中国のマクドナルドでWi-Fiにつなぐ方法|ノマドできるか検証してみた

中国のマクドナルドでWi-Fiに繋ぐ方法を検証してみました。

海外フリーランスとして、まずはマックでノマドはできるのか調べてみました。

日本のマックでノマドをしたことはないのですが、海外で初めてのノマドにマックを選んできました。

中国のマクドナルドでWi-Fiに繋ぐ

日本のマクドナルドにはフリーWi-Fiがありますよね。

中国のマクドナルドでもフリーWi-Fiがあります。無料ですが、簡単な登録が必要です。

まず注意点ですが、中国の携帯電話番号が必須です。SMSが使える必要があるからです。

自分の端末でマクドナルドのWi-Fiを選択します。[ MCD-ChinaNet ] というのがマクドナルドのWi-Fiです。

ブラウザでネットをを開くと、こんな画面になります。次に、赤い二つのボタンの 下 をクリックしましょう。

そうするとこの画面に飛びます。

ここで「手机」と書いている入力バーに、自分の携帯電話番号を入れて、すぐ右下の「密码」と書いている赤いボタンをクリック。

 

すると自分の携帯にメールがきます。

こんな感じで4桁の暗唱番号が送られてきます。

そして先ほどの画面に戻り、

4桁の暗証番号を、小さい方の入力バーに入れます。

「登录」をクリックするとログインしてネットが使えるようになります。

ちなみに、暗証番号は60秒で無効になりますが、焦らずに。わたしは焦って一度失敗しました(笑)

その時も、もう一度同じ手順で4桁の暗証番号は手に入れられるので、大丈夫です。

見たいサイトを開くと、はいこの通り!

速度はすごく遅いです。でも、その日や時間帯によります。

以前、午前中に繋げた時は普通に使えたのですが、午後から繋げた時は、YahooのTopページを開くのに10秒かかりました。日が暮れるかと思いました。

何回か試しましたが、この日は全く使い物になりませんでした。

検証結果: ネット回線は、時間帯によっては非常に遅い。

VPNを使用することをお勧めします

フリーWi-Fiのセキュリティーはぜい弱なので、通信内容を誰かに盗み見られる恐れがあります。

VPNは「バーチャル・プライベート・ネットワーク」の略で、通信内容を暗号化して他者に見られにくくします。フリーWi-Fiでも個人情報を外部に漏らさずに、安心してネットを楽しめます。

ですが調べると、本当に多くのVPNがあるんです。無料のから有料のまで様々。

わたしはセキュリティーや安定性を考えて、有料のものを使っています。

それが【セカイVPN】。こちらのサイトを参考にしました。

Check!  中国でGmailを使う方法:2016年版【VPN.com】

有料のものから無料のものまで、とても分かりやすく比べてくれてるので、興味のある方はご覧ください。

中国のマックはやかましくて集中できない

中国は元気で、賑やかな国です。

さらに、中国語を日本人が聞くと、喧嘩しているように聞こえるので、うるさく感じます。

定員とお客さんのやり取りや、お客さん同士の話し声、さらに店内で流れている音楽まで大きく聞こえます。

正直、ノマドには適しません!

それでも集中して作業をするなら、イヤホンは必須アイテムです。

イヤホンをつけて、何か音楽でも聴きながら作業をするのがいいでしょう。わたしは、持って行くのを忘れましたが。

それと中国は相席普通です。混んでくると、同じテーブルに着いてきます。

わたしのときもこんな感じ。

まあ、相席はそこまで抵抗はありません。

早速、彼はバーガーを食べ始めます。そうですよね、マックですもんね。それは全然、構いません。

が、相当お腹が空いていたのか、ガツガツ食べます。

・・・お腹が空いていたのね、と思い作業を続けるわたし。

しかし図を見てお分かりいただけるでしょうか?集中できないんです。

なぜなら、

わたしの斜め前に位置する彼。
作業中のわたしの斜向かいで、バーガーをガツガツ食べる彼。
作業中のわたしの視線の端で、バーガーをガツガツ食べる彼。
集中しているわたしが目の端で捉える、バーガーをがっつく彼。

集中できんわー!!笑

ということで、ネット回線も遅く、集中が切れてしまい、その日は帰ることにしました。

このように中国のマクドナルドでノマドは難しいですね。マクドナルドでノマドをするなら、イヤホンと、座る場所をよく考えてもいいのかもしれません。

中国のマックのいいところ 無人オーダー機

ここからは中国のマックを簡単にご紹介しましょう。

まず驚いたことですが、中国には、無人オーダー機が置かれています。

日本でも2016年の秋に一部の店舗で導入されたようですが、まだまだ一般的ではありませんね。わたしは中国で初めて使いました。

上の写真ではわかりにくいかもしれませんが、写真右の青い画面の機械です。タッチパネル式となっており、画面には写真も載せられているので、言葉が読めなくてもなんとなく分かります。

