちら。。。

写真ではわかりにくいですが、何やらおばちゃんが袋に野菜を詰めています。

え、どうするの・・・袋近くにないし・・・

大丈夫大丈夫。落ち着け、俺!良く見るんだ。
値札的なものに、500g 198・・あー500gが約二元てことね。簡単やん。
みんなと同じように袋に入れて、レジに持っていけばいいのかな、OKOK。

ってちょっと待て!
中国のおばちゃんはジャガイモを手に持って500gがわかるのか⁉︎

しかもレジだとバーコードがいるはずだし・・・。

そしてさらにわたしの脳はパニック状態。ふと横を見ると肉も同じ方式だったからです。

ここでわたしの思考は停止しました、、、

少し落ち着いて、観察すれば買えたのかもしれませんが、何もできず、何も買えず、スーパーを後にします。初戦は惨敗です。

まさか中国のスーパーがこんなに手強いとは。

これは情報収集が必要です。

肉と野菜売り場へ 二回戦

HODAKAさんに聞いて、買い方がわかりました。

やはり地元の中国人を観察していれば、分かったはずです。

実は、すぐ近くにこういう場所がありました。

そう!

ここで、測ってもらい、袋にバーコードをつけてもらいます。

流れはこんな感じ。

  1. 袋を取る(各所にロールにされて置かれています)
  2. 野菜or肉を入れる
  3. その袋を、写真のおばちゃんの前の秤に乗せる。
  4. おばちゃんが秤から出てくるバーコードを貼ってくれる。

いざ実践です。

ジャガイモと肉を入れ、秤のおばちゃんの元へ。

不安を押し殺しながら、入れた袋を持って行きます。

持って行くと、何やら中国語を言いながら秤を指さします。一瞬ドキッとしましたが、「秤に置け」と解釈し置くと、

できました!

これをこのままレジへ持って行きます。

これでわたしも中国買い物マスターです!

いざレジへ

これで「買い物」の八割は終わったと、ホッと一安心のわたし。

ですが、最後の難関が待っていました。

レジのおばちゃんとのやり取りです。

どうしても値段は聞き取らなくては支払いができません。

注意して聞いておきます。実は数字の聞き取りは自信があります。

レジは日本と同じようなレジで、ピッピッとレジを通してくれます。

あとは支払いだけと思ったその時、おばちゃんが突然、

「◯§△◇⁂〜!!」

す、数字じゃない・・・いや数字だったのか???!

一瞬でわたしの脳はパニックへ。

何も言えず、おばちゃんの強い目力に圧倒されるわたし。

そうすると、聞こえていないのかと空気を読んだおばちゃんが、さっきと同じ言葉を言いながらレジ袋を指差します。

・・・そうでした!中国のスーパーは、買ったものを入れるレジ袋を無料でもらえません。

中国では、レジ袋を買います。

場所にもよりますが、だいたい5毛。1元の半分です。

正しく理解したわたし。

とっさに「ヨン」(使う)と言い、無事に会話終了です。

と思いきや、息つく暇もなく

「◯§△◇⁂〜!!」

・・・値段を言ってくれました。

いつもなら聞き取れたはずの数字も、パニック冷めやらぬ脳では不可能。

日本ならレジ横の画面を見ればわかりますが、中国は無い!

いや実は有ったのかもしれませんが、その余裕がわたしには無い!

さらにテンパるわたし。しかしここでも、空気を読めるおばちゃんはもう一度言ってくれます。

「36元」

聞き取れました。

それでやっと、会計を済ませ「買い物」を終えることができました。

ようやくミッションコンプリートです。

とても疲れる買い物でしたが、また一歩成長です。

スーパーに居たのは20分ほどですが、とても濃い時間でした。

こうして無事に、わたしは美味しいカレーを食べることができたのでした。

まとめ

中国のスーパー、大変でした。

要領がわかれば、なんてこともないのですが、初めてでしかも言葉が通じないとなると難しいですね。

今回はスーパーの空気の読めるおばちゃんに感謝です。

海外にきて自炊するならスーパーへ行くことは必須。

みなさんも、もし中国のスーパーで量り売りがあれば、よく観察してみてください。答えはすぐ近くにあるかもしれません。

ではでは、これからも頑張ります。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイゾー

中国在住フリーランス。30歳を前にして人生初の海外移住決断。積極的だが小心者。天性のおっちょこちょいと言われたことがある。笑顔だけは誰にも負けない自信あり。夢は満天の星空を見ること。