カトマンズで銃撃事件、タライ地方で外国人誘拐【大使館転載】

ネパール大使館からの注意喚起情報によると、カトマンズで襲撃犯による銃撃事件が起き死者が出ています。また、タライ地方(インドとの国境近く)では、外国人誘拐事件も発生しています。

旅行者や滞在者の方は十分お気をつけください。

ネパール大使館の注意喚起(安全情報17-29)

10月24日

銃器使用事件の発生及び外国人誘拐事件発生に伴う注意喚起

ネパール在留邦人の皆様及び旅行者の皆様へ

ネパール日本国大使館

(内容)
1.10月9日から22日にかけて、以下の事件が発生しました。
(1)10月9日午後3時頃、カトマンズ盆地内で、車両に乗車中のネパール人が4人組の賊に襲われ、その内1名が拳銃で同人に発砲、被害者が死亡した事案が発生した。
(2)10月22日午前3時頃、タメル近郊にて若い男女がモーターバイクに乗車中、4人組の賊に襲われ、その内1名が拳銃を発砲、男性の足に当たり負傷した。
(3)10月19日には、インド国境(タライ東部)のサプタリ郡にて、インド人貿易商が誘拐され、身代金を要求された後、2日後の21日に解放された。
2 これら事件は、直接日本人をターゲットにするものではありませんでしたが、同種の事件に巻き込まれることのないよう、訪問先の土地柄や情勢の情報を収集し、慎重に行動してください。

※ この情報は,お知り合いや旅行者等にもお知らせください。
※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使館へ在留届を提出するようおすすめ願います。
※ 近く帰国・離任を予定されている方,または既に帰国されている方は速やかに大使館までご連絡下さい。
※ このメールの配信を希望されない方は,大使館までご連絡下さい。

大使館代表電話 4426680
※ 閉館時(休館日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。

まとめ

  • 10月にカトマンズ盆地内で銃器使用事件が2件発生
  • タライ東部サプタリ郡にて外国人誘拐事案発生

バンダと呼ばれる政治的ストライキやデモなどはあっても、殺人事件などの重犯罪は少なく、他の発展途上国と比べて比較的治安の良いと言われていたネパールですが、最近治安がどんどん悪くなっている気がします。

バイクによるひったくりや、若者グループによる因縁をつけての金銭の巻き上げ行為なども起きています。

外出する際は、いつも細心の注意を怠らないようにしましょう。またもし何か起きた時のために、外務省の「たびレジ」への登録や、ネパール大使館への在留届の提出などをお忘れなく。

ネパールの治安情報と対策についてはこちらに詳しくまとめています。あわせてお読みください。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。 さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です