オーダーを済ませると、支払い方法を選択します。

でもここで注意点。この機械は、電子マネー専用です。

電子マネーの支払い画面を、オーダー機画面下(写真では緑に光っているところ)の読み取り部分にかざすと支払い完了です。

支払いを済ませると、番号が書かれたレシートが発行されます。レシートを持って、そのまま受け取りカウンターへ。

受け取りカウンターに行くと、カウンターの上に画面があり(写真赤丸)、番号が表示されます。

自分の番号が画面右側(画面上の黄色いバーの下)に表示されれば、出来上がりです。受け取りに行きましょう。受け取り方法は、普通にカウンターで注文しても同じです。

個人的に無人オーダー機は非常に気に入りました。なぜなら、人と話さなくていいから!これ最高!緊張せずに、安心して、落ち着いて注文できます!

なぜなら、、、

海外のマクドナルドで注文するのは難易度が高い

マクドナルドはコミュニケーションが取れないと、絶対に食べられないものですよね。

もちろん中国でも例外ではありません。

少なくても、以下のことを尋ねられるからです。

どのバーガーにするか、単品かセットか、飲み物はどうするか、店内で食べるか持ち帰りか、合計がいくらかetc。

こんなことを続けざまに聞かれると考えただけで、わたしの脳はパニックです。

そして逃げの一手。

わたしの口から絞り出される言葉は、一言「咖啡」(コーヒー)。

わたしは中国のマクドナルドで、コーヒー以外頼んだことはありません。いや違いました、頼めませんでした。

そんなわたしが初めてコーヒー以外に挑戦

それがこちら「マントウ」。

このマントウは朝マック限定です。日本では売っていません。買うしかないでしょう!

マントウとコーヒー、二言くらいなら何とかなるはず。

わたしは朝マックへ。かつてこんなに気合を入れて朝マックに行ったことはありません。

もちろん、言語の勉強も兼ねて、有人のカウンターへ。

ここからは定員とわたしのやり取りをお楽しみください。

 

定員:「いらっしゃいませ、今は△◯◆◯がお勧めですよ、何にしますか」 的なことを聞いてくる。

わたし:「マントウ」

定員:「えっ?」

わたし:(あー聞こえなかったのかな、まあうるさいしね。と思いながら)「マントウ」

定員:「えっ?」

わたし:(あ、あれ、これは通じていない・・・)メニューを指差しながら「マントウ」

定員:メニューを見て、「あーマントウね」

わたし:(あー、発音が違ってたー!で、でもコーヒーはいけるはず)「それと、コーヒー」

定員:はい「コーヒーですね。」「持ち帰りですか?店内でお召し上がりですか?」的なことを聞いてくる。

わたし:(あーその単語準備してない・・・えっと、もう一回聞いてみよう。)「えっ?」

定員:「持ち帰りですか?店内でお召し上がりですか?」的なことを言ってくれる。

わたし:(二回聞いても、全くわからないー。とりあえず、ここって言っておこう)「あそこで」

定員:「えっ?」

わたし:(あーテンパって言葉、間違えた!)「こ、ここで」

定員:「あ、ここね。6元です。」

わたし:10元を渡す。

定員:「小さいお金ありませんか?1元でもありませんか?」←これは、あとで考えてわかったことです。

わたし:(え、なになに。そんなのわかりません。とりあえず・・・)「ありません」←適当に言いました、当たってました。

定員:「はい、どうぞ」お釣りを渡してくれる。

わたし:(はー終わったー)

 

そして受け取りカウンターへ。

買えました!!

多くの困難を乗り越え、今ここにマントウを手にするわたし。

早速食べてみます。

うん、結構いけます。砂糖がかかっていない揚げパン、って感じです。かりっともちっとしてて美味しいですね。

みなさんも中国に来た時は、一度食べて見てください。

他には、朝マックで、おかゆも置いていました。さすが中国。今度挑戦してみます。

まとめ

中国のマクドナルド、いかがでしたか?

Wi-Fiに繋ぐのはそれほど難しくはありません。でも、必ず中国の携帯電話が必要です。

あと、言葉を準備して行くと、わたしのようにテンパらなくて済むはず。

これからは、ちゃんと尋ねられることを準備して行くことにします。

中国のマクドナルド、言語初心者には、なかなか高いハードルですが、簡単に飛び越せるようにこれからも頑張ります。

 

 

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です