ネパール・ポカラのおすすめリゾートホテル|フルバリ リゾート & スパに行ってみた!

今回はネパールのポカラにあるおすすめホテル。「フルバリリゾート&スパ」をご紹介してみたいと思います。こちらは、5つ星のホテルながら日本では考えられないほど安く宿泊することができます。また宿泊じゃなくても朝食バイキングやレストランのみの利用も可能です。ネパールの喧騒に疲れたら、リゾートガーデンで木陰に座って小鳥のさえずりを聞きながらビュッフェを楽しみませんか?

フルバリリゾート&スパ ”The Fulbari Resort & Spa”

フルバリリゾートはプライベートガーデンを有するネパールにおいて数少ない5つ星ホテルのうちの一つです。ネパールにもこんなに静かで美しいガーデンのあるホテルがあったのかと驚きを隠せません。

こちらのホテルは、食事やカフェのみの利用も可能です。

今回じゅんじゅんは、ポカラの安宿に泊まり友達とバイクをレンタルしてツーリングを楽しんでいました。

朝霧の中のツーリングは幻想的な景色に出会えるのでおすすめです。

ポカラは渓谷になっており、ちょっと郊外へ足を伸ばすと、断崖絶壁の景色を楽しむことができます。

その断崖絶壁の景色を見に行っていたところ、偶然にもこのホテルを発見してしまったんです!

この写真の左上部分に何か建物がある!しかも崖の上にせり出すように何か建物がある!もしかしたら展望台が作ってあるのかも?

望遠レンズを覗いてみると、確かに展望台のようなものがあります!

そんなこんなで、道を探り探り、このスポットへ向かうことにしました。

途中で出会った少女たちが笑顔で「ナマステ」と手を振ってくれました。

しばらく走ると、立派な門構えの建物が・・。まるで会員制のゴルフ場のような佇まいです。

これは入れるのかな?と心配になりますが、門番の警備員さんに、「中に入ってコーヒー飲みたいんだけど・・」と言うと、「Welcome welcome!!」とのこと。

ということで、無事に中に潜入!

しかし、ここはまた立派なところだな〜。僕みたいな人が来る場所じゃ確実にないだろうな〜なんて思いながら、正面玄関に向かってバイクを走らせます。

何ココ!!立派すぎるんだけど!!

正面玄関にはドアマンが常駐していました。バイクの僕らを見て駐車スペースに案内してくれました。

ドアマンにも「泊まりじゃなくて、コーヒー飲みたいんだけど・・いい?」と尋ねます。

すると、「Sure, of course!!」とニコやかな返事。

そしてグランドフロアーのレストランに案内してくれました。

レストランには屋内の席とテラス席が準備されていました。僕らは迷わずテラス席を選択!

見てください!このおしゃれなテラス席!

美しい庭を見ながら、鮮やかな緑の葉が茂った木の下に座りコーヒーをいただけるなんてまさに贅沢です!

ウェイターさんがテーブルへと運んできてくれたメニューを見ると、コーヒー1杯500円!やっぱりここはリゾートホテル。ネパールにしては劇的に高い!!ちなみにその辺のローカルなお店だと、15円でネパールティーが飲めます。ブラックコーヒーなら65円とか。

高いけどしょうがないな〜と思っていたら、ウェイターさんが、「コーヒー飲むんだったら、朝食バイキングにしたほうがお得ですよ!」と親切に教えてくれました。

「朝食バイキング」は700円!バイキングにはコーヒーもお代わり無料で付いてくるとのこと。

それなら、絶対バイキングのほうがいいですよね。

ということで、朝食バイキングにすることに。

バイキングは種類も豊富でいろんな料理を楽しむことができます。またネパールの美味しいフルーツも盛りだくさんです。プチケーキやパンケーキなどのデザートも充実しています。

あと、嬉しかったのは美味しい冷たい牛乳が飲めたこと。ネパールでは加熱せずに牛乳を飲むのは危険なので、いつもネパールチャに入れてしか飲んでいませんでした。しかしここは、外国人のゲストがたくさん利用するリゾートホテルだけあって安心して冷たい牛乳を飲むことができました。はぁ〜幸せ〜!

