徳島ラーメンの美味しいおすすめのお店|三八斉田店|メニュー・営業時間・定休日・アクセス情報など

徳島といえば、阿波踊りに鳴門の渦潮、スダチにチャットモンチーといったイメージですが、最近注目されているのが「徳島ラーメン」。「東大」や「岡本中華」、さらには「いのたに」と言った有名店が数多くあり、多くの観光客や有名人が来店しています。今回は、個人的におすすめの徳島ラーメンのお店、「支那そば三八(さんぱ)」をご紹介したいと思います。

「徳島ラーメン」ってどんなラーメン?

「徳島ラーメン」と聞くと、皆さんはどんなイメージをお持ちですか?県外者の僕にとって「徳島ラーメン」は、「茶色の濃いスープにバラ肉が入ってて、生卵が乗ってるやつ」というイメージでした。

それもそのはず、徳島ラーメンが全国的に名を知られるようになったのは、1999年に徳島のラーメン屋さん「いのたに」が新横浜のラーメン博物館に出店したことがきっかけ。

その「いのたに」が茶色のスープ、バラ肉、生卵といったスタイルだったため、「徳島ラーメン」=「茶系スープ+バラ肉+生卵」のイメージとして全国的に定着しています。

ですが、徳島では、茶色のスープだけを徳島ラーメンと呼ぶわけではありません。

「白系・黄系・茶系」と3つの系統があり、それぞれに名店がたくさん存在します。
もともとは、戦後に白系ラーメンのお店が増え始め、のちに黄系→茶系と進化したと言われています。

白系・・・豚骨スープに薄口醤油 「岡本中華」など。小松島周辺に多い。
黄系・・・鶏ガラや野菜スープに薄口醤油 「三八」など。徳島市周辺に多い。
茶系・・・豚骨スープに濃口醤油 「いのたに」「東大」など。県北に多い。

では、じゅんじゅんおすすめのお店、「三八」についてご紹介していきたいと思います。

「三八」ってどんなお店?

三八は、もともとアイスクリーム屋さんとしてスタートした異色の歴史を持つお店です。

冬場にアイスクリームの売り上げが下がるので、ラーメン屋さんを開業したというユニークな歴史があります。

そんな支那そば三八鳴門が開業したのは1970年のこと。40年以上地元の人たちに愛されてきている老舗です。

そんな三八にはもう一つユニークな特徴があります。

それは「斉田店」のみのサービスになるんですが・・。

なんとメニューにお好み焼きがあり、鉄板で焼いた本格的なお好み焼きをラーメンと一緒に食べることができるんです!

一体どっちがメインなのか分かりませんが・・両方ともマジで美味いので、ただただ「幸せ」です。(笑)

それでは実際にメニューを見ていきましょう。

メニュー

ラーメン(¥550)

こちらが「支那そば三八」の定番のラーメンです。こちらは小盛です。

見てください。まさに黄系といった優しい色のスープです。

味はどちらかというと、ややあっさり系。麺は細麺で少し柔らかめな印象です。

この麺実は、完全自家製麺なんです。スープはこだわりぬいて作っているところでも、麺は外注というところが多い中にあって、完全自家製麺というのは気合を感じられますね。

入っているお肉はというと、豚バラ肉ではありません。チャーシューが入っています。

あとは、メンマともやしとネギというシンプルなスタイルです。

ガッツリ系ではないので、ススっと食べれちゃいます。ということで、どうせならお好み焼きも頂いちゃいましょう。

お好み焼き(¥720)

つづいてお好み焼きです。今回は肉玉を注文してみました!

卵をつぶしてマゼマゼ。

各テーブルに鉄板が付いているので、自分で焼くスタイルになります。

老舗ならでは、鉄板も年季が入ってるように見えます。お好み焼きって待ってる間も楽しいですよね。

だいぶこんがり焼けてきました。

ソースとノリをかけて出来上がり!

いざ実食!めちゃくちゃ美味いです。聞くところによると、お好み焼きのタネにラーメンのダシが入ってるんだとか。ものすごくコクが出てて美味しいです。ラーメンが比較的あっさりなので、お好み焼きとセットでペロッといただけちゃいます。皆さんもぜひ、ラーメンと一緒にお好み焼きも召し上がってみてくださいね。

ソフトクリーム(¥250)

もともとアイスクリーム屋さんだったこともあり、ソフトクリームもお店の自信作です。ラーメンやお好み焼きを食べてベタついたお口をサッパリとさせてくれます。

 

ラーメンなのにテイクアウトが出来る!

ラーメンのテイクアウトって聞いたことありますか?出前ならまだしも、テイクアウトのお店ってビックリです。

どうやってテイクアウトするかというと・・。

まずラーメンスープは大きなペットボトルに入れてくれます。そして、具材類は綺麗に袋の中に入れてくれます。生麺も袋に入れてあります。

あとは持ち帰って、家で麺を湯がいて温めたスープに投入し、チャーシューやらシナチクやらもやしやら(全部付いてます)を入れれば出来上がり!

お店の味を自宅で楽しむことができるのです。

ゆっくり家で家族と一緒にテレビでも見ながらラーメン食べたいなぁ〜なんて時は、「支那そば三八」のお持ち帰りセットを活用してみましょう。

店舗情報

住所/〒772-0002 徳島県鳴門市撫養町斉田字岩崎岩崎56−1
TEL 088-685-2333
営業時間
土曜日・日曜日11時00分~19時30分
月・水・木・金曜日11時00分~15時00分 17時00分~19時30分
火曜日定休

アクセス

最寄りのインターは鳴門I.C.です。

注意点

駐車場について

駐車場がお店の隣にあるのですが、ちょっと狭いので混雑時はステップワゴンとかセレナ系のバンでも止めにくいです。運転に自信のない方はご注意ください。

営業時間について

平日はランチ営業と夜の営業の間にお休み時間があるのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、徳島ラーメン黄系の老舗「三八」をご紹介してみました。あっさり系で優しいラーメンとコクのあるお好み焼きのコラボ。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

三八のラーメンはお取り寄せでもいただくことができます。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です