海外移住アジア人気ランキング|インドネシア・バリ島

海外移住アジア人気ランキング|インドネシア・バリ島

WAVE.ASIA特別企画として、「海外移住するならアジア人気ランキング」を発表しました。各国の解説を載せていきます。

生活費★★★☆☆

外国人が住むとしても、ある程度安全なコンドミニアムが月々およそ5万円ほどで借りられます。8万円ほど出せば、プール付き・ジム付きのコンドミニアムを借りられる場合も。

ローカルフードも安く食べらますし、自炊をすると、栄養も良く、費用も安く抑えられます。一方で、日本食レストランやイタリアンレストランなどで食事をすると、1,000円ほど飛んでいくことも。

光熱費・交通費・通信費などは安く抑えることができます。

ビザ★★★★☆

リタイアメントビザ制度があります。55歳以上で、毎月1,500ドル相当の年金受給、または定額収入のある人が条件です。1年毎の更新で最長6年間の滞在が認められています。その後、帰国し、再度リタイアメントビザ申請手続きをすることも可能です。

30日以内の滞在であれば、ビザは免除されています。観光目的以外であれば、到着ビザを入国時に空港で発給してもらいます。

60日以上の滞在であれば、ソセアルビザを取得しなければなりません。延長手続きを繰り返し、最長180日まで滞在可能です。

それ以上はスチューデントビザを取得すれば、1年間の滞在が認められます。

日常生活★★★☆☆

乾季と雨季に分かれており、年間を通じて平均気温が28度と温暖な気候です。雨季は短時間で土砂降りの雨・スコールが降りますが、一日中雨という日はほとんどありません。また雨季でも日本のようにジメジメとしていないので、比較的過ごしやすいと言えるでしょう。しかし、その気候ゆえにダニ・アリ・蚊などの害虫は多く、対策が必要です。

赤道直下の他の国同様、食事はスパイスをふんだんに使ったものが多く、傷まないようにと揚げ物も多くあります。外食の際は、油やスパイスにあたることもあると思いますので、注意しましょう。

まだまだ発展途上国でインフラも整っていません。観光地とはいえ、水道をひねると海水のような水が…といったケースも。ある程度の我慢は必要です。

バリ島の観光エリアを巡回するクラクラバスというのが2014年から運行開始されました。安価で利用でき、非常に便利です。またブルーバードタクシーも走っており、安全安心に移動ができます。

治安★★★☆☆

ひったくりやスリ・置き引きなど軽犯罪は多発しており、注意が必要です。

また2001年2005年にはバリ島でテロ事件発生、その後もテロ計画していた集団が検挙されるなども起きています。本来、バリ島はヒンズー教の島でありますが、過激なイスラム教徒や他の危険因子もいます。

とはいっても、基本的なことを気をつけていれば、安全に楽しんで滞在ができる地域だと思います。

日本人★★★☆☆

日本からの観光客も非常に多いため、日本食レストランも充実しています。日本の調味料などが手に入る日系ストアもあり、生活には困らないでしょう。

メリット

豊かな自然、常夏の気候。リタイアメントビザの延長申請が行いやすいこと。

デメリット

インフラ整備がまだまだなところ。また、生活費に比べて、生活の満足度が低いこともあげられます。

まとめ

リゾート地として人気があり、生活費も日本よりは安い反面、インフラ整備にはやや難があったり、現地食生活が日本人の胃に合わなかったりすることも…若者世代にとってはよい移住先と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
まんくまり

まんくまり

90年生まれ。ゆとり世代ど真ん中。ネパール語講師、ツアーガイド。ネパールという国と雄大なヒマラヤと純粋なネパール人を愛しすぎて、この国に骨を埋めたいとまで思う。チャコール絵画が趣味。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

コメント0

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)