ドイツ旅行におすすめのレンタルWiFiは?【2020年3月最新】

更新日:

「オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」など、旅行先としても人気の国ドイツ。

日本からの直行便も増え、春の旅行シーズン、海外旅行先として候補に入れておられる方も多いことでしょう。

今回はそんなドイツの最新ネット事情と、レンタルWiFiについて書いてみます。

そもそもドイツ旅行にレンタルWiFiは必要なの?

実際に、1週間かけて夫婦で「ミュンヘン市内・ノイシュバンシュタイン城・ローゼンハイム」など巡ってきました。

そこでリサーチしてきたドイツのリアルな「最新Wi-Fi事情」をお届けします。

  • ドイツのWiFi事情は?
  • 無料WiFiだけで旅行できる?
  • おすすめのレンタルWiFiは?
  • 田舎でも繋がる?

レンタルWiFiは必要?ドイツの最新WiFi事情

ドイツ各地を回ってみて感じたのは、「無料WiFi」が日本以上に充実しているなということ。

空港はもちろん、市内のメトロ停留所や、カフェなどいろんな場所で、無料WiFiを使うことができます。

ドイツの空港

ミュンヘン空港の無料WiFiは誰でも使える

今回利用したミュンヘン空港、そして以前に利用したフランクフルト空港、どちらも無料WiFiの利用が可能です。

【エアポートWiFi】を選択し、メールアドレスを入力するとネットに繋がります。

エアポートシャトル

ミュンヘン空港から市内へ向かうバス「エアポートエクスプレス」

また空港からミュンヘン市内へ向かう「エアポートシャトル」にも無料WiFiがあり、車内でネットに繋ぐことができます。

こちらは、メールアドレスの登録やパスワードなどは必要ありませんでした。

トラム乗り場や地下鉄駅

ミュンヘン市内はメトロ乗り場でも無料WiFiが使える!

市内各所にあるトラム乗り場周辺でも、無料WiFiを使うことができます。

急にネットが必要になったら、トラム乗り場おすすめです。

カフェ

観光客に大人気のおしゃれカフェ「Cotidiano」

外国人に人気のカフェでは、必ずと言っていいほど「フリーWiFi」が設置されていました。

カフェのWiFiは、パスワードも登録もなしで使えるパターンと、店員さんからパスワードを教えてもらって繋ぐパターンとありました。

テイクアウトもできるカフェでは、レシートにパスワードが書かれている場合もあるので捨てないようにご注意ください。

ホテル

ドイツのホテルは概ね無料WiFiが完備されており快適です。

ただ今回ミュンヘンで宿泊したホテルはネットの速度が遅かったです。ロビーやレストランなどの共用スペースでは、繋がったのですが・・。

端の方の部屋だったからかな・・。

👇ドイツNo.1おすすめレンタルWiFiお申し込みはこちらから

グローバルWiFiで価格を見る

無料WiFiだけでの旅行は可能?

ミュンヘンで一番人気のカフェ「ルイトポルト」も無料WiFiが使える。

ドイツの都市部は、WiFi環境が充実しているので、旅慣れしている人であれば、レンタルWiFiなしでの旅行も可能です。

ただ、「海外旅行初心者やドイツに初めて行く方は、レンタルWiFiを持っておいたほうが安心」です。

その理由は・・

理由❶  移動時に困る

無料Wi-Fiだけでの旅行で一番困るのは、やはり移動時にネットが使えないことです。

都市間の長距離バスや列車などは、無料WiFiが付いているものが多いのですが、都市部の移動にはレンタルWiFiが必須です。

今回の旅行では、GoogleMapのナビが非常に役立ちました。

都市部の地下鉄・トラム・バスの複雑な乗り換えも、最適なルートで案内してくれます。

時刻も全て表示されるので、いちいち駅で時刻表を確認する必要もなく非常に楽でした。

また自分の現在位置がリアルタイムで表示されるので、「あと何駅でおりたらいいの?」とドキドキしなくて済みます。

ドイツでの移動は、GoogleMapがおすすめです!

