台湾旅行におすすめ中華電信のSIMカードが成田・羽田・関西・福岡空港で買えます!

2017年12月4日より、台湾No.1シェアの中華電信のプリペイドSIMカードが関西・福岡の両空港で購入可能となります。成田・羽田ではすでに先行販売されており、多くの旅行者が利用しています。

かなりお得で使いやすいSIMなのでおすすめです。

購入方法・料金・注意点などまとめてみました。

中華電信のプリペイドSIM

4Gデイ型プリペイドカード5デイタイプ
  • 4Gでの高速通信。
  • 1日分の無料通信付きなので、実質6日間、データ通信量無制限でインターネット利用可能。
  • 50元分の無料通話付き。
  • 台湾国内の中華電信の50,000カ所のWiFiスポットに無料でアクセス可能。

 

中華電信は台湾国内最大手の通信会社で、サービスエリアも台湾国内最大なので安心して使えます。

SIMフリー端末さえあれば、簡単に使用することができます。

料金とチャージ方法

料金:1400円(不課税)

6日間データ無制限で利用できて1,400円。1日あたり233円。

台湾国内の空港窓口で購入した場合、300台湾ドル。日本円に換算して1,111円。1日あたり222円。(2017/11/28のレートで計算)

日本の空港で購入するのと、台湾の空港で購入するの、そこまで値段が変わりません。

これなら日本の空港で購入していくのも楽でいいかもしれません。

リチャージする場合は、台湾国内のコンビニにてリチャージカードを購入することができます。

購入方法と注意点

各空港のテレコムスクエアの窓口で購入することができます。

成田国際空港

  • 第1ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第1」 (営業時間7:30-21:00)
  • 第2ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第2」 (営業時間7:00-21:00)
  • 成田空港 第3ターミナル 本館2階 「モバイルセンター成田第3」 (営業時間6:00-21:00)

羽田国際空港

  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル 3階 出発ロビー 「モバイルセンター羽田空港」 (営業時間6:30-23:00)

関西国際空港

  • 関西空港 国際線ターミナルビル 1階 「モバイルセンター関西空港中央」 (営業時間7:00-21:00)

福岡国際空港

  • 福岡空港 国際線ターミナルビル 1階 「テレコムスクエア福岡空港」 (営業時間8:00-21:30)

 

購入には、パスポートと、もう一つ身分証明書が必要になります。(運転免許証や搭乗券)

なお20歳未満は購入できないのでご注意ください。

購入できる枚数は一人につき1枚のみです。

まとめ

こんな人におすすめ
  • 台湾に到着する時間が深夜時間帯で現地でのSIM購入が難しい方。
  • 日本語でSIMを購入しておきたい方。
  • 急な出張でSIMの準備が間に合わなかった方。

 

台湾旅行までまだ時間があるという方は、Amazonで購入できる FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限 の方が安くてお得です。詳しくは以下の記事にまとめています。あわせてご覧ください。

TOP画像:中華電信

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です