ハウステンボスバラ祭り2017|見頃はいつ?期間は?開花状況は?入場料・割引チケットなどの情報まとめ

テレビCMも放映されており、年々人気を集めている「ハウステンボスのバラ祭り」。見頃はいつ?期間はいつからいつまで?入園料・割引チケットは?営業時間・駐車場・アクセス方法は?気になる疑問にずばりお答えします。実際に去年・一昨年と行って撮ってきた綺麗なバラの写真とともにご覧ください。

「ハウステンボスバラ祭り2017」

まずは、こちらの動画をご覧ください。

見ているだけでウキウキしてきませんか?光に照らされてキラキラ輝く満開のバラの花々。今年もこの季節が待ちきれません。

こちらは、バラ祭りを空撮している動画です。空から見るハウステンボス、カラフルなバラが咲き誇り本当に美しい庭園になっていますね。

そんな、ハウステンボスのバラ祭り。

年々グレードアップしており、気づけば今年2017年は120万本のバラが咲き誇ります。「100万本のバラ祭り」というキャッチフレーズはもう過去のようですね。

咲き乱れるバラの種類も豊富です。その数なんと2000種類。もちろんこのスケールは日本一!さらにはアジアの中でも最大級のフェスティバルとなっています。

ハウステンボスのバラ祭りの特徴は、ハウステンボス園内全ての場所でバラが咲き乱れるというところです。園内のいたるところでバラーの上品な香りが漂います。さらにライトアップもされるので、朝から夜まで一日中楽しむことができます。

それでは、バラ祭りがどんな感じなのか去年・一昨年のバラ祭りの写真で見ていきましょう。

まずは、入国口を抜けて白い観覧車を目指します。白い観覧車からドムトールンにかけてのグランドローズガーデンに、たくさんのバラが植えられています。

白い観覧車をバックに鮮やかなピンクのバラが咲いています。

グランドーズガーデンはどこを見ても「バラ!バラ!バラ!」120万本のバラ祭りという謳い文句に偽り無しです。

こちらは、「バラの回廊(コリドー)」。一周ぐるっと歩いてまわることができます。

まさにバラに囲まれての散歩。ヨーロッパの貴族になったかのような気分を味わえます。

回廊を出て、ドムトールンの方はこんな感じです。ワイングラス型のオブジェ(ナイトタイムはイルミネーションが施されます。)とフラワースタンド型のバラを楽しむことができます。

真ん中には小さな水路があり、水路に写るバラもとても綺麗です。

変わってこちらは、カナルクルーザーの通る川。川の両側にはこれでもかとバラが植えられ壁一面バラが覆いつくしています。カナルクルーザーに乗って美しいバラを眺めるのもおすすめです!

どこを切り取っても絵になります。後ろに写るのは、「バラの絨毯」。一面に咲き誇るバラはまさに圧巻です。

晴れた日は青空と濃いピンクのバラのコントラストが非常に美しく感動を覚えます。

2000種類のバラということで、本当にいろんな種類のバラを楽しむことができます。この紫のバラも初めて見ました。「この花もバラなんだ!」と気づかされるお花がたくさんです。

こちらは、少し外れの方にある、パレスハウステンボスのローズガーデンです。

木々の緑の中に、美しいバラの庭が作られています。

こちらはちょっとシックなバラがたくさん植えられている印象でした。こちらのパレスハウステンボス、グランドローズガーデンに比べて、ゆっくりした時間が流れているように感じる素敵な場所でした。吹き抜けていく風が気持ち良く、しばらく座って楽しみたい場所です。

パレスハウステンボスのガーデンは、別途入場料600円がかかりますのでご注意ください。ちなみにパスポートをお持ちの場合は400円です。

夜にはハウステンボス園内でライトアップされたバラを楽しむことができます。

今年2017年はこれに加え、「光るバラのガーデン」というものが加わっています。約10000本の色とりどりに輝くバラが音楽に合わせて光のショーを奏でるというものです。

さらにパワーアップしている「ハウステンボスバラ祭り2017」楽しみですね。

開催期間と営業時間

バラ祭りの開催期間は5/13(土)〜6/5(月)です。

ハウステンボスの営業時間は基本9:00-21:00までとなっています。花火大会などのイベントの日は園内にとどまれる時間が遅くまで設定してあります。

見頃と開花状況

今年は桜の開花も例年に比べてかなり遅かったのでバラの開花もずれ込む可能性がありますね。こればかりは気候によって変動するので仕方ありません。

例年の場合見頃は5月の後半です。ちなみにこのページの載せている写真は5/20〜5/22の間に撮影したものです。もう終わりかけのバラもありました。逆にこれから咲いていくバラもありました。2000種類のバラを植えているので、一斉に全てが咲き誇る訳ではありません。期間中であればいつでも咲いているバラを楽しめると思います。

開花状況は例年ならホームページで確認することができます。また電話での問い合わせも可能です。お出かけ前に開花状況をチェックしてみてくださいね。

ハウステンボス総合案内 TEL 0570-064-110

入場料と割引チケットについて

入場料は以下の通りです。

種類 大人 中人 小人 シニア
1DAYパスポート

入場+パスポート

6,900円 5,900円 4,500円 6,400円
散策チケット

入場のみ

4,400円 3,400円 2,100円 4,400円
光の王国アフター4パスポート
16:00以降入場
約50のアトラクション施設利用+光の宮殿入館
5,300円 4,500円 3,600円 4,800円
光の王国アフター5パスポート入場
17:00以降入場約50のアトラクション施設利用+光の宮殿入館
4,800円 4,000円 3,100円 4,300 円
光のナイト散策チケット
17:00以降入場
入場のみ
 4,000円  3,000円  2,000円  3,900円

 

※大人(18歳以上)・中人(中学・高校生)・小人(4歳~小学生)・シニア(65歳以上)
※料金表は2017年4月7日現在

チケットを購入する際に知っておきたいこと!