また外のグリルではシェフがたまごを好みに合わせて焼いてくれます。サニーエッグ・スクランブルエッグ・プレーンオムレツ好きなものを伝えると要望通りに作ってくれます。

バイキング形式なのでお腹いっぱいになるまで、ゆっくり美味しい料理の数々を楽しむことができます。

食べて満足した後は、プライベートガーデンを散策。

ガーデンの中には池などが整備されてあり、木製の素敵な橋なんかもかかっています。

またプライベートプールも整備されています。朝霧の晴れた青空の下泳ぐプールは最高だろうな〜。

お庭はけっこうな広さがあり、よく手入れが施されています。

そうそう僕らはあの崖の上にせり出すように建てられていた建物を探し求めてやってきたのでした!

じゃじゃ〜ん!ありましたよ!

展望台かなと思っていた建物はレストランでした。本当に崖の上に突き出すように作られています。しっかり支えられているようですが、高所恐怖症の人にとってはちょっと怖いかもしれませんね。

残念ながら朝の時間はまだOPENしていませんでしたが、入るのは自由に入れたので、写真を撮らせてもらいました。

下まではかなりの高さです。一体何mあるのでしょうか・・。

崖下の畑ではネパール人の女性たちがせっせと畑仕事をしていました。

どうやら麦かお米かを刈り取っているようです。もちろん農耕の機械などはありませんので全て手作業。重労働でもへこたれないネパールの女性たちは本当にすごいです。昔の日本もこうだったんでしょうね。

こちらの女性は一体何を考えているのでしょうか?

崖の上からネパール人の生活を垣間見させてもらいました。

さてさて綺麗な庭を一通り散策し終え、どうせならホテルの中も散策したいな〜と思い、フロントの人に「泊まらないけど部屋見せて〜」とお願いしてみます。

すると、「もちろん!普通の部屋からスイートまで全部見せてあげる!」って超嬉しそう!すぐに鍵の束を持って来て案内してくれました。

こちらがホテルのエントランス部分。沖縄のシーサーのような銅像が出迎えてくれます。

このホテル、内装もものすごく凝っていて、ネワール建築の細かな彫刻などが施されています。この柱の彫刻も、窓の格子状?の彫刻も目をみはるものがあります。

また、ホテルの中央は吹き抜けになっており噴水広場のようになっています。

ホテルは中庭を囲むように造られており、各フロア一周ぐるっとまわることができます。

これだけ立派なホテルなので、お部屋はどんな感じなのかワクワクします。

お部屋はこんな感じでした。大きなベッドに壁一面の鏡。大きな窓から入る光が気持ちいいお部屋です。

トイレと洗面台。大理石で覆われこちらも鏡張りになっておりものすごく豪華です。照明がまたいい雰囲気を作り出しています。アメニティーも充実していました。

こちらは、お部屋に付いているプライベートジャグジーです。カーテンを開けると目の前には美しい庭園が広がります。なんとも贅沢です。

方角にもよりますがお部屋からは天気のいい日にヒマラヤが見えますよ。予約する際にヒマラヤが見える側を頼んでおくといいと思います。

引用:Fulbari GALLERY

お部屋の料金は?

Deluxe Double or Twin Room $125
Super Deluxe Double or Twin Room $135
Executive Room $165
Junior/Honeymoon Suite $325
Landmark Suite $425

どの料金も1部屋の料金になります。なので2人で利用してこの値段です。日本では考えられないほど安い値段で素敵なホテルに泊まることができます。料金の中には朝食とその他の税金やサービス料が全て含まれています。

ちなみにJunior/Honeymoon Suite と Landmark Suite には、2人でゆっくりつかれるジャグジーが付いています。

各お部屋の写真はこちらで見ることができます。→ACCOMODATION

予約方法は?

現在、Booking.comやAgoda、Expediaなどでの取り扱いはしておりません。予約はFulbariリゾートの公式ホームページから行うことができます。

予約はこちら→ The Fulbari RESORT & SPA

ホテル情報

place:Green Canyon, Pokhara 15 NEPAL
website:fulbari.com
phone:+977 61-432451

まとめ

いかがでしたか?今回はネパールのポカラにある高級リゾートホテルをご紹介しました。日本では絶対に泊まれないような高級5つ星のホテルでもネパールなら比較的安く泊まれちゃいます!

観光で来られる際はぜひ。また長期ネパール滞在されている方は喧騒に疲れたら癒されに The Fulbari RESORT & SPAへ行ってみられませんか?

もちろん泊まらなくても朝食バイキングやレストランの利用のみもO.K.ですので立ち寄ってみられてはいかがですか?

以上 じゅんじゅんの「ポカラの高級リゾートに行ってみた!」でした。ではでは〜。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です