理由❷  ドイツ語が難しい

郊外鉄道(Sバーン)の案内表示はドイツ語のみ。

もう一つの理由は、言語が通じないということ。

フランクフルトでは、ほとんどの人が英語を話しますが、南部のバイエルン地方では英語を話さない人も多いです。

また、スーパーマーケットなどで買い物する時や、レストランのメニューなどもドイツ語のみの場合も・・。

そんな時に役立ったのが、スマホの翻訳機能です。

これはレストランのメニューを翻訳しているところ。

「Google翻訳」を使うと、このようにスマホのカメラで読み取った文字を日本語に訳してくれます。

ある程度、料理の材料や味をイメージできるので非常に助かります。

※ ネットに繋がっていないと使えません。

理由❸  セキュリティーが心配

3つ目の理由は、安全上の問題です。これはドイツに限ったことではないのですが・・

無料WiFiは、不特定多数の人が利用しているのでセキュリティー上安全ではありません。

中には個人情報を盗んで悪用しようとする悪い人たちもいます。

実際、海外滞在中に、無料WiFiでクレジットカードの番号を入力してしまった人が、不正使用され高額請求されたという事例も・・。

無料WiFiを利用する際は「どこで誰が見てるか分からない!」ということを忘れずに、絶対に個人情報(SNSのパスワードを含む)を入力することがないようにしましょう。

私もドイツ旅行中、鉄道のオンライン予約のために、クレジットカード情報を入力する必要がありました。

その際、自分専用のレンタルWiFiを持って行っていたので安心して決済することができました。

✍️結論 ⏩ 自分専用のWiFiがあると安心!

おすすめは日本からレンタルWiFiを持っていく方法です。

「ドイツでSIMを買った方が安いよ!」と言った記事があふれていますが、それは旅慣れた人向け。

海外旅行初心者なら、日本でレンタルWiFiを借りて行くのが一番ラクで安心です。

今回のドイツ旅行、私たちは「グローバルWiFi」をレンタルして持って行きました。

ドイツ旅行におすすめのレンタルWiFiは「グローバルWiFi!」その理由は?

①  空港で借りれる

福岡空港のグローバルWiFiカウンター。

グローバルWiFiは、国内主要空港にカウンターがあるので、出発当日にWiFiを受け取ってそのまま飛び立つことができます。

日付・時間を指定して、自宅に送ってもらって・・といった面倒なことはありません。

また、使い方など分からないことがあれば、カウンターで丁寧に教えてもらえるので安心です。

【取り扱い空港】羽田・成田・関西・中部・福岡・札幌・沖縄など、国内18空港。

カウンターのある空港を探す ⏩  グローバルWiFi(公式)

②  設定簡単!

設定とか難しそう・・って不安な方もおられると思いますが、とっても簡単なのでご安心を。

グローバルWiFiはレンタルした時点で、すでに、ドイツの電波を自動でつかむように設定がされています。

なので、私たちがすべきことは2つだけ。

step
1
電源ボタンを長押しして電源を入れる。

step
2
画面に表示されているパスワードをスマホに入力する。

これで準備完了!たったの2ステップで繋がります。

※ ドイツに到着して電源を入れてから実際に繋がるまで2分くらいかかりました。すぐ繋がらなくても故障ではないので少し待ってみましょう。

③  サクサク繋がる

今回、1週間かけて都会から田舎まで、また国境の町まで行きましたが快適につながりました。

ミュンヘンの大人気スポット「マリエン広場」。

この辺りは見所が多いので、GoogleMapで観光スポットを確認しながら回りました。

ミュンヘンから、電車で2時間ほどの位置にある街フュッセン。

ノイシュバンシュタイン城への入り口として有名な町でも問題なく繋がりました。

乗り換えの仕方など不安だったので、ネットで調べれたのは助かりました。

ノイシュバンシュタイン城へ向かう鉄道の車窓。

ただノイシュバンシュタイン城へ行く途中の電車の中では、繋がりが悪い場所もありました。

ですが、現地の携帯電話会社の電波も繋がらなかったので、レンタルWiFiのせいではなく、純粋に田舎だったからだと思います。

ノイシュバンシュタイン城に到着し、お城の前ではバッチリ繋がりました。

見学ツアーまでの時間インスタに写真をアップしたりできますね。

チェコとの国境近くの ヴァイトハウスや、レーゲンスブルグでもしっかり繋がりました。

ドイツ国内全てを調査できた訳ではありませんが、かなり郊外の田舎でも繋がったので、観光客が行くような場所であればほとんど問題なく使えると思います。

👇サクサク繋がるWiFi

グローバルWiFiで価格を見る

④  LINEでサポートを受けれる

たくさんあるレンタルWiFiの会社の中で、「グローバルWiFi」をおすすめする理由。

それは、サポート体制が一番充実しているから。

  • ネットが繋がらなくなった・・。
  • 機器をなくした。スられてしまった。
  • 飛行機の遅延で、帰国日が延びてしまった。

そんなとき、LINEで24時間相談することができるんです。

国際電話かけるのって、すごく面倒じゃないですか。そもそもどうやって掛けていいか分からなかったり・・。

LINEだと、チャットですぐに相談できるのでとても安心感があります。

⑤  価格が安い

✅  料金:1,170円970円/1日  ※早割適用
✅  容量:300MB/1日

「グローバルWiFi」の料金は、1日970円から。

1日たったの1000円程度

この値段で “安心感” を抱いて旅行ができるなら、借りない手はありませんよね。

しかも、【通信料4,000円以上で1,000円引き】になるキャンペーンも実施中です。

\当ページ限定割引を使う/

グローバルWiFiお申し込みはこちら

ドイツのレンタルWiFi、容量はどれくらい必要?

レンタルWiFiを借りるとき、どれくらいの容量のプランで行けばいいか悩みますよね。

こちらは私たち夫婦がドイツ旅行で実際に使った容量。

<利用実績>
2019年12月3日 215.43MB
2019年12月4日 300.61MB
2019年12月5日 70.36MB
2019年12月6日 255.78MB
2019年12月7日 322.45MB
2019年12月8日 327.85MB
2019年12月9日 205.19MB

正直、一人で使うなら1日300MBあれば十分!

GoogleMapで道案内したり、お店を検索したり、ちょこっとインスタ見たりするくらいなら全然余裕です。

私たちは夫婦2人で使っているので、300MBを超えた日もありますが・・。

ちなみに、300MBを超えても低速にはなりますが使えるのでご安心を。(速度制限は、日本時間の0時とともに解除されます。)

✍️結論 ⏩ 普通の旅行者なら300MB(普通)プランで十分!

ただインスタに写真アップしたり、テレビ電話などする場合は注意が必要。

リアルタイムでインスタ更新していきたいSNS系女子の場合は、600MB(大容量)プランか1.1GB(超大容量プラン)がおすすめです。

ココがポイント

  • インスタグラムやYoutubeは容量を食う。
  • 無料スポットと上手に併用しよう!

まとめ

初めてのドイツ旅行なら、日本からレンタルWiFiを持っていくと安心です!

無料WiFiスポットが多いドイツですが、自分専用のWiFiがあるとセキュリティの面でも安全です。

また何と言っても、グーグルマップのナビが使えるので道案内で大活躍!迷子にならずに済みます。

皆さんもぜひ、レンタルWiFi持って楽しい旅を!

👇ドイツNo.1おすすめレンタルWiFiお申し込みはこちらから

グローバルWiFiで価格を見てみる

さらに詳しい情報をお知りになりたい方は次のページをご覧ください。

次のページへ >

© 2020 たびハック