ハウステンボス内の施設やアトラクションは、入場チケット料金とは別に料金がかかるところがあります。

追加料金のかかる主な施設

散策チケット パスポート
カナルクルーザー(昼) 600円 無料
カナルクルーザー(夜) 800円 400円
パレスハウステンボス 600円 400円
白い観覧車 700円 600円
The MAZE 300円 無料

例えば、運河をクルーザーに乗って景色を楽しむ大人気のアトラクション「カナルクルーザー」。

こちらは、お昼の場合は600円の料金がかかりますが、パスポートを持っている場合無料です。ただ、夜のクルーズとなると、通常料金が800円にアップします。パスポートを持っている場合は、800円→400円と半額になります。

そして、バラ祭りに一番関わってくるところ。「パレスハウステンボス」も別料金がかかる施設になります。こちらは、パスポートの提示で600円→400円に割引されます。

ということで、いろんな施設やアトラクションを楽しみたいという方は、散策チケットではなく、1DAYパスポートの方がお得かもしれません。

1DAYパスポートと散策チケットの差額は2500円。2500円分のアトラクションを使うかどうかで、どちらのチケットで入場した方がいいか決めると良いと思います。

割引チケット

ハウステンボスの割引チケットについてですが、残念ながらコンビニの前売り券などの割引はありません。

JAF会員の場合200円OFFという特典があります。

あとは、ハウステンボスエポスカードを持っている場合割引を受けることができます。エポスカードの提示で入場料が7%OFFになります。さらに園内のレストランやお土産コーナーのご利用も7%OFFとお得になります。※対象となる店舗が決まっていますのでご確認ください。

定期的に訪れる方はハウステンボスエポスカードに入会するとお得かもしれません。

 

駐車場とアクセス情報

入場料金と別に駐車料金もかかります。

場所 駐車料金
第1駐車場 800円/1日
ウエストゲート駐車場 1000円/1日
ハーバー駐車場  100円/45分

年末年始のカウントダウンや花火大会などのイベント開催時は特別料金で値上げになります!

短時間の駐車の場合は、ハーバー駐車場の方がお得かもしれません。ただしウエストゲート駐車場とハーバー駐車場は、イベント開催時など通行規制がかかり利用できない場合がありますのでご注意ください。

それぞれの駐車場の詳しい場所についてはこちらをご覧ください。
ハウステンボスご来場ガイド

アクセス方法

お車でお越しの場合

長崎市内方面からの場合 

国道206号線の大串インターから「小迎バイバス」(無料)にのります。
小迎バイバスをそのまま直進すると「西海パールライン」にのることができます。(普通車200円・軽自動車150円)
西海パールラインの「江上インター」で降りるまっすぐ走るとハウステンボスに着きます。

県外からの場合

西九州自動車道の「佐世保大塔インター」で降り、国道205号線「針尾バイパス」にのります。
しばらく直進すると、「ハウステンボス入り口」という交差点が出てきます。そこを右折して橋を渡ります。
橋を渡り終えると左折、すぐに駐車場入り口があります。

電車でお越しの場合

最寄駅は「ハウステンボス駅」です。福岡の博多駅からは「特急ハウステンボス号」が出ており、2時間弱で着きます。2枚切符の購入で料金は5,040円です。ちなみにハウステンボス駅からハウステンボスまでは歩いて10分ほどで行けます。

飛行機でお越しの場合

飛行機でお越しの場合は、長崎空港からハウステンボスまでバスと高速船が出ています。どちらも所要時間は50分ほどです。バスは料金が1,250円で一日12往復。船は料金が1,960円と少しお高めですが、往復割引を使うと1,460円と少しお安くなります。こちらは一日5往復運行しています。

高速バスの料金・時刻表はこちら→西肥バス
高速船の料金・時刻表はこちら→安田産業汽船

長崎空港の中には、ハウステンボスの特設カウンター(ブース)が出ており、お姉さんが案内してくれます。飛行機の到着時間によっても、どの行き方がいいのか変わってきますので相談してみるといいと思います。

注意点

イベント期間中の土日やGWなどの休日は大変混み合います。周辺ではかなりの渋滞が発生します。特に花火大会と重なると大変です。5000台収容の専用駐車場が満車になります!出庫待ち渋滞で駐車場から出るだけで2時間近くかかる場合があります。十分余裕を持ってプランを立てられることをおすすめいたします。

まとめ

いかがでしたか?今回は「ハウステンボスバラ祭り」に関する情報をまとめてみました。日本一・アジア最大級の120万本のバラ祭りを見にぜひ長崎ハウステンボスへ。

チケットは、中のアトラクションや施設をどれほど楽しみたいかで選んでくださいね。

バラ祭りのお土産にバラを買って帰ることができますので、ぜひ園内のフラワーショップを覗いてみてくださいね。

スポンサーリンク

海外旅行がこのサイト1つで完結!
たびハック・トラベル

